このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
システムキッチンの収納アイデア!用途と頻度で配置を分ける!

システムキッチンの収納アイデア!用途と頻度で配置を分ける!

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2021年9月25日

システムキッチンは、人気の高いキッチンだ。機能性と効率性にすぐれており、見た目にもスマート。しかし上手な収納ができないと、あっという間にものがあふれてゴチャゴチャになってしまう。システムキッチンならではの上手な収納方法とおすすめアイテムを紹介しよう。

  

1. システムキッチンって何?

システムキッチンとその他のキッチンとはどのような違いがあるのだろう。一般的には、「つなぎ目がない」「ビルトインコンロにできる」「間口サイズが大きい」がシステムキッチンとほかのキッチンとの違いといわれている。また、収納の多さも特徴だ。

システムキッチンのタイプ

システムキッチンのタイプとしては
  • ワークトップが一列に並んだ「I型」
  • コンロとシンクをL字に配置した「L型」
  • 独立型キッチンの「U型」
  • キッチン周りを回遊できる「アイランド型」
  • アイランド型の片方が壁付けになった「ペニンシュラ型」
などがあり、キッチンの広さや収納の多さ、ライフスタイルに合わせて選ぶといいだろう。

システムキッチンのメリット・デメリット

システムキッチンは「お手入れしやすい」「機能的」「デザイン性が高い」「収納力がある」というメリットがある。デメリットとしては、一体化しているがゆえに部分的な交換が難しいという点だ。

2. システムキッチンの収納のコツ

システムキッチンは、もともと収納場所も使い勝手がいいようにレイアウトされている。収納のコツを知っておくことで、さらにシステムキッチンの機能をフル活用することができる。

使用場所に近い場所に収納する

システムキッチンでは、調理や後片付けの食器洗いなどそれぞれの工程で必要なものを使用場所に近いところに収納するのがコツ。たとえば調理するコンロ下には、調味料などを置いておくとすぐに取り出すことができる。シンク下には、ボールやザル、あるいは掃除道具などを収納しておくと無駄な動きがなくなる。

使用頻度が高いものを作業スペースの近くに収納する

使用頻度の高いものと低いものを分けて収納するのがコツ。毎日使うものは、手を伸ばせばすぐに取り出せる場所に収納する。あまり使わないシーズンものなどは、比較的出し入れのしにくい奥や床に近い場所、脚立が必要な吊戸棚に収納する。効率よくスペースを活用することができ、毎日の作業もスムーズになる。

3. システムキッチンの吊戸棚の収納アイデア

システムキッチンの吊戸棚は、かなり広い収納スペースとなっているので、有効に活用したいものだ。

収納するものは?

手が届きにくく、脚立などを利用しなければならないシステムキッチンの吊戸棚には、普段あまり使わないものを収納しよう。たとえば、お正月くらいにしか使わない重箱などシーズンアイテムの収納にピッタリだ。土鍋などの重いものや誤って落とした場合に壊れてしまいそうなものは避けた方がいいだろう。

取りやすいように収納

システムキッチンのなかでも高いところにある吊戸棚は、取りづらいと思っている方も多いだろう。とくに背の低い女性にとっては、ひと苦労といったところだ。しかし、取っ手付きのボックスを使えば簡単に取り出すことができる。ボックスごとに収納するものを決めておけば、中が見えなくても目的のものはすぐに見つかるはず。あまり重くならないように、ボックスに入れる量はほどほどにするのがコツだ。

4. システムキッチンのシンク下収納アイデア

システムキッチンの水回りスペースであるシンク下は、配水管などがあるため、収納に工夫が必要になる。

収納するものは?

システムキッチンのシンク下には、水切りかごやボウル、鍋、フライパンなどを収納する。シンク下は奥行きがあるので、使用頻度の高いものを前に、それほどでもないものは奥に収納するといいだろう。シンク下は、洗い物をするときにお湯などを使うため、どうしても温度や湿度が上がってしまう。湿気や高温を嫌うお米や粉ものなどの食品の収納は避けた方がいいだろう。

観音扉の場合の収納方法

システムキッチンのシンク下収納が観音扉の場合、広いスペースをタテ・ヨコに分割して使うことができるトレーが便利だ。
アイリスオーヤマ 「シンク下スライドトレー」
2段トレーになっており、シンク下の小物をスッキリと収納。スライド式のため、手前に引くだけでスムーズな出し入れが可能だ。ネジを使わず、すぐに組み立てられる。

引き出しの収納方法

シンク下の引き出しタイプの収納のコツは重ねずに立てて収納することだ。収納スペースも無駄なく確保でき、さらに出し入れがしやすくなる。
イノマタ化学「シンク下ストッカー 」
ハンドル付きのストッカーだ。キャスターとハンドルが付いているので、手前に引き出しやすく使い勝手がいい。調味料だけでなく、フライパンや鍋ふたなども収納することができる。

5. システムキッチンのコンロ下収納アイデア

調理器具や調味料など、システムキッチンのコンロ下は収納しておきたいものが多い。

収納するものは?

システムキッチンのコンロ下収納には、主に調理で使うフライパンや鍋などを収納すると、コンロとの動線が短くなって、スムーズになり時短にもつながる。収納のコツは、仕切りで分けることだ。重なることがなくなるので、出し入れがしやすくなる。調味料もコンロ下に置くと便利だが、コショウやハーブなどは熱によって香りが飛んでしまうこともあるので、コンロ下の収納は避けた方がいいだろう。

立てる収納が大活躍!

システムキッチンのコンロ下の収納スペースをできるだけ効率的に活用するためには「立てる収納」がおすすめだ。重ねないことで、一目で目的の調理器具などを見つけることができる。
BlingBelle「伸縮式 フライパンラック 七つ仕切り付き」
収納ラックの長さは30~58.5cmまでと伸縮自由。シンク下のスペースに合わせて調整できる。M型仕切りパーツが7個付属しており、収納するものの大きさに合わせて調節すれば、ピッタリと収まる。

6. コンロ横の収納アイデア

システムキッチンの特徴のひとつとして、コンロ横にも収納があることがあげられる。気が付かない方もいるが、奥行きのある細長い引き出しになっている。システムキッチンのコンロ用キャビネットに標準搭載されていることが多い。

調味料やキッチンツールの収納に便利!

システムキッチンのコンロ横収納は、ほかのキッチンではない収納スペースだ。コンロの近くの収納ということもあり、まず調味料を収納スペースとして活用できる。また、調理道具なども収納できる。細かなものの収納が多くなるので、上手に仕切りを利用して一目でわかる工夫をしよう。

7. その他の引き出しはどう使う?

システムキッチンには、たくさんの引き出しがある。せっかくの収納スペースなので、分かりやすいように整理して収納しよう。

カトラリーは種類ごとに収納

カトラリーとは、食卓で使うナイフやフォーク、スプーンといったアイテムの総称だ。日本では箸もカトラリーの分野に入る。システムキッチンの引き出しにカトラリーを収納する場合は、種類ごとに整理することだ。そのためには、仕切りを活用する。ただし、仕切りが多くなると、かえってひとつひとつのスペースが小さくなって使いにくくなってしまうので注意しよう。

ストックや掃除グッズは用途ごとに収納

必要なものは単体とは限らない。たとえば掃除グッズは「たわし」「スポンジ」「洗剤」など必要なものをまとめておけば、出し入れが効率的だ。用途ごとにグループ分けしてシステムキッチンの収納スペースにまとめておくと作業もスムーズになる。

引き出し収納に便利なグッズ

SANNO 「引き出し用スライド式カトラリートレー」
スライド式のカトラリートレー。最大W36×D50×H5.3cmまで伸ばすことができるので引き出しにぴったりフィットさせられる。5つの収納スペースで種類別に収納できるので、スッキリ片付けることができる。

8. それでも収納が足りない場合には?

家族が増えるなどして、食器や調理器具などが増えてしまった場合、いくら収納力のあるシステムキッチンでも足りないことがある。そのようなときの収納スペースアップ方法を紹介しよう。

吊るす収納で収納スペースをアップ!

フライパンやまな板などよく使う調理器具などを吊るして収納することで、収納スペースがアップする。さらに「見せる収納」としても、デザインやカラーを統一するとキッチン全体がスッキリとオシャレになる。

扉にはドアフックを設置

システムキッチンの扉の裏側にドアフックを設置すれば、お玉やフライパン返し、菜箸などを吊るして収納することができる。また、ドアフックとカゴを組み合わせて扉裏に設置すれば、ラップやゴミ袋・レジ袋などがキレイに収納できる。

ハンギングラックで収納スぺースを拡張

浮かせて収納スペースを確保する方法だ。専用のアイテムを使って、吊戸棚などを上手に利用しよう。
Hikei「吊り戸棚収納ラック」
システムキッチンの吊戸棚などに取り付けて空中に収納スペースを確保するアイテムだ。取り付ける際も、戸棚の表面を傷つけずに取り付けることができる。キッチンロールホルダー付きで、ラップなども置ける。手を伸ばせばすぐに取れる場所にセットしておけば便利だ。

結論

システムキッチンは、お手入れしやすい、機能的、デザイン性が高いというメリットがある。収納場所がたくさん用意されているのも特徴だ。吊戸棚やシンク下、コンロ下などの場所に合わせた収納を工夫して、より使いやすいシステムキッチンにしよう。
  • 更新日:

    2021年9月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング