このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スーツをクリーニングに出す頻度は?値段や日数の目安、注意点も解説

スーツをクリーニングに出す頻度は?値段や日数の目安、注意点も解説

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年11月11日

スーツを清潔に保つためには、定期的にクリーニングに出す必要がある。適切な頻度や料金、かかる日数をチェックしておこう。この記事では、スーツをクリーニングするときに知っておきたい知識をまとめた。メニューや日数が伸びるケース、即日仕上げ、注意点と併せて紹介する。クリーニング後の保管方法と基本のお手入れ方法も説明するので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. スーツをクリーニングに出す頻度

クリーニングに出す
スーツは定期的にクリーニングに出すことで清潔に保てる。夏場と冬場に分けて頻度の目安を紹介しよう。

夏場は2週に1回

よく汗をかく夏場は2週間に1回がクリーニングの目安になる。一方で主に室内で作業する方なら、頻度を減らしてもあまり問題ないだろう。かいた汗の量を目安にしてほしい。

冬場はシーズン中に1回

冬場はあまり汗をかかないため、夏場より頻度を減らしてもいい。必要以上に出しても傷むだけなので、シーズン中に1回くらいで十分だ。ただし、雨や雪で濡れたり、飲食物がこぼれたりしたときは、早めにクリーニングに出そう。

2. スーツのクリーニングにかかる値段と日数

クリーニングしたスーツ
スーツをクリーニングに出すときの料金相場を紹介しよう。かかる日数と併せてチェックしてほしい。

料金相場はどれくらい?

料金の相場はスーツの上下で1,000円~2,000円(ドライクリーニングの場合)ほどだ。ただし、店舗やメニューによって料金が異なるため、正確に知りたいなら公式サイトや問い合わせで確認しよう。

何日くらいかかる?

スーツをクリーーニングに出した場合、2~3日ほどで終わる。スムーズに受け取れるように、予定を調整しておくのがポイントだ。

店舗と宅配による料金や日数の違いは?

料金は店舗よりも宅配のほうが高い。店舗によって異なるが、数百円ほど高くなると考えておこう。また、宅配は店舗に足を運ぶ必要がないが、配送の分だけかかる日数は長くなる。5?7日くらいを目安にしてほしい。

3. スーツのクリーニングのメニュー

クリーニングしたスーツ
スーツをクリーニングする方法は2つに分かれる。それぞれの特徴と基本的なオプションをまとめた。

ドライクリーニング

「有機溶剤」を使用した水を使用しないクリーニング方法だ。一般的なクリーニングは、ドライクリーニングを指すことが多い。皮脂や油汚れへの効果が高いといった特徴がある。

ウェットクリーニング

専門的なクリーニング技術を使って水で汚れを落とす。汗やジュースといった水溶性の汚れに効果的だ。ドライクリーニングより1,000~2,000円ほど料金が高く、日数も長くなってしまう。

オプション

  • シミ抜き:クリーニングで落ちないシミを落とす
  • 汗抜き:ドライクリーニングで落ちにくい汗を落として黄ばみや虫食いを防ぐ
  • 撥水加工:シリコンやフッ素でコーティングすることで水を弾いて汚れを防ぐ

4. スーツのクリーニング期間が延びてしまうケース

カレンダー
スーツクリーニングにかかる日数は上記で紹介したが、場合によっては延びることがある。2つの理由を説明するので、出す前に確認しておいてほしい。

ウェットクリーニングを依頼した場合

ウェットクリーニングをするには特別な技術が必要だ。2~3日で終わるドライクリーニングと違い、かかる日数は7日くらいが目安になる。

そのほかのオプションをつけた場合

シミ抜きや汗抜き、撥水加工などオプションをつけると、クリーニングと別の作業が発生する。すぐにスーツを受け取りたいときは、オプションはつけないほうがいい。

5. 時間がなければスーツの即日仕上げクリーニングがおすすめ

クリーニングしたシャツ
すぐスーツをクリーニングしたいなら、即日仕上げがおすすめだ。即日仕上げのメリットや注意点を解説しよう。

即日仕上げとは

即日仕上げとは、スーツのクリーニングを当日に仕上げてくれるサービスだ。朝に預ければ夕方には受け取れる。ただし、締め切り時間があるので注意。間に合わなければ当日には仕上がらない。即日仕上げを行っていない店舗もあるため、あらかじめ確認しておこう。なお、急ぐことで仕上がりの質が下がる可能性がある。時間に余裕があるなら利用は避けたほうがいい。

6. スーツをクリーニングに出す際の注意点

洗濯表示
スーツをクリーニングに出すときの注意点を解説する。スムーズに出せるように、準備を整えておいてほしい。

洗濯表示をチェックする

洗濯表示で適したクリーニング方法を確認しよう。平成28年12月1日以降の洗濯表示(※1)では、「ドライクリーニング処理」「ウエットクリーニング処理」の記号で適した洗い方がチェックできる。バツ印がついている場合、そのクリーニング方法はできないので注意しよう。

ポケットは空にしておく

ポケットの中身が入ったままだと、紛失や洗濯のトラブルにつながる。店舗でチェックはしているが、意外なところにポケットがあるスーツもあるため見落とす可能性もあるだろう。すべてのポケットを空にしておき、装飾品なども外しておいてほしい。

シミやダメージを説明できるようにしておく

店舗によってシミへの対応は異なるので、あらかじめ知らせておきたい。状態によっては別料金でのシミ抜きが必要になる。スーツ全体をチェックして、詳しく説明できるようにしておこう。破れやほつれなど、ダメージも一緒に伝えておくと安心だ。

ジャケットとズボンはセットで出す

ジャケットとズボンを別々にクリーニングに出すと、上下で風合いに違いがでる可能性がある。チグハグな印象になるので、セットで出すようにしよう。別々だと受け付けていない店舗もあるので、どうしても片方だけ出したいときは、あらかじめ確認しておいてほしい。

7. クリーニング後のスーツの正しい保管方法

ハンガー
クリーニングをしたあとのスーツは、正しい方法で保管しよう。カビや型崩れを防ぐための知識を紹介する。

ビニールのカバーはすぐに外す

ビニールのカバーは、持ち帰るまでの汚れを防ぐためのものだ。そのまま保管すると内部に湿気が溜まりやすく、カビや変色の原因になる。家に帰ったあとはすぐに外してほしい。

専用のハンガーに掛けかえる

クリーニングのハンガーは細く、スーツの形に合っていない。掛けたままだと型崩れの原因になるので、厚みがあるスーツ用ハンガーと交換しよう。ズボンも専用のピンチハンガーに掛けるのがおすすめだ。

スーツ同士の間隔をあけて収納する

スーツを詰め込んで収納するとシワになりやすく、さらに出し入れするとき擦れて傷みやすくなる。ほかのスーツや衣服とは、2cmほど間隔をあけて保管するのが基本だ。なお、クローゼットの扉をあけて定期的に換気すれば、カビを防止できる。

8. スーツのお手入れ方法

スーツ
スーツを小まめにお手入れすると、キレイな状態を長く保てる。ブラッシングやシワ伸ばし、水に濡れたときの対処方法を説明しよう。

ブラッシング

着用したあとは、ブラッシングでホコリや汚れを落とそう。清潔に保ったり、毛玉を防止したりする効果があるため、スーツを長持ちさせることにつながる。

シワ伸ばし

スーツのシワが気になるときは、スチームアイロンや衣類スチーマーを活用しよう。ハンガーに掛けたまま、スチームを当てるだけでOKだ。素材によっては熱で傷むことがあるので、あらかじめ洗濯表示を確認しておこう。

水に濡れたときの対処方法

雨などでスーツが濡れたら、清潔な乾いたタオルで丁寧に拭こう。タオルを巻いたハンガーに掛けて、風通しのよい日陰でしっかりと乾燥させてほしい。

連続して着用しないことも大切

同じスーツを連続して着用すると、型崩れや傷みが心配だ。何着か用意してローテーションするのがおすすめ。一度着用したあとは2日ほど休ませよう。雨の日用や勝負スーツなど、シーン別に複数のスーツを用意するといいだろう。

9. スーツは自分で洗濯できる?

洗濯機
クリーニングに出さなくても、スーツは自分で洗濯できるのだろうか。洗濯ができるスーツと洗濯方法を紹介する。

ウォッシャブルスーツならご家庭でも洗濯が可能

ウォッシャブルスーツは自宅で洗濯できるスーツだ。洗濯機で回せるので清潔に保ちやすい。洗い方や干し方はスーツによって違いがあるので、必ず洗濯表示を確認しておこう。

ウォッシャブルスーツの洗濯方法

ウォッシャブルスーツの洗濯には、オシャレ着用の中性洗剤を使用する。「ドライ」や「手洗い」など、優しく洗えるコースを選択しよう。脱水時間を短く(1分ほど)設定すればシワを防げる。

シミ抜きなどが必要ならクリーニングへ

自分でウォッシャブルスーツのシミ抜きをすると、生地が傷みやすい。店舗に依頼したほうがキレイに仕上がる。礼服など大事なスーツやキチンと仕上げたいときは、クリーニングに依頼したほうがいい。

10. 大切なスーツはクリーニングに出して長く着続けよう

スーツを着る
クリーニングで定期的に汚れを落とせばスーツは長持ちする。一方でクリーニングを繰り返すと傷みやすいので、夏場は2週間に1回、冬場はシーズン中に1回を目安にしよう。
また、かかる費用や日数の目安を確認しておきたい。ドライクリーニングとウェットクリーニングの特徴や、オプションもチェックしておくと安心だ。保管方法や手入れ方法と併せて覚えて、大切なスーツを長く着続けてほしい。

結論

スーツを清潔に保つためにはクリーニングが必要だ。料金相場やかかる日数など、基本的な知識を学んでおこう。スーツの状態によっては、シミ抜きや汗抜きといったオプションをつけてもいい。洗濯表示を確認する、ポケットは空にしておくなど注意点も要チェック。正しい保管方法やお手入れ方法も紹介したので、ぜひ参考にしてほしい。
(参考文献)
※1出典:消費者庁「洗濯表示(平成 28年12月1日以降)」
  • 更新日:

    2021年11月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧