このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タオルの洗濯方法は?フワフワをキープする洗い方と保管方法

タオルの洗濯方法は?フワフワをキープする洗い方と保管方法

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2021年5月 2日

タオルは、顔や身体を拭くときにフワフワだと気持ちがいいものだ。下ろしたてはフワフワでも洗濯しているうちにゴワゴワになってしまうのはなぜだろう。それは洗濯方法や干し方、保管方法に問題があるのかもしれない。いつまでもタオルをフワフワにキープする方法を紹介しよう。

  

1. 使ったタオルを洗濯するタイミングと注意点

日常生活でタオルの出番は頻繁にある。家族が多ければ洗濯するタオルの量も多くなる。では、一度使ったタオルを洗濯するのはどのタイミングが適切なのだろう。

理想は使うたびに洗濯すること

一度使っただけなのになんだか臭い。その原因は、タオルに付いた雑菌だ。私たちの身体には、常在菌といって悪さをしない雑菌がたくさんいる。それらがタオルに一度でも付着すると、タオルに含まれる水分や皮脂汚れなどを栄養分として爆発的に繁殖して嫌な臭いを出す。

タオルの理想的な洗濯頻度は、使うたびごとだ。しかし、それでは洗濯しなければならないタオルが大量になり、ストックの数も膨大なものになってしまう。

タオルの洗濯頻度を減らすためには

タオルの洗濯頻度を減らして、それでも気持ちよく使えるようにするためには、使ったらしっかりと乾かすことだ。湿ったまま放置しておくと雑菌が繁殖して嫌な臭いの原因となる。とくに大きなバスタオルは、何枚も洗濯するのは大変だ。お風呂から上がってバスタオルを使ったら必ずバスタオルハンガーなどにかけて乾燥させれば、毎回洗わなくても快適に使うことができる。

2. ゴワゴワにならない正しいタオル洗濯の仕方

タオルの臭いと同じように気になるのが肌触りだ。初めはフワフワだったタオルがいつのまにかゴワゴワになってしまう。これは洗濯のやり方に問題がある。

洗濯する前に乾かしておく

タオルをゴワゴワにしてしまう原因は、洗う前のタオルの状態にある。水分を含んだタオルをそのまま洗濯機に入れて洗濯していないだろうか。水分を含んだタオルは、洗濯機の中の摩擦が大きく、ゴワゴワになりやすい。洗う予定のタオルは、一度乾燥させてから洗濯機に入れるようにしよう。

洗濯の水量は多めに

節水を心掛けている方も多いだろう。しかし、タオルをフワフワに仕上げるためには、たっぷりの水の量が必要だ。洗濯機のたっぷりの水の中でタオルが動くため、汚れが取れやすく、ほかの衣類との摩擦も少なくなるためダメージも回避することができる。

柔軟剤を毎回使うのはNG

衣類を柔らかく仕上げてくれる柔軟剤は、洗濯には必需品だと考えていないだろうか。タオルのフワフワのもとは、パイルと呼ばれるループ状の織りだ。このパイルが柔軟剤でコーティングされてしまうと抜けやすくなったり、吸水性が損なわれてしまう。タオルを洗濯するときには、柔軟剤は3~5回に1回程度の使用に留めておくことをおすすめする。

干し方でフワフワになる

タオルを洗濯したあと、干すときにもコツがある。タオルのフワフワはパイルの状態が決定する。洗濯したあとは、パイルは脱水などによって寝た状態だ。そのまま干すと、パイルは寝たままになってタオルはゴワゴワになってしまう。そこで、干す前に上下にタオルを10回程度しっかり振って、パイルを起こしてから干すようにしよう。

また、干す場所によっても違ってくる。長時間直射日光に当てて干すと、紫外線などの影響でタオル生地が傷んでしまう。できるだけ短時間で干すか、風通しのいい場所で陰干しをすることが大切だ。

3. 洗濯したタオルをフワフワのまま保管する方法

洗濯や干し方に気を遣って、せっかくフワフワに仕上げたタオル。しかし、その保管方法によってはゴワゴワに戻ってしまうこともある。

たたみ方に注意

洗濯したタオルをたたんで保管するとき、四角にたたんでから積み重ねて収納していないだろうか。これではせっかくフワフワに仕上げたタオルも重みでぺしゃんこになってしまう。タオルをたたむときは、丸めて立てて収納することをおすすめする。

新品のタオルは一度洗濯してから保管する

もらったタオルをそのまま箱やビニール袋に入れたまま保管していないだろうか。箱やビニール袋に入れたままにしておくと、タオルを傷めてしまう可能性がある。当分使う予定がなくても、一度箱から取り出して洗濯してから保管するようにしよう。

結論

一度使ったタオルには雑菌が付いており、湿気によって急速に繁殖するため臭いの原因になる。理想は一度使ったタオルは洗濯することだが、それでは何枚タオルがあっても足りない。使ったタオルは乾燥させることで雑菌の繁殖を抑えることができ、洗濯頻度を少なくすることができる。タオルをフワフワに仕上げるためには、洗濯方法だけでなく干し方や保管にも注意して快適な肌触りをキープしよう。
  • 更新日:

    2021年5月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング