このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鏡の掃除は簡単!水垢や皮脂などの汚れ別に掃除の仕方を詳しく解説!

鏡の掃除は簡単!水垢や皮脂などの汚れ別に掃除の仕方を詳しく解説!

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年10月27日

鏡が汚れたり曇ったりしているときは、掃除をしてピカピカにしよう。ホコリや水垢、皮脂など、汚れには種類があるので、それぞれに合った方法で効率よく落としたい。この記事では、鏡を掃除する方法を汚れの種類別に解説する。注意点や、汚れ・曇りを防ぐコツ、掃除に役立つアイテムと併せてまとめた。

  

1. 鏡にはどんな汚れが付着する?

鏡
鏡に付着する汚れの種類によって、掃除の仕方は異なる。どのような汚れなのか、確認するところから始めてほしい。

鏡に付着する汚れ

  • ホコリ:布類などから発生、部屋や玄関に置いた姿見に付着しやすい
  • 水垢:白いウロコ状の汚れ、水道水に含まれるミネラルが原因
  • 油汚れ:手垢や化粧品が原因、ベタベタとしているのが特徴 

黒いシミのような汚れは「シケ」

鏡に浮かんだ黒いシミのような汚れは「シケ」だ。正確には汚れではなくサビで、表面ではなく裏面にある金属メッキの腐食で発生するので、掃除をしてもキレイにならない。元に戻すことはできないため、新しい鏡と交換するのがおすすめだ。

2. 鏡を掃除する際の注意点

鏡の掃除
鏡を掃除するときに知っておきたい注意点をまとめた。トラブルを避けるためにも、あらかじめ確認しておこう。

酸性アイテムと塩素系の洗剤は絶対に混ぜない

酸性アイテムと塩素系の洗剤を混ぜると毒ガスが発生する。安全のため、別々に使用することが重要だ。クエン酸や酢、レモン汁なども酸性の性質があるので、塩素系の洗剤を使うときは近づけないようにしよう。

重曹やクエン酸、そのほかの洗剤を素手で触らない

重曹やクエン酸、洗剤を素手で触ると、肌荒れする可能性があるので注意しよう。鏡の掃除をする際はゴム手袋をはめて、もし肌に付着したときはすぐに洗い流そう。

換気をしながら作業に当たる

浴室などの狭い空間で掃除をするときは換気をする。とくに塩素系の洗剤は刺激臭があるので、作業する際は窓を開けて換気扇を回そう。少しでも気分が悪くなったら、すぐにその場を離れてほしい。

鏡の表面を傷つけないように注意する

掃除のときに鏡を強く擦りすぎると、表面に傷がつくので注意が必要である。研磨剤入りのクレンザーや硬いタワシを使うのもNGだ。強く擦らなくても汚れが落ちるような、鏡の掃除に適したアイテムを選んで使おう。

3. 鏡についたホコリの簡単な掃除方法

鏡の掃除
部屋や玄関に置いている姿見にはホコリがつきやすいので、小まめに掃除しよう。水拭きする方法と、中性洗剤を使った簡単な掃除方法を紹介する。

水拭きをして柔らかい布で乾拭きする

水で濡らし、固く絞った布で拭いて、表面についたホコリを取り除く。あとは、水拭きしたときについた繊維を乾拭きして拭き取る。このとき、マイクロファイバーや鏡用の布を使えば、鏡を傷つける心配がない。

頑固な汚れは中性洗剤を使うとよい

水拭きで落ちない頑固な汚れには中性洗剤がおすすめだ。水(500ml)に中性洗剤(2~3滴)を混ぜたら、布に含ませる。そして円をかくように鏡を拭き取ろう。中性洗剤が残らないように水拭きしたあと、仕上げとして乾拭きをすれば完了だ。

4. 鏡についた水垢の簡単な掃除方法

クエン酸
洗面所や浴室の鏡には水垢が付着する。クエン酸を使った簡単な掃除の仕方を解説するので、ぜひチェックしてほしい。

クエン酸を使った掃除の仕方

酸性のクエン酸を使えば、アルカリ性の水垢が落ちやすくなるのでおすすめだ。初めに、水(100ml)とクエン酸(小さじ1/2)をスプレーボトルに入れてよく混ぜる。鏡の水垢に吹きかけたあと、上からラップをかぶせて、1時間ほど放置しよう。丸めたラップで鏡をクルクルと擦ったあと、水で洗い流して乾拭きしたら終わりだ。

クエン酸がなければ酢やレモン汁などでも代用可能

クエン酸がないなら、同じ酸性の酢やレモン汁で代用しよう。基本的な掃除方法はクエン酸のときと同じだ。ただし、酢は独特のにおいがあるので、苦手ならレモン汁のほうが使いやすい。

5. 鏡についた皮脂など油汚れの簡単な掃除方法

重曹
油汚れが鏡に付着すると、水拭きだけでは落ちないことがある。新聞紙や重曹、セスキ炭酸ソーダを使った掃除方法を紹介しよう。

新聞紙を使った掃除の仕方

濡らした新聞紙を使う掃除の仕方だ。新聞紙をクシャクシャに丸めたら、水を少しだけつけて鏡をクルクルと磨く。そうすることで、新聞紙のインキが皮脂などの油汚れを落としてくれる。

重曹やセスキ炭酸ソーダを使った掃除の仕方

皮脂などの油汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを使うと落としやすい。まずは水(100ml)と一緒に重曹(小さじ1)、もしくはセスキ炭酸ソーダ(小さじ1)をスプレーボトルに入れてよく混ぜる。鏡に吹きかけてから布で拭き、そのあと水拭きして重曹やセスキ炭酸ソーダを取り除こう。最後に乾拭きをすれば終わりだ。
なお、重曹は研磨作用があり、粉末が残ったまま擦ると傷がつきやすい。しっかりと溶かしてから使うのがポイントだ。セスキ炭酸ソーダには研磨作用がなく、水にも溶けやすいので軽く混ぜるだけでいい。

6. 鏡の汚れや曇りを防いでキレイに保つには?

柔軟剤
掃除したあとの鏡はできるだけキレイに保ちたい。汚れや曇りを防ぐ3つの方法を解説する。

水滴はきちんと拭き取る

鏡に水滴が残ったままだと、蒸発したあとにカルシウムが残って水垢になる。洗面所や浴室の鏡が濡れたときは、しっかりと拭き取ろう。スクイージー(ワイパー)やタオルを活用してほしい。

柔軟剤でホコリの付着を防ぐ

柔軟剤には静電気防止効果がある。そのため、ホコリの付着を防ぎたいなら柔軟剤がおすすめだ。バケツ1杯の水に柔軟剤を数滴入れてから、布を浸し、固く絞って鏡を拭いていこう。

市販の曇り止めグッズを使う

洗面所や浴室の曇りやすい鏡には、曇り止めグッズを活用しよう。鏡の表面をコーティングすることで、曇りだけでなく、水滴や汚れの付着を防ぐ。キレイな状態を長く保てるため、掃除の手間を減らしたい方はぜひチェックしてほしい。

7. 鏡掃除のおすすめのアイテム3選

汚れた鏡
鏡掃除に便利なアイテムを3つに厳選した。おすすめのポイントを紹介するので、選ぶときの参考にしてほしい。

木村石鹸「鏡ハッキリくもり止め 浴室専用」

浴室の鏡に塗るだけで長期間曇りを防止できる。表面に水の膜をつくることで水滴になるのを防ぐ仕組みだ。乾燥していると効果がないため、入浴するたびに水をかけて膜をはる。曇りのないキレイな状態が長続きするので、掃除の手間を軽減するのに役立つだろう。

花王「かんたんマイペット」

鏡だけでなく、家中の掃除に使えるスプレータイプの洗剤だ。布にスプレーして鏡を拭くことで、汚れを除去できるだけでなく除菌の効果もある。さらに、二度拭きの必要もない。

レック「鏡の磨き剤」

汚れを削って落とせる研磨剤を配合しており、頑固な鏡の水垢に効果を発揮する。しっかりと磨けるペーストタイプだ。使い方は簡単で、鏡を水で濡らし、湿らせた布に磨き剤をつけて擦るだけである。ただし、曇り止めや撥水加工をした鏡には使えないので注意しよう。

8. 鏡掃除は簡単!ピカピカに磨いて明るい空間を

鏡
鏡が曇ったり汚れたりしたままだとキレイに映らない。少しの汚れでも目立つため、不潔な印象を与えてしまう可能性もあるだろう。
定期的に簡単な鏡の掃除をすることが大事だが、その際、汚れの種類によってアイテムを使い分けることが重要だ。

結論

汚れの種類によって鏡の掃除方法は異なる。ホコリには水拭き、水垢ならクエン酸、油汚れには重曹やセスキ炭酸ソーダが効果的だ。普段から水滴を拭き取ったり、柔軟剤を使ったりすればキレイな状態が長持ちする。掃除や汚れの予防におすすめのアイテムも紹介したので、ぜひチェックしてほしい。
  • 更新日:

    2021年10月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧