このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
有孔ボードをキッチンで活用する方法は?注意したいポイントも紹介

有孔ボードをキッチンで活用する方法は?注意したいポイントも紹介

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

2021年2月21日

キッチンは、とにかく物があふれて収納に困る方も多いだろう。賃貸では備え付けの収納だけでは、とても間に合わないと感じているのではないだろうか。そのようなときに、ぜひ活用してもらいたいのが有孔ボードだ。簡単に取り付けられて、収納するアイテムに合わせてフックや棚板などが選べる。キッチンで活用する有孔ボードにスポットを当てて紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチンでの有孔ボードの取り付け方

キッチンの収納を格段にアップさせることができるのが有孔ボードだ。キッチンに有孔ボードを取り付ける方法はいくつかある。くぎやネジを直接壁に打ち付けられる場合は簡単だ。しかし、賃貸などに住んでいてむやみに壁を傷つけられない場合、2つの方法をおすすめする。

ディアウォールを使って有孔ボードを取り付ける

ディアウォールとは、2×4の木材を突っ張り棒の要領で固定できるアイテムだ。壁にくぎなどを打ち付けなくても有孔ボードをしっかりと固定できるので、賃貸だけでなく壁面がタイルでできているキッチンにもおすすめの取り付け方法だ。

ホームセンターなどで、2×4木材を取り付ける高さに合わせて切ってもらう手間はかかるものの、一度取り付けてしまえば、かなりの耐荷重が担保できる。お玉やキッチンバサミだけでなく鍋もつるせるので、キッチンの収納能力も格段にアップする。

突っ張り棒を使って有孔ボードを取り付ける

突っ張り棒を使うのは、ディアウォールと同じ理屈だ。有孔ボードの大きさによっては、強度を高めるためには、左右に2本だけでなく、途中にも突っ張り棒を加えた方がいい。突っ張り棒を選ぶときも、耐荷重をチェックしておこう。必要な場所に突っ張り棒をセットすれば、あとは有孔ボードを結束バンドでつなげていけば完成だ。

2. キッチンでの有孔ボードの活用アイデア事例

キッチンには調理器具や調味料など、とにかく物にあふれている。そして狭いことが多い。そのようなキッチンにこそ有孔ボードを活用することで利便性だけでなく、すてきなインテリアを楽しめる。

キッチンツールを見せる収納

有孔ボードを上手に活用すれば、「隠す収納」から「見せる収納」にできる。有孔ボードに調理器具を引っ掛けて収納すると、いやでも目に入ってしまう。すると不思議なもので、キレイにレイアウトしたくなる。キッチンツールを見せる収納にするためには、調理器具自体のデザインや色味を統一すると見た目もスッキリとする。例えば、白の有孔ボードには、モノトーンで統一したキッチンツールを配置すれば、それだけでオシャレなインテリアになる。

食器をディスプレイする収納

キッチンの有孔ボードにフックを付けて、オシャレにコーヒーカップをレイアウトする。カラフルなコーヒーカップなら、有孔ボードはブラックにするとカップの色が映えて、ひとつのアートボードのようになる。有孔ボードにはカラーバリエーションも豊富だ。食器をディスプレイする背景としても十分活用できる。

グリーンと合わせた演出

機能一点張りのキッチンも味気ないものだ。そこに植物の緑があるだけでも、気持ちが癒やされるのではないだろうか。有孔ボードなら、植物の置き場所も確保できる。小さな鉢に多肉植物などを入れて、キッチンツールの間にレイアウトする。

日当たりが悪い、あるいは植物のお手入れが難しい方は、フェイクグリーンを使って見せる収納を演出する方法もある。

3. キッチンに有孔ボードを取り付けるときの注意点

有孔ボードは、いろいろな場所で便利に活用できる。キッチンに使うときには、とくに注意したいポイントがある。

樹脂製有孔ボードで劣化を防ぐ

有孔ボードにはべニアなどの木材で作られたものがあり、手に入りやすい。しかし、キッチンでは洗い物をしたり、調理をしたりするので、湿度が高くなる傾向がある。直接有孔ボードに水がかかってしまうこともあるだろう。

熱や湿気が加わることで、木材だとボードが反り返ってしまったり、カビが生えたりする可能性がある。キッチンに設置する場合には、汚れに強く、湿気や熱にも強いアクリル樹脂製の有孔ボードがおすすめだ。

火気近くには設置しない

木材の有孔ボードをキッチンのガスレンジの近くに設置してしまうと、場合によっては火が引火してしまう危険性がある。できるだけ、火気からは遠ざけた場所に設置するように注意しよう。また、有孔ボードに色を塗る場合でも、油性の塗料は火気のそばで使うのは危険だ。水性の塗料を使うようにしよう。

結論

調理器具や調味料などの出し入れが激しいキッチンだからこそ、有孔ボードはその威力を発揮する。壁に傷をつけないディアウォールや突っ張り棒というアイテムを使えば、賃貸でも設置は可能だ。水や火を使うキッチンでは
  • 更新日:

    2021年2月21日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ