このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレ

トイレの水が流れない原因は?自分でできる対処方法と業者の費用目安

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2021年12月 9日

トイレの水が流れないときは、慌てずに原因を特定することが大事だ。原因によっては簡単な対処で直るケースも多い。この記事では、トイレの水が流れないときの対処法を原因別に解説しよう。簡単な応急処置や業者に依頼した場合の費用とあわせてまとめた。

  

1. トイレの水が流れない原因|タンクに水が溜まっている場合

詰まったトイレ
トイレの水が流れないとき、まずタンクに水が溜まっているかを確認する。溜まっている場合の原因は以下の通りだ。

トイレのつまり

大量のトイレットペーパーや流れないもの、固形物がつまっているケースだ。何かを流したあとに流れなくなったら注意が必要。水位があがってきたり便器から異音がしたりする場合は、つまっている可能性が高い。

レバーが壊れて空回りしている

レバーはフロートバルブと連動しており、引くことで水を流す仕組みになっている。この2つの部品をつなぐ鎖を引っかける軸が故障すると、水は流れない。レバーを引いても空回りする、途中で引っかかるといったケースだと、レバーの軸が故障していると考えられる。

浮き玉やボールタップが壊れている

ボールタップは給水管からの給水を調節する部品だ。レバーは回るが水の量が少ない、タンク内に水が溜まるまでに時間がかかるといった症状があるなら、ボールタップが故障している可能性が高い。
また、浮き玉は水位に合せて上昇や下降をして、ボールタップの給水弁を開け閉めする役割がある。浮き玉が半分以上沈んでいたり、浮き球にヒビが入って水が溜まっていたりする場合は、浮き球が原因と考えよう。

フロートバルブの鎖が切れている

レバーとフロートバルブをつなぐ鎖が切れると、水は流れない。経年劣化が主な原因で、レバーを回すと空回りするような感触がある。なお、鎖が絡まって動かなくなるケースもゼロではないので、まずは状態を確認してほしい。

2. トイレの水が流れない原因|タンクに水が溜まっていない場合

トイレのタンクを開ける
次はタンクの中に水が溜まっていない場合について、解説しよう。なぜ水が流れないのか3つの原因を説明する。

止水栓が閉まっている

トイレの止水栓が閉まっていると水は流れない。自然に閉まることはないが、点検のために閉めて忘れたり、トイレ修理の後に業者が開け忘れたりといったケースがある。子どもによるイタズラも考えられるので、開いているかチェックしてみよう。

断水している

トイレ以外の水も止まっているなら断水が原因だ。災害時や水道工事のときは断水が発生する可能性がある。トイレが原因ではないので、断水が終わって水が流れ出すまで待つしかない。

浮き玉やボールタップが引っかかっている

タンク内の浮き球やボールタップが作動しないと水は流れない。故障していなくても、別の部品に引っかかって動かなくなっている可能性がある。軽く動かして引っかかりを解消すれば簡単に直るだろう。

3. トイレの水が流れないときの応急処置

トイレ
トイレの水が流れないままだと、用を足すとき非常に困る。応急処置の方法と注意点をまとめた。

バケツに水をくんで流す

大きめのバケツに水をくんで便器の中に一気に流し込む。汚水が飛び散ったときのために、新聞紙や雑巾で養生しておくと安心だ。ただし、水が流れない原因がつまりだった場合、水を流し込むとあふれる可能性がある。水は流さずにつまりを解消する方法を試してほしい。

4. トイレの水が流れないときの対処方法

ラバーカップ
トイレの水が流れないときは、正しい方法で対処して直そう。自分でできる5つの対処法を紹介する。

止水栓を開ける方法

止水栓を反時計回りに回すだけでOKだ。ハンドルがついていないタイプの場合は、マイナスドライバーを使って開けよう。

トイレつまりを解消する方法

  • トイレの止水栓を閉める
  • 中央に穴をあけたビニールで便座をおおう
  • ラバーカップを排水口にゆっくり押し付ける
  • 引き抜くように一気に引っ張る
  • つまりが解消するまで手順3.~4.を繰り返す
  • 水を少しずつ流して流れるか確認する
便器の水が多いと作業中にあふれる可能性があるので、事前に排出しておこう。逆に少ないようなら水を足しておく。カップ部分が浸かるくらいを目安に調節してほしい。

レバーを交換する方法

  • 止水栓を閉めたらトイレの水を流す
  • タンクのフタを開けて鎖を外す
  • レバーのナットをモンキーレンチで外す
  • 外したときと逆の手順で新しいレバーを取り付ける
  • 止水栓を開けて水が流れるか確認する

浮き玉やボールタップを交換する方法

  • 止水栓を閉めたらトイレの水を流す
  • タンクのフタを開ける
  • 浮き玉やボールタップを固定しているナットを外す
  • 浮き玉やボールタップを外す
  • 外したときと逆の手順で新しい浮き球やボールタップを取り付ける
  • 止水栓を開けて水が流れるか確認する
浮き球を交換する場合は、手順4.のあとにボールタップと支持棒を固定するネジを外す。そして取り付けるときに、新しい浮き球と支持棒をネジでつないでほしい。

フロートバルブの鎖を交換する方法

  • 止水栓を閉めたらトイレの水を流す
  • タンクのフタを開ける
  • 鎖を手で外したら長さを確認する
  • 新しい鎖が古い鎖と同じ長さになるように調整する
  • 新しい鎖を手で取り付ける
  • 止水栓を開けて水が流れるか確認する

5. それでもトイレの水が流れないときは業者を呼ぼう

トイレの修理
対処法を試しても水が流れないときや、自分で対処するのが難しいときは業者を呼ぶ。費用の目安を事前に確認しておこう。

業者にお願いした場合の費用の目安

トレイの水が流れないときの修理費用は10,000~35,000円ほどだ。これは修理にかかる費用なので、部品・材料費は別途で必要になる。水が流れない原因によって費用は異なるので、まずは見積りで確認しよう。無料見積りを実施している業者を選ぶのがポイントだ。

6. トイレの水が流れない原因を突き止めて迅速に対処しよう

トイレのタンク
トイレの水が流れない原因はさまざまだ。なぜ流れないのか突き止めることが解決につながる。まずタンクの中をチェックして、水が溜まっているかを確認しよう。
水が溜まっていないなら、止水栓や断水、浮き玉やボールタップの引っかかりが原因なので、直る可能性が高い。一方で水が溜まっている場合は、つまりの解消や部品の交換が必要だ。トイレが使えないままだと困るので、原因を特定したあとは迅速に対処してほしい。

結論

トイレの水が流れないときはタンクの中を確認する。水が溜まっているか、部品に不具合がないを確認しよう。ラバーカップを使ったり部品を交換したりと、原因別に正しい方法で対処してほしい。ただし、自分で解決すのが難しいケースもあるので注意。放置して悪化すると大変なので、早く業者に依頼して直してもらおう。
  • 更新日:

    2021年12月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧