このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯洗剤

洗濯洗剤の収納アイデア実例!スペースを有効活用して整理するコツ

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2021年12月 3日

洗濯洗剤は、洗濯物の素材や汚れの種類に応じて使い分ける人も多いだろう。そのため、洗濯洗剤の種類が自然と多くなり、収納場所に困ってしまう場合もあるはずだ。そこで今回は、洗濯洗剤の収納に関する悩みとそれらをすっきりと収納するためのコツ、収納アイデアについて詳しく解説しよう。

  

1. 洗濯洗剤の収納に関するよくある悩み

洗濯機と洗剤
まずは、多くの人が抱えやすい洗濯洗剤の収納に関する悩みについて紹介しよう。

収納スペースが少ない

洗濯機周辺は、脱衣所や洗面所と空間を共有する間取りである場合がほとんどだ。さまざまな生活必需品などを配置しなければならず、収納スペースが限られることも多い。そのため、使い勝手よく洗濯洗剤をキレイに収納したくても、場所の不足に悩む人が多いのだ。

ごちゃごちゃして生活感が出る

洗濯洗剤を使い勝手よく収納しようとすると種類の異なる洗剤が1か所に並ぶため、ごちゃついた印象となる。統一感のない収納に生活感が出てしまうのも、大きな悩みの1つである。

2. 洗濯洗剤をすっきり収納するコツ

洗濯洗剤
こちらでは、洗濯洗剤をすっきり収納するコツを解説しよう。

ケースやラックの形や色を統一する

洗濯洗剤をすっきりと収納するためには、まずは見た目のデザインをそろえるとよいだろう。具体的には、洗濯洗剤を収納するケースやラックの形や色を同じものに統一して選ぶことがポイントになる。

詰め替えボトルを活用する

洗濯洗剤をそのまま並べて収納してしまうとボトルの形状や色も洗剤ごとに異なるため、生活感が出てしまいがちだ。詰め替えできるランドリーボトルなどを活用するとオシャレになるだけでなく、統一感が出てすっきりと洗濯洗剤を収納できる。

ラベルでオシャレさを演出する

洗濯用洗剤をシンプルな詰め替えボトルに入れ替えたときには、ラベルのデザインを統一するとオシャレさを演出することができる。

洗剤の数を減らす

すっきりと洗濯洗剤を収納したいときには、ごちゃついた印象や生活感を抑えるためにも収納する種類を減らすことも1つの方法だ。

隠す収納にする

洗濯洗剤を詰め替えする手間を省きたい場合は、隠す収納を取り入れるとすっきりした印象になる。洗濯洗剤の容器がすっぽりと収まるサイズの収納ケースなどを利用するとよいだろう。

3. 洗濯洗剤の収納アイデア実例

洗濯洗剤と衣類
すぐに実践できる洗濯洗剤の収納アイデア実例を紹介しよう。

洗濯機の上や横にラックを設置

洗濯洗剤を使い勝手よく収納するためには、まずは収納スペースを確保することが大切だ。そのため、洗濯機の上や横にデッドスペースがある場合は、その空間に収まるラックを設置するとよいだろう。

洗濯機上にウォールシェルフを設置

洗濯機の上にウォールシェルフを設置して収納場所を確保する方法もある。そこに洗濯洗剤をまとめて収納すると出し入れも簡単だ。

突っ張り棒で吊り下げ収納

洗濯機周辺に突っ張り棒を使用できる場合は、突っ張り棒に吊り下げて収納する方法がある。スプレータイプのボトルはそのまま吊り下げられるが、吊り下げられないものはS字フックとバスケットを組み合わせたり、フック付きのバスケットなどを吊り下げたりするとよいだろう。

洗濯機横に磁石付きラック

磁石付きラックを洗濯機の横に貼り付けて収納する方法もある。ラックを選ぶときには、磁力の強さも確認することが大切だ。

移動式ワゴンなら移動が楽

洗濯機周囲に洗濯洗剤を収納するスペースを十分に確保できないときには、移動式のワゴンを使用するのも1つの方法だ。移動式ワゴンであれば、状況に応じて簡単に移動することができるため、空間を有効に利用することができる。

結論

今回は、洗濯用洗剤の収納方法について、すっきりと収納するコツやすぐに実践できる実例アイデアについて紹介した。洗濯用洗剤は毎日使用するものであるため、使い勝手のよさはもちろん、オシャレな見た目にもこだわって収納いただきたい。
  • 更新日:

    2021年12月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧