このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おもちゃ

おもちゃの片付け方のコツは?子どもが使いやすい収納アイデアを紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2021年12月17日

子どものおもちゃは、子どもが楽しく過ごしたり、発育を促したりするには欠かせないアイテムだ。しかし、子どもの数に比例しておもちゃの数も増えやすく、片付けに悩む場合も多いだろう。そこで今回は、子どものおもちゃの片付けのコツと収納アイデア、おしゃれに収納するコツについて紹介する。

  

1. 子ども自身で片付けられるおもちゃ収納のコツ

おもちゃ
まずは、子ども自身で片付けられるおもちゃ収納のコツについて解説しよう。

おもちゃの量を適切にする

子どものおもちゃは、知らぬ間に増え過ぎてしまっている場合もあるだろう。おもちゃの量が多ければ、子どもが遊んだ後におもちゃを片付けることが億劫になりがちだ。まずはおもちゃ箱を子どもが両手で持って、自分で片付けられるほどのおもちゃの量を目安に、調整することからはじめてみてほしい。

おもちゃ箱を決める

子どもがおもちゃを自分で片付けられるようにするためには、おもちゃを専用に収納する箱を決めることが大切だ。おもちゃ箱は、子どもが取り扱いやすく、収納物を理解しやすいように種類を絞って準備し、持ち運びしやすい構造のものを選ぶとよいだろう。

収納スペースに余裕をもつ

おもちゃ箱を棚などに収納する場合は、箱と棚などの上側に10cmほどのすき間を確保できるバランスのものを準備するとよい。このすき間があることで、おもちゃ箱を出し入れしやすくなり、片付け忘れたものもすき間からすぐに片付けられるようになる。

おもちゃを分類する

おもちゃ箱を決めたら、その中に何を収納するのか、おもちゃの分類の仕方を決める。おもちゃの分類の仕方は、あまり細かく決め過ぎると片付けに時間を要して、億劫になってしまう。そのため、子どもの年齢や発達に応じて無理なく分類して片付けられるように、乗り物などざっくりと3つから6つほどの項目に分類するとよいだろう。

おもちゃ箱にラベリングする

おもちゃを分類し、おもちゃ箱に収納するものを決めた後には、何が入っているか家族みんなが分かりやすい方法でラべリングするとよいだろう。子どもの成長発達に応じて、絵や簡単な名称を用いて表記することが大切だ。シールやテープなどを使ってラべリングすると、収納する内容物を替えた場合でも簡単にラべリングを変更できる。

子どもに声かけする

片付けが苦手な子どもほど、片付けの声かけをされるとやる気をなくしてしまう場合が多い。そのため、子どもに片付けしてほしいときには、そのまま片付けを言いつけるのではなく、子どもを誘導するように声掛けするとよいだろう。たとえば「残ったおもちゃがいないかパトロールお願いします」「お人形係りお願いします」などと、ゲーム感覚で楽しく片付けられるように工夫してみよう。

2. 片付け方を参考に!おもちゃの収納アイデア

かご
ここでは、おもちゃの片付けの参考になる収納アイデアを紹介しよう。

カラフルカラーボックスで色別収納

子どもはカラフルな色彩が大好きだ。そのため、子どもごとの好みなども考慮していくつか色を選び、色ごとに収納するものを分けると分かりやすく、キレイに収納できる。

部屋の一角を専用スペースにする

子ども部屋があっても、子どもが実際に遊ぶのは居間が中心という家庭もあるだろう。そいう場合は、部屋の一角を子どものおもちゃ専用収納スペースとして確保すると、子ども自身でも簡単に片付けられるため、整頓された空間を維持できるはずだ。

100均アイテムを活用

子どものおもちゃ収納に必要なアイテムを手軽にそろえたいという場合は、100均アイテムを活用するのがおすすめだ。おもちゃを吊るして片付けたいときには、ワイヤーネットとフックを組み合わせたものを、持ち運びして遊ぶおもちゃは、持ち手つきの洗濯ネットなどを使用するとよいだろう。

階段下を収納スペースにする

大人にとって階段下は使いにくい場合も多い。そんな場合は、階段下に収納棚を設置して子どものおもちゃを収納するスペースとして有効活用してはいかがだろうか。

仕切りつきケースで小物を収納

子どもがおもちゃで遊ぶときに、必要なアイテムを探しながら遊ばないといけないようなものは、仕切りつきケースに収納すると出し入れを簡単にでき、紛失も予防できる。

絵本は見せる収納にする

絵本は表紙が分かりやすいように、見せる収納にするとよい。子どもが自分で片付けやすく、見せる収納なら文字の読めない子どもも絵本の内容が分かりやすいだろう。

3. おもちゃをおしゃれに収納するコツ

子供部屋
最後に、おもちゃをおしゃれに片付けて収納するコツを2点紹介しよう。

部屋のインテリアと合わせる

おもちゃを片付ける部屋にあるインテリアのテイストに合わせて収納グッズを選ぶと、空間の一体感が出ておしゃれになる。

色や形を統一する

おもちゃを収納する棚やケースの色を統一するだけでも、センスのよい印象を与えられる。まずは、おもちゃの片付けに収納する棚やケースの色を1つか2つに絞って準備するとよいだろう。

結論

今回は、子どものおもちゃを片付けるときのコツと収納アイデア、おしゃれに収納するコツについて詳しく解説した。子どものおもちゃは、成長発達によって好みが変化するため、定期的におもちゃの量を見直すことも大切だ。当記事を参考に、それぞれの子どもが手軽に実践できる片付け方法を考えてみてほしい。
  • 更新日:

    2021年12月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧