このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャツの簡単な畳み方を紹介!しわにならない収納のコツも伝授!

シャツの簡単な畳み方を紹介!しわにならない収納のコツも伝授!

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年11月21日

YシャツやTシャツをスッキリ収納したいなら、畳み方が重要だ。キレイに畳めばかさばりにくくなり、しわもつきにくくなる。この記事では、YシャツとTシャツの簡単な畳み方を紹介する。Yシャツのしわを防ぐ収納方法や、一瞬でTシャツを畳む裏技とあわせて紹介するので、ぜひチェックしてほしい。

  

1. Yシャツの簡単な畳み方

畳んだYシャツ
Tシャツの畳み方を、基本の方法と台紙を使った方法に分けて説明する。キレイに畳むメリットと一緒にチェックしよう。

Yシャツをキレイに畳むことのメリット

Yシャツをコンパクトに収納できるのがメリットだ。見た目がスッキリとしていて整理がしやすいので、収納したときどこに何があるかわかりやすい。また変な場所にしわがつきにくいため、キレイな状態で着用できる。

基本の畳み方

  • Yシャツのボタンをすべて留めたら裏返す
  • 肩幅の真ん中から折り畳む
  • 中心軸と平行になるように付け根から袖を折り返す
  • 反対側も手順2~3と同じ方法で折り畳む
  • Yシャツを押さえ形を整えながらしわを伸ばす
  • 両方の袖口を裾と一緒に折り畳む
  • 表側から見たとき第4ボタンあたりで折り曲がるよう二つ折りにする
  • 余った裾を畳んだ両肩の中に入れ込む
  • Yシャツを表に返したら軽く形を整える
手順5のとき、中心軸と両サイドのラインを並行にするのが畳み方のポイントだ。もしズレているようなら、手順1からやり直そう。基本の畳み方なので、繰り返し練習してキレイに畳めるようになってほしい。

台紙を使った畳み方

  • Yシャツのボタンをすべて留めたら裏返す
  • 用意した台紙を襟下に置く
  • 袖を内側に折り畳んだら真ん中ぐらいで上方向に折り返す
  • 肩幅の真ん中を台紙に沿わせるように折り畳む
  • 反対側も手順3~4と同じ方法で折り畳む
  • 裾部分を持ったら台紙に沿わせて二つ折りにする
  • 台紙をゆっくり抜いたら余った裾を畳んだ両肩の中に入れ込む
  • Yシャツを表に返して軽く形を整える
A4サイズ(20×30cm)の台紙を用意しよう。購入時に付属している厚紙、もしくはA4サイズのクリアファイルや下敷きが使いやすい。台紙をガイドにして、沿うように折り畳むのが畳み方のポイントだ。

2. Yシャツのしわにならない収納方法

畳んだYシャツ
畳んだYシャツがしわになりにくい収納方法を解説しよう。自宅と持ち運びに分けて解説するので、畳み方とあわせて覚えてほしい。

自宅で収納する場合

Yシャツを重ねすぎないのが収納のポイントだ。襟が潰れないように1枚ずつ収納するのが理想。重ねる場合は2~3枚ずつに分けて、襟の方向を互い違いにしよう。
クローゼットのポールに取り付けるタイプの吊り下げラックを使い、棚ごとに分類するのがおすすめだ。積み重ねができるトレイ(A4)に1枚ずつ収納してもいい。

出張や旅行に持ち運ぶ場合

荷物の重さで潰れないようYシャツを一番上にして収納する。開くタイプのプラスチック製A4ファイルケースに入れれば、重さで潰れる心配がない。
Yシャツ専用バッグを活用してもいいだろう。出張先や旅行先についたら、すぐにYシャツをハンガーにかけるといい。なお、しわがつきにくい「形状安定加工」のYシャツは持ち運びに向いていておすすめだ。

3. Tシャツの簡単な畳み方

畳んだTシャツ
Tシャツはキレイに畳むと収納しやすい。基本の畳み方と台紙を使った畳み方を紹介しよう。

基本の畳み方

  • Tシャツを裏返して背中側を上にする
  • 肩幅の真ん中ぐらいで折り畳む
  • 反対側も同じように折り畳んで左右のラインを整える
  • 裾部分を持ち二つ折りにしたら表に返す

台紙を使った畳み方

  • Tシャツを裏返して背中側を上にする
  • 台紙を襟首の上に置く
  • 肩幅の真ん中を台紙に沿わせて折り畳む
  • 反対側も同じように折り畳む
  • 裾部分を持ったら台紙に沿わせて二つ折りにする
  • 台紙をゆっくりと引き抜いて表に返す
畳み方の手順は基本の方法と同じだが、台紙をガイドにすることでキレイに仕上がる。台紙にはA4サイズのクリアファイルや下敷きを使おう。

4. 旅行などに便利なTシャツの畳み方は?

旅行の準備
旅行に便利なミニタリーロール式の畳み方を解説する。Tシャツをコンパクトに畳んで、バッグやスーツケースに入れやすくしよう。

ミリタリーロール式に畳む方法

  • 表側を上にしたTシャツを平らな場所に置く
  • 裾から8cmくらいをクルリと裏返す
  • 右側から三分の一の部分を折り畳んだら袖を折り返す
  • 左側も手順3と同じ手順で折り畳む
  • 襟首の方から裾に向かってクルクルと巻く
  • 折り返した裾を裏返して、巻いた部分を包む

5. Tシャツを超絶速く畳める裏ワザとは?

畳んだTシャツ
Tシャツの枚数が多いと畳むのに時間がかかる。一瞬で畳める畳み方を紹介するので、ぜひマスターしてほしい。

Tシャツを一瞬でコンパクトに畳む方法

  • 表側を上にしたTシャツを横向きに置く
  • 上から四分の一の部分に折り目をつける
  • つけた折り目の真ん中を左手でつまむ
  • 折り目のラインの肩を右手でつまむ
  • 肩側をつまんだままの右手で折り目のラインの裾をつまむ
  • そのまま持ち上げたら軽く振って形を整える
  • 袖が出ている側を折り畳んで左右のバランスを調節する
Tシャツを横にした状態で、上から四分の一のラインを目安にするのが畳み方のポイントだ。つまむ位置と順番さえ覚えてしまえば、一瞬で畳めるようになる。

6. YシャツやTシャツの簡単な畳み方をマスターしよう

畳んだシャツ
YシャツやTシャツの畳み方を覚えておけば、さまざまなシーンで役立つ。スッキリとキレイに収納でき、変なしわがつきにくいのが魅力だ。手順を覚えれば簡単なので、YシャツとTシャツの基本的な畳み方を覚えておこう。
また、持ち運びに便利なミニタリーロール式や一瞬で畳める方法など、ユニークなTシャツの畳み方も覚えておくと便利だ。複数の畳み方をマスターして、上手に使い分けてほしい。

結論

YシャツやTシャツをキレイに畳むにはコツが必要だ。畳み方をチェックして、スムーズに畳めるように練習しておこう。しわを防ぐYシャツの収納方法や、コンパクトにTシャツを畳むミニタリーロール式、Tシャツを一瞬で畳む裏技も紹介したので、衣類の整理や持ち運びに役立ててほしい。
  • 更新日:

    2021年11月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧