このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
換気扇のフィルター掃除は必要?おすすめの洗剤と掃除方法を解説

換気扇のフィルター掃除は必要?おすすめの洗剤と掃除方法を解説

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

2021年5月 9日

換気扇のフィルター掃除を怠ると、いろいろなトラブルにつながる。つい放置しがちな場所ではあるが、フィルターも定期的に掃除しておくのが望ましい。当記事では、換気扇のフィルター掃除におすすめの洗剤や、掃除方法を解説していくので、ぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 換気扇のフィルター掃除が必要な理由

換気扇の周りやフィルターで気になるのは、ベトベトの油汚れ。そのまま放っておくのは気持ちがよいものではないが、掃除が必要な理由はそれだけけではない。

嫌なにおいやカビの発生原因になる

換気扇のフィルター掃除をせずに放っておくと、フィルターが油汚れで詰まり、吸い込みが弱くなる。つまり換気扇の機能が落ちてしまうため、料理の際のにおいや煙、湿気をしっかりと排出できなくなっていく。その油や湿気が室内に残ると、嫌なにおい、カビが発生する原因になる。

電気代が余計にかかる

換気扇のフィルター掃除は、電気代にも影響する。換気扇の効きが悪くなることで、必要以上に強い設定で稼働させてしまう可能性があり、電気代が余計にかかってしまうのだ。

換気扇の故障原因になる

フィルターにたまった油汚れの影響で、換気扇の内部が腐食してしまうこともある。換気扇の故障原因になるうえ、最悪のケースとして火災が発生する可能性があり、非常に危険だ。フィルター掃除は、安全のためにも行っておくべきである。

2. 換気扇のフィルター掃除におすすめの洗剤

換気扇のフィルター掃除には「アルカリ性の洗剤」がおすすめだ。その理由と、掃除で使用する際の注意点を解説していく。

アルカリ性の洗剤がおすすめな理由

換気扇のフィルター掃除にアルカリ性の洗剤がおすすめな理由は、油汚れをしっかりと落とすことができるからだ。汚れを落とすには、反対の性質で中和することがポイント。油汚れは酸性のため、アルカリ性の洗剤が高い効果を発揮するのである。ナチュラル系の掃除アイテムとして定番となっている、セスキ炭酸ソーダや重曹もアルカリ性の性質を持ち、換気扇のフィルター掃除におすすめだ。

アルカリ性の洗剤の注意点

アルカリ性の洗剤は油汚れに強いが、換気扇の取扱説明書では、中性洗剤が推奨されていることも多い。アルカリ性は、アルミなどの素材を変質させることがあるためだ。アルミでできている換気扇もあるため、必ず取扱説明書を確認してから、アルカリ性洗剤を使うようにしよう。

3. 換気扇のフィルター掃除のやり方

アルカリ性の洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダを使った換気扇のフィルター掃除の方法を解説していく。

アルカリ性洗剤を使ったフィルター掃除方法

1.換気扇のフィルターを取り外す
2.ゴミ袋などの容器に40〜50度のお湯を張り、アルカリ性洗剤を入れる
3.フィルターを入れて40〜60分ほどつけおきする
4.歯ブラシやスポンジで汚れをこすり落とす
5.洗剤や汚れを洗い流して乾燥させ、換気扇に取り付ける

重曹を使ったフィルター掃除方法

1.換気扇のフィルターを取り外す
2.重曹をふりかける(水などで濡らさない)
3.3時間ほどおく
4.スポンジや歯ブラシで汚れをこすり落とす
5.ぬるま湯で洗い流して乾燥させ、換気扇に取り付ける

セスキ炭酸ソーダを使ったフィルター掃除方法

1.換気扇のフィルターを取り外す
2.シンクやゴミ袋などの容器に40度のお湯を張り、湯量にあったセスキを入れる
3.フィルターを入れて30分ほどつけおきする
4.スポンジや歯ブラシなどで汚れをこすり落とす
5.洗剤や汚れを洗い流して乾燥させ、換気扇に取り付ける

4. 換気扇のフィルター掃除を楽にする方法

換気扇のフィルター掃除は必要だが、毎回ひどい油汚れに悩まされるのは避けたいものである。そこで、換気扇のフィルター掃除を楽にする方法を確認していこう。

外付けフィルターを使う

換気扇のパーツであるフィルターに、外付けするタイプのフィルター(カバー)を取り付けるのがおすすめだ。外付けしたフィルターが油汚れを防ぎ、汚れたときは交換するだけで済むため、換気扇のフィルター掃除を楽にしてくれる。

コーティング剤を使う

換気扇の掃除後に、フィルターにコーティング剤を塗るのもよい。コーティング剤が、汚れの付着を防いでくれる。いつもの掃除に一手間加えることで、次の掃除を楽にしてくれるだろう。

結論

つい避けてしまいがちな、換気扇のフィルター掃除。しかしフィルターが汚れると、換気扇の機能が落ちてしまう。デメリットが多いため、定期的に掃除をしておこう。おすすめは、アルカリ性洗剤だ。さらに、次の掃除を楽にするために、外付けフィルターやコーティング剤を取り入れてみよう。
  • 更新日:

    2021年5月 9日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ