このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シーツハンガーのメリットとタイプ別の魅力を解説!注意点も紹介

シーツハンガーのメリットとタイプ別の魅力を解説!注意点も紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2021年9月18日

シーツを洗濯しても干す場所の確保が悩みの種という方もいるだろう。最近省スペースで干すことのできる「シーツハンガー」が販売され人気を集めていることをご存じだろうか。今回は、シーツを干すことのできるさまざまなタイプのハンガーを使用するメリットと魅力と特徴、使用時の注意点について詳しく解説しよう。

  

1. 場所を取らずに干せるシーツハンガーのメリット

こちらでは、場所を取らずに干すことのできるシーツハンガーを使用するメリットと魅力、注意点について解説しよう。

メリット

シーツハンガーを使用するメリットは、省スペースで面積の広いシーツを干すことができる点だ。シーツを干すとほかの洗濯物を干す場所がなくなってしまう場合に、大活躍するアイテムである。

魅力

シーツハンガーの魅力は、省スペースでシーツを干すことができるだけでなく、不使用時は折りたたんでコンパクトに収納できる点だ。また、クリップ式ではほかの洗濯物を干すときにも使用することができ、各家庭に備えておくと大活躍するアイテムである。

注意点

シーツハンガーのメリットや魅力は、省スペースで面積の広いシーツを干すことができる点だが、素材や製造化会社によって耐久性や耐荷重性が異なる。そのため、洗濯後の重量が重たい厚地のシーツやタオルケットなどを干すときには、シーツハンガーの破損を防ぐためにも耐荷重量を確認して使用いただきたい。また、ハンガーの持ち手部分の長さも製造会社によって異なる点にも注意が必要だ。この部分の長さやポールの高さにより、シーツを干すと端が床に接してしまう場合もあるため、干すシーツの大きさと位置をよく確認して購入することが重要になる。

2. スパイラル状に干す省スペースなシーツハンガー

こちらでは、スパイラル状に干すことができる省スペースなシーツハンガーについて特徴を解説しよう。

特徴

シーツを半分に折りたたみ、輪になった部分にシーツハンガーを通して螺旋状に干すことのできるシーツハンガーである。ハンガーをくるくると回しながらシーツを簡単に干すことができるのが特徴だ。

性能

ダイソーでも税別500円(2021年5月現在)で購入することができる。この商品は、シーツを掛けるハンガー部分の長さは210cmであり、フラットシーツではダブルサイズまで、マチが28cmのボックスシーツではキングサイズまで干せる。
耐荷重は約8kgまでだが、洗濯後に脱水した水分を含むシーツの重量の目安は0.9kgであるため、安心して干すことができるだろう。

3. 60~160cmまで伸縮する、のびのびシーツハンガー

こちらでは、60cmから160cmまで自在に伸縮できるのびのびシーツハンガーについて特徴を解説しよう。

特徴

下村企販は、大型の洗濯物も干すことのできる伸縮自在のシーツハンガーを販売している。このシーツハンガーは掛け幅が52cmから152cmまで伸縮可能であるため、大判のバスタオルやシーツも無理なく干すことができるのが特徴だ。また、ハンガー部分は3本のポールから構成されているため、同時に3枚のシーツを干したり、M字に干すことができるのが大きな特徴だ。

性能

下村企販の商品は、ポール1本の耐荷重が1kgまでであるため、シーツであれば安心して掛けることができる。注意点としては、このシーツハンガーは洗濯物干しなどのポールに掛けて使用するタイプであるため、シーツの幅分の場所の確保が必要になる点だ。不使用時は持ち手部分を折りたたんで、縦にかけてコンパクトに収納することもできる。

4. ピンチで吊るしてジグザグ型に干せるシーツハンガー

こちらでは、ピンチで吊るしてジグザグ型に干せるシーツハンガーの特徴について解説しよう。

特徴

東和産業の「シーツが干せるアルミハンガー」は、ピンチが24個付属しているため、シーツをジグザグに留めることで省スペースで干すことができる。また、伸縮も自在であるため、洗濯物を干す場所の広さに応じて幅を調整できるだけでなく、不使用時もコンパクトに折りたたんで収納することが可能なシーツハンガーだ。展開時は、最大190mmまで伸ばすことができるが、バランスを上手にとらなければ、ハンガーが傾いてしまうことに注意が必要である。

性能

東和産業の商品は、素材としてアルミが採用されているため軽くて丈夫なことに加え、サビを生じない。また、ピンチ部分が破損した場合は、新しいものに交換可能なため、長く愛用できるシーツハンガーだ。

結論

今回は、シーツを干すことのできるさまざまなタイプのシーツハンガーを使用するメリットと魅力と特徴、使用時の注意点について詳しく解説した。それぞれの商品の特徴と使用時の注意点をよく理解して、それぞれの環境に適した、快適に洗濯物を干すことができるものを選んでいただきたい。
  • 更新日:

    2021年9月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング