このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コートのクリーニング|値段相場やかかる日数、頻度など詳しく解説!

コートのクリーニング|値段相場やかかる日数、頻度など詳しく解説!

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年11月24日

ご家庭で洗うのが難しいコートは、クリーニングに出すのがおすすめだ。定期的に洗って清潔に保つことが、コートを長持ちさせることにつながる。この記事では、コートのクリーニングにかかる値段や日数を紹介しよう。クリーニングに出すべきコートの見分け方や、出す頻度、自宅で手洗いする方法とあわせてまとめた。

  

1. コートをクリーニングに出したほうがよい理由

コート
汚れたコートはクリーニングでキレイにしたい。出したほうがよい2つの理由を紹介しよう。

コートは意外と汚れている

コートには汗や皮脂、砂埃などさまざまな汚れが付着する。洗濯機で洗うのが難しいコートは多く、着用を繰り返すうちに汚れは少しずつ蓄積。放置すれば変色や虫食い、傷みなどの原因になる。一見汚れていないようでも、肌にふれる首元には汗や皮脂が付着しているので注意が必要だ。定期的にクリーニングに出して、清潔さを保ってほしい。

クリーニングはメリットが多い

クリーニングなら、デリケートな素材のコートを傷めずに洗える。素材に適した方法でキレイにするため、型崩れや変色の心配がない。オプションでシミ抜きや脱臭、撥水加工などを追加することも可能だ。自宅で落ちない汚れをスッキリ落とし、さらに機能性を高めることができる。

2. クリーニングに出すべきコートの見分け方は?

コート
まずはクリーニングに出す必要があるコートなのか確認しよう。2つのポイントで見分けることが可能だ。

水洗い不可のコート

洗濯表示の「洗い桶のマーク(洗濯処理記号)」をチェックする。バツ印がついている場合は水洗いが不可能だ。自宅では洗濯できないので、必ずクリーニングに出してほしい。なお、洗濯表示は新旧で違うため、対応したほうを確認しておこう(※1)(※2)。

高価なコートやお気に入りのコート

水洗いができるコートでも、自分で洗濯すると色落ちや型崩れの可能性がある。大事なコートが台無しになるかもしれない。高価だったりお気に入りだったりするコートは、クリーニングに出すのがおすすめだ。

3. コートのクリーニングにかかる値段や日数は?

カレンダー
コートのクリーニングにかかる値段と日数をまとめた。オプションの追加や、クリーニング後の収納方法とあわせて紹介しよう。

コートのクリーニングの値段相場

コートのクリーニングの値段は、1,500~2,000円くらいが相場になる。ただし、素材や装飾によって料金が変わるので、事前の確認が必要だ。カシミヤやシルクなどデリケートな素材のコートや、ファーや革、レースがついているコートは、追加料金が発生することがある。

コートのクリーニングにかかる日数の目安

コートのクリーニングに必要な日数は5~7日ほどだ。コートの素材ごとに適した方法で洗う必要があるため、時間がかかる。1~2日で終わるスーツやワイシャツと比較するとかかる日数は長い。早く受け取りたい場合は、スピード仕上げに対応している店舗を選ぼう。

カビやシミがあればオプションをお願いしよう

カビや頑固なシミは、通常のクリーニングでは落とせない可能性が高い。追加料金を支払い、オプションを追加したほうがよいだろう。店舗でコートの状態を説明して、オプションが必要か聞いてみるのがおすすめだ。

クリーニングから返ってきたコートは収納方法も重要

コートがクリーニングから返ってきたら、ビニールカバーをすぐに外す。使用したスチームが残っていることがあり、つけたままだと湿気がこもる。傷んだりカビが生えたりする原因になるので、外してから収納しよう。

4. コートをクリーニングに出す頻度は?

コートをクリーニングに出す
コートは定期的にクリーニングに出して清潔に保ちたい。適した頻度や出しそびれたときの対処法を解説する。

1シーズン1回を目安に

1シーズンに1回、着用しなくなるタイミングでクリーニングに出すのがおすすめだ。汚れを落としてから保管すれば、来年もキレイな状態で着用できる。ただし、シミや汚れがついたままで放置すると生地を傷めてしまう。目立つ汚れがついた場合は、頻度に関係なくクリーニングに出したほうがよい。

出しそびれても大丈夫

コートのクリーニングは季節に関係なく受け付けている。シーズン中にコートを出しそびれても、気づいたときに出せばOKだ。汚れたまま放置するとカビや虫食いの原因になるので、なるべく早くクリーニングに出そう。

5. コートをクリーニングに出さないときのお手入れ方法

泡立った洗剤
水洗いができるコートは自宅でもクリーニングが可能だ。クリーニングに出さないコートのお手入れ方法を紹介しよう。

用意するもの

  • 大きめの洗濯桶(浴槽でもOK)
  • オシャレ着用中性洗剤
  • コートが収まるサイズの洗濯ネット

自宅でできる簡単なクリーニングの方法

  • 洗濯桶に水を入れ、オシャレ着用洗剤を混ぜる
  • コートをたたんで洗浄液に浸す
  • 手のひらで優しく押し洗いをする
  • 泡が出なくなるまで2~3回ほどキレイな水ですすぐ
  • 洗濯ネットに入れて洗濯機で10~30秒ほど脱水する
  • シワを軽く伸ばしたらハンガーにかけて干す
コートの生地が傷むので、もんだりゴシゴシと擦ったりするのはNGだ。柔軟剤を使用する場合は、最後のすすぎで投入しよう。干すときは太めのハンガーを使うか、平干しネットで平干しすると型崩れしにくい。

6. 大切なコートはクリーニングに出して長く着続けよう

コートを着る
クリーニングにコートを出せば、素材に適した方法で洗ってもらえる。まずはコートの洗濯表示を確認。水洗いできないコートやお気に入りのコートは、クリーニングが必要だ。
クリーニングの利用が傷みを防ぐことにつながるため、コートを長く着続けられる。1年に1回、シーズンの最後にクリーニングに出し、保管中にカビやシミが発生するのを予防しよう。

結論

コートには汗や皮脂、砂埃などの汚れが付着する。水洗い不可のコートや大切なコートなどは、クリーニングに出してキレイにしてほしい。かかる値段や日数の目安をまとめたので、あらかじめチェックしておこう。あわせて紹介した水洗いができるコートの手入れ方法も、ぜひ参考にしてほしい。
(参考文献)
1:消費者庁「洗濯表示(平成28年11月30日まで)」
2:消費者庁「洗濯表示(平成28年12月1日以降)」
  • 更新日:

    2021年11月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧