このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
屋外用で使いやすい物干しとは?天日干しのメリットを紹介!

屋外用で使いやすい物干しとは?天日干しのメリットを紹介!

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

鉛筆アイコン 2021年3月14日

屋外で洗濯物を干すときに欠かせないのが洗濯物干しである。今回は、屋外用で使いやすい物干しや天日干しのメリット、オシャレなおすすめ商品3選を紹介する。洗濯物干しにはさまざまな種類があるので自身に合ったものを選んでほしい。

  

1. 屋外で洗濯物干しをするメリットと注意点

洗濯物を干す場所といえば屋外だが、屋外で干すとどんなメリットがあるのだろうか。ここでは、屋外で洗濯物干しをするメリットと注意点を解説する。

洗濯物を天日干しする利点

屋外で洗濯物干しをすると、風通しがよいので洗濯物がはやく乾く利点がある。また、紫外線によって洗濯物の雑菌が繁殖するのを防ぐ効果がある。

外干しする際に気を付けること

屋外で洗濯物を干すと、場所によっては雨にさらされてしまうことがある。また、屋外で洗濯物干しをすると風で飛ばされてきた花粉やPM2.5が洗濯物に付着してしまうことがある。あまりにも風が強い日は屋外での洗濯物干しを避けるよう留意したい。

2. 庭・ベランダで使いたい屋外用の洗濯物干し

屋外で洗濯物干しをするのは、庭やベランダがほとんどだろう。ここでは、庭やベランダにぴったりな屋外用の洗濯物干しの選び方を紹介する。

干す場所や広さに適した物干しの選び方

屋外用の洗濯物干しは、場所や広さに適したものを選ぶとよいだろう。
庭に洗濯物を干す場合、重し付きの洗濯物干しを推奨する。重しで洗濯物干しを固定できるので、強風が吹いても転倒しにくい。また、ベランダには壁取り付けタイプや手すり取り付けタイプの洗濯物干しがおすすめだ。ベランダはスペースが限られてしまうので、省スペースで干すことができる壁取り付けタイプや手すり取り付けタイプの洗濯物干しが適している。

3. 屋外の洗濯物干しを選ぶなら設置式?可動式?

洗濯物干しには設置式と可動式の2種類がある。ここでは、設置式と可動式の洗濯物干しについて解説する。

重し付きの設置型

重しの付いた屋外用の洗濯物干しは重しがしっかりとポールを支えてくれるので、強風でも倒れることなく洗濯物を干すことができる。重しは、石やタンク内に水を入れるタイプがある。

キャスター可動式

屋外用の洗濯物干しのなかには、キャスターが付いている可動式のものがある。たくさんの洗濯物を干しても、キャスターがついていれば簡単に場所を移動させることができる。

折りたたみ式

コンパクトなサイズに折りたたむことができる屋外用の洗濯物干しは、収納に便利なアイテムである。移動させることも簡単なので、さまざまな場所で使うことができるだろう。

4. 屋外で使えるオシャレな洗濯物干し3選

ここでは、オシャレなおすすめしたい洗濯物干し3選を紹介する。自身で選ぶ際の参考にしてほしい。

フォッパぺドレッティ「GULLIVER」

木とアルミを組み合わせたオシャレな折りたたみ式の洗濯物干しはいかがだろうか。イタリア製の商品である。キャスターがついているので屋外でも簡単に移動できるだろう。折りたたむとコンパクトになり自立するので収納しやすい。

セキスイ 「アルミものほし 大空」

ライトグレーのシンプルでオシャレな屋外用の洗濯物干しだ。好みの高さに調節できるので、干すものの丈によって調節するとよいだろう。また、3本の物干し竿の高さが傾斜状になっているので風通しがよく、たくさんの洗濯物を効率よく干せるだろう。

アイリスオーヤマ 「ステンレスもの干しブロー台セット」

ブロー台(重し)と洗濯物干しの支柱がセットになった屋外用の商品で、シンプルなデザインがオシャレだ。ブロー台には、水や砂を入れて使うタイプだ。支柱はそれぞれ伸縮させることができるので好みの高さに調節できる。

結論

洗濯物を屋外に干すとはやく乾き、紫外線で洗濯物の雑菌が繁殖するのを防ぐメリットがある。屋外用の洗濯物干しを選ぶ際は、場所と広さを考慮して選ぶとよいだろう。また、重し付きやキャスター式、折りたたみ式などさまざまなタイプの洗濯物干しがあるので使い勝手のよいものを選ぼう。
  • 更新日:

    2021年3月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング