このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アイロンマットのおすすめを厳選!デメリットと使い方の注意点も紹介

アイロンマットのおすすめを厳選!デメリットと使い方の注意点も紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年4月29日

敷くだけでアイロン台のように使用できるアイロンマットを、ご存知だろうか。アイロン台よりも薄いため、収納場所に困らないといったメリットがある。この記事ではおすすめのアイロンマットの特徴について解説しよう。アイロンマットのデメリットや、便利なアイロンマット兼用収納バッグも紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おすすめアイロンマットの特長と上手な使い方は?

おすすめのアイロンマットを6つに厳選した。それぞれの特徴や上手な使い方について説明しよう。

ブラバンシア/「アイロンマット ミントリーブデザイン」

特殊な5層構造になっているため、熱や蒸気でテーブルを傷めにくい。120×65cmの大判タイプなので大きめの衣類にも使いやすいのが特徴だ。ミントグリーンのデザインはアイロンがけを楽しくしてくれる。

山崎実業/「くるくるアイロンマット」

くるくると丸めればコンパクトになるアイロンマットだ。フック付きなのでクローゼットなどにも吊り下げて収納できる。カラーはホワイトとブラックの2種類だ。

ダイヤコーポレーション/「セラミックスアイロンマットスタンダード」

熱が伝わりやすいセラミック素材を使用。アイロングッズの表面温度が上がりやすいため、キレイに仕上がりやすい。滑り止めがあるので動きにくく、小さく折りたためば袖の仕上げにも活躍する。

アストロ/「アイロンマット」

73×45cmのアイロンマットは、折りたたんでコンパクトに収納できる。必要なとき、サッと広げてアイロンがけをしてほしい。カラーはピンクとブルーの2種類だ。

コジット/「あて布付大判アイロンマット」

60×90cmの大判タイプなので、ズボンやスカートなどもアイロンがけしやすい。取り外しが可能なあて布がついており、デリケートな衣類のテカリ防止に役立つ。クルクル丸めれば袖口の仕上げにも使える。

OKUSU/「折りたたみアイロンマット」

耐久性や耐熱性に優れたコットン素材を使用している。表面の銀コーティングにより、高い熱効率を発揮。両面を使用でき、スチームアイロンにも対応しているのがメリットだ。

2. アイロンマットのデメリットと使用上の注意ポイント

アイロンマットを使うときのデメリットと注意点を説明する。トラブルを避けるためにチェックしておくと安心だ。

耐熱温度をチェックする

アイロンマットの耐熱温度をあらかじめ確認しておこう。耐熱温度を超えたアイロンを使用すると破損する可能性があるので、温度を高く設定しすぎないように注意する。電源を入れた直後は温度が上がりやすいため、2~3分ほど待ってから使用するのがポイントだ。また、アイロンマットの上に、アイロンを放置しないように注意しよう。

テーブルの素材に注意

テーブルの上でアイロンマットを使用すると、マットの下に熱が伝わることがある。高温で長時間アイロンがけをするときは注意が必要だ。ガラス素材だったり漆が塗られていたりすれば変色しやすい。ビニール製のテーブルクロスなども溶けやすいので、タオルなどを敷いて熱対策をすることが重要だ。

スチームを使うときは対策をする

アイロン台と比較して薄いため、スチームを使用すると周囲が濡れやすい。スチームの量を少なく設定するか、下にタオルを敷いておくなどの対策が必要だ。また、アイロンマットが濡れたままだとカビやにおいの原因になるので、よく乾かしてから収納しよう。

大きい衣類には使いにくい

アイロンマットはコンパクトな商品が多い傾向がある。大きな衣類をアイロンがけする場合、何回も動かさなければいけない。動かすとシワができやすいので、アイロンマットの選び方には注意が必要だ。ズボンなど大きな衣類に使用するなら、大判タイプの商品を選んでほしい。

立体仕上げは難しい

ワイシャツの肩(ヨーク)は、アイロン台の端にかけて立体的に仕上げる。しかし、アイロンマットは平面なので、立体的な仕上げに向いていない。手に装着して使うタイプのアイロンミトンと併用するなど、キレイにかけるための工夫が必要だ。

3. 市販のアイロンマット兼用収納バッグ2選!

アイロンマット兼用収納バッグは、アイロンを入れて持ち運びができ、広げればアイロンマットとして使用できる。おすすめのアイロンマット兼用収納バッグを2つに厳選したので、選ぶときの参考にしよう。

山崎実業/「アイロン収納マット」

機能性に優れたアイロンマット兼用収納バッグだ。広げると65×50cmのアイロンマットになり、フタは取り外して仕上馬として使える。フタについているポケットは、あて布など小物の収納に便利だ。

アストロ/「アイロン収納マット2wy」

67×52cmのアイロンマットになるため、大きめの衣類のアイロンがけがしやすい。気分が明るくなるようなカラフルなデザインが特徴だ。ドット柄と花柄の2種類を用意している。

結論

アイロンがけをするとき、サッと広げて使えるアイロンマットは便利だ。さまざまな商品があるため、特徴を比較して選ぼう。ただし、テーブルの素材を傷める可能性があったり、スチームで濡れやすかったりといったデメリットもある。タオルを敷くなどの対策をしてから活用してほしい。アイロンマット兼用収納バッグは2つの用途で使えるので、こちらもチェックしておこう。
  • 更新日:

    2021年4月29日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ