このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キレイに収納できるインテリアを紹介!収納の実践例とコツも解説

キレイに収納できるインテリアを紹介!収納の実践例とコツも解説

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2021年3月18日

収納を重視してインテリアを選ぶと部屋に合わずに雰囲気を壊したり、逆にデザイン性を重視すると収納機能が不十分だったりという経験はないだろうか。そのようなときには、実は少しの工夫を加えることで問題を解消できる。今回は、便利な収納を確保しながらキレイに魅せることのできる収納方法のコツや実例、収納におすすめのインテリアを詳しくご紹介しよう。

  

1. まるでインテリア!魅せる収納のコツ

こちらでは、使い勝手のよい収納を確保しながら、キレイに魅せる収納方法やレイアウトのコツをご紹介しよう。

収納家具はシリーズでそろえる

収納するものの量や種類に応じてインテリアを選ぶと同じ部屋の中でも、大きさやデザインが異なるインテリアが混在することになってしまう。そのため、統一感のあるすっきりとした部屋の雰囲気を維持したい場合には、収納家具はシリーズでそろえることのできる製品を選ぶとよいだろう。

家具のレイアウトのコツ

リビングやダイニングなどの家具のレイアウトを考えるときには、収納を考えずに先にテーブルやソファなどの大きな家具の配置を決めていないだろうか。実は、このように先に大きな家具を配置してしまうと生活動線が長くなるため、使い勝手が悪くなり、部屋も散らかりがちになってしまう。
そのため、家具をレイアウトするときには、生活動線を考慮してから収納家具を先に配置すると使い勝手を向上できることに加え、片付けも一層楽になる。
このように、収納家具を配置した後にテーブルやソファなどの大きな家具を残りのスペースに応じて選ぶと快適な空間を作ることができる。

キレイに魅せる収納方法

収納するものの種類やインテリアの数が多いほど、ごちゃついた印象になってしまう。そのため、キレイに魅せる収納を目指すときには、まず部屋の中に配置するインテリアをシリーズでそろえるとよい。インテリアの中でも、収納するものの種類やサイズに応じて高さや収納方法を変えることができたり、後にパーツなどを追加してカスタマイズできたりするものがおすすめだ。自由にカスタマイズできる製品は、後に収納場所を増やしたり、収納方法を変更したりする場合もインテリアごと買い替えずに済むため経済的だ。必要な場所にその部屋で使用するさまざまな種類の収納物をまとめてぴったり収納できると、キレイに魅せることができるだろう。

2. リビングの収納インテリア実例集

こちらでは、リビングの収納インテリアの実例を3つご紹介しよう。

テレビ台を活用する

リビングは、家族皆で使用する空間であるため、さまざまな種類や大きさのアイテムが散乱しやすい。そのため、テレビボードを上手に活用すると家族で共有するものや使用頻度の高いものをキレイに収納できる。また、収納する場所をテレビボードと決めておくことで、使用後の片付けも簡単にできるようになり、整った空間の維持が可能になる。

大きめのバスケットを活用する

子どもやペットに必要なアイテムは、種類も豊富でカラフルなものが多く、部屋の雰囲気を壊したり、生活感を感じさせてしまう原因にもなる。しかし、インテリアの中に収納してしまうと使い勝手が悪くなる場合もある。そのようなときには、大きめの深みがあるバスケットの中にまとめて収納する。部屋の死角に当たる場所に収納すると使い勝手がよく、キレイに収納できる。

カラーボックスを活用する

リビングやダイニングで子どもが宿題を済ませる家庭もあるだろう。そのようなときには、定位置の収納がなければ子どものかばんや文房具などが散乱しやすくなる。そのため、子どもごとにかばんや文房具などをまとめて収納できる場所を家具やインテリアの片隅に確保するとよい。もし、新たに収納場所の確保が難しい場合は、カラーボックスなどを活用すると手軽かつキレイに収納できるだろう。

3. 収納におすすめのインテリア・家具3選

こちらでは、収納におすすめのインテリアや家具を特徴と併せてご紹介しよう。

Rekit「キッチン壁面収納」

こちらは、ナチュラルな木目が印象的な日本製の壁面の収納棚シリーズである。特徴は、6種類の収納タイプの中から用途に応じたものを自由に組み合わせて使用できる点になる。そのため、組み合わせ次第でキッチンだけでなくダイニングやリビングにも、オシャレに必要な量の収納を確保できる。ナチュラルな部屋の雰囲気を維持しながら、収納を確保したい場合におすすめのインテリアである。

カリモク家具「PIOGRANDE」

こちらは、使い勝手がよく、オシャレな収納を確保できるテレビボードである。特徴は、リビングの広さやテレビの大きさ、収納するものに応じて自由にテレビボードの棚を組み合わせることができる点になる。収納方法も選べるため、それぞれの好みや用途に応じた収納を実践できるのがおすすめポイントだ。

ニトリ「コネクトシリーズ 壁面ユニット」

こちらは、リビング、ダイニング、子ども部屋などアイデア次第で幅広く使用できる壁面ユニットである。特徴は、コネクトシリーズで展開されるほかのパーツや棚を用途に応じて自由に組み合わせて使用できる点だ。魅せる収納、目隠し収納も工夫次第でキレイに実践できるおすすめインテリアである。

結論

今回は、便利な収納を確保しながらキレイに魅せることのできる収納方法のコツや実例、収納におすすめのインテリアを詳しく解説した。家族が多ければ毎日使用するものも多いため、散らかりやすい。ぜひ、こちらの内容を参考に使い勝手がよく、キレイに収納できるインテリアを上手に活用いただきたい。
  • 更新日:

    2021年3月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング