このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
教科書収納をおしゃれに!整理するコツとおすすめのアイテムとは

教科書収納をおしゃれに!整理するコツとおすすめのアイテムとは

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年4月 8日

雑多な印象になりやすい教科書も、工夫次第でおしゃれに収納できる。使いやすく収納することで、机周りなどのスペースが散らかりにくくなるだろう。この記事では教科書をおしゃれに収納するコツと、おすすめのアイテムについて紹介する。簡単に実践できるアイデアと併せて紹介するので、ぜひ取り入れてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 教科書をおしゃれに収納するコツ

教科書をおしゃれに収納するためには工夫が必要だ。簡単に実践できる3つのコツを紹介するので、整理するときの参考にしよう。

教科書を分類する

教科書の数が増えると収納しにくくなる。まずは現在使用している教科書と、使用していない教科書を分けることが重要だ。1学年分だけに絞って取り出しやすい場所に置くことで、使いやすい収納になる。

使わない教科書は見えない場所に保管すれば、雑多な印象がなくなりスッキリ収納できるだろう。また、使わない教科書を処分することでスペースの節約になる。復習用に1学年前の教科書だけ残してあとは捨てるなど、ルールを決めておこう。

ファイルボックス

100均などで購入できるファイルボックスを使って、教科書を立てて収納する方法だ。立ち上がりがない、前面が開いたタイプなら、出し入れがしやすい。

複数のファイルボックスを並べて使用するのもおすすめだ。教科書が少ない小学生は学年ごと、多い中学生や高校生なら教科ごとに分類できるだろう。また、ファイルボックスの背面側を見せてラックや本棚に並べれば、おしゃれな隠す収納になる。

ファイルケースで分類

教科書やノート、教材を教科別に分けてファイルケースに収納しよう。プリントなどもまとめられるため、混ざったり散らかったりする心配がない。

透明なタイプなら中身がわかりやすく、中が見えないタイプならスッキリとした印象になる。おしゃれなラベルを貼って分類すれば、必要なときにサッと取り出せるだろう。

2. 教科書のおしゃれ収納におすすめのアイテム

教科書をおしゃれに収納できるおすすめのアイテムを4つ紹介する。雑多になりがちの教科書収納に、ぜひ活用してほしい。

ニトリ「ランドセルラック6030H97」

ランドセルや教科書など、学校用の勉強道具を収納できるラックだ。教科書を立てて収納できる仕切り板があり、位置は自由に調整できる。フックや引き出しがついているため、小物や給食着袋などもスッキリとまとめて収納できるだろう。

無印良品「アクリル仕切りスタンド3仕切り」

シンプルでオシャレなデザインのスタンドは教科書の整理に役立つ。透明なアクリル素材なので、どこに何の教科書があるのかわかりやすい。机や棚に置いて使用でき、教科ごとに教科書やノートを分類すればわかりやすい収納になる。

ニトリ「ファイルスタンド(ナチュラルウッド)」

おしゃれな木目が魅力のファイルボックスだ。カラーはブラウンとナチュラルの2色から選べる。ナチュラルなインテリアにも馴染みやすく、木製の家具や机に置くと統一感がでるだろう。

山善「バスケットトローリーLBT-3」

キャスター付きのワゴンに教科書を収納すれば、簡単に移動できる。マットな仕上げのワゴンは7色から選ぶことができ、部屋に置けばおしゃれなインテリアになるだろう。耐荷重が全体で60kgあるため教科書の数が増えても収納が可能だ。

3. 教科書のおしゃれ収納アイデア事例集

アイデア次第で教科書をおしゃれに収納することが可能だ。簡単に実践できる方法について、詳しく説明する。

カラーボックスにファイルボックスを組み合わせる

カラーボックスに教科書を収納したファイルボックスを並べるアイデアだ。それぞれの色を揃えることで、統一感がでておしゃれな印象になる。大きいサイズのカラーボックスを選べば、勉強道具をまとめて収納する棚として活用できるだろう。

ブックエンドで引き出しに仕切りをつくる

深いタイプの引き出しにブックエンドを並べて教科書を収納する。仕切りがついているタイプの引き出しと違い、簡単に動かせるのがメリットだ。教科書が引き出しの中で倒れないように支えたり、わかりやすく分類したりできる。

移動式の本棚に教科書を収納する

キャスター付きの本棚に教科書を収納しよう。クローゼットや押入れに入るタイプなら、使わないときは隠して収納できる。勉強机の横や家具の隙間に置いてもおしゃれだ。ただし、商品によっては教科書が収まらないケースがあるので、十分な奥行きがあって棚板が動かせるタイプを選んでほしい。

結論

教科書を分類して収納すれば、使いやすくおしゃれに収納できる。よく使う教科書は取り出しやすい場所に置き、それ以外の教科書は別の場所に保管しよう。ファイルボックスやファイルケースを使って、学年別や教科別に分けるとわかりやすくなる。おしゃれで使いやすい商品やアイデアも併せて紹介したので、ぜひ教科書収納に活かしてほしい。
  • 更新日:

    2021年4月 8日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ