このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
散らかった机の上

机の上の収納アイデア!棚やラックでおしゃれにまとめるコツとは?

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2021年12月29日

机の上がいつも書類の山になる、どうしても文具が散らかって乱雑になってしまうといった悩みをお持ちの方も多いのではないだろうか。机の上をきちんと整理するにはコツがある。そこで今回は、机の上をスッキリと収納するためのアイテムやアイデアを紹介しよう。

  

1. 机の上や周辺を整理するコツ

机の上でPCを使う
机の上の収納を考える前に、まず机の上や周辺を整理するコツを紹介しよう。

物をできるだけ置かない

机の上で仕事をしていると、ついあれこれと出しっぱなしになることがある。机の上をスッキリと整理するためには、まず物をできるだけ机の上に出しっぱなしにしないということが大切だ。
引き出し付きの机や近くにキャビネットなどを設置して、収納場所を確保しておこう。そのときに重要なのが、すべての物に対してあるべき場所、すなわち住所を決めることだ。住所を決めて置けば、必要なときにサッと取り出せて作業が効率的に行える。また、すぐに必要な物、進行中の物、完了した物に仕分けをし、それぞれまとめて収納しておくとよりわかりやすい。

デッドスペースを活用する

限られたスペースである机の上は、有効利用しないとすぐに散らかってしまう。机の上だけでなく引き出し、棚、壁面など、収納に使える場所がないか考えてみよう。もしかしたら見逃しているデッドスペースがあるかもしれない。たとえば、机の下にゆとりがあれば、フリーラックを置いて収納スペースを作るという方法もおすすめだ。

見せる収納を選ぶ手もある

引き出しに収納して机の上がスッキリしたと思っても、いざ取り出すときに目的の物を探し出せずにイライラするということを経験した方も多いだろう。そのようなときには、隠す収納だけでなく、見せる収納も考えてみよう。
たとえば、有孔ボードを使って、よく使うハサミやホチキス、定規などをレイアウトする。このとき色を統一したり、ポップカラーにしたりすると、おしゃれな収納スペースになる。ただし、物が多すぎると気が散る場合もあるので注意してほしい。

2. 机の上を収納する際のポイント

トレイ
机の上の物をキレイにわかりやすく収納するポイントを紹介しよう。

机の上をスッキリ収納するためのポイント

・トレイで書類を分類

毎日舞い込んでくる大量の郵便物や書類。そのまま重ねておくと、机の上が乱雑になる。さらに、重要書類や期限付き書類などを見落としてしまう可能性もある。そこで一時的にトレイを置いて、対応中、対応済みと分けておけば見落とすこともなくなるだろう。

・こまごまとした文具は仕切りボックスに収納

ペン、ホチキス、のり、クリップなどよく使う文房具は、形もさまざまでゴチャゴチャしがちだ。そこで、仕切りボックスに収納しよう。仕切りボックスはコンパクトなので、狭い机の上にピッタリだ。仕切りが付いていることで、必要以上に文具が増えないように意識もできる。

・引き出しボックスに関連道具をまとめて収納

文房具類は、作業に合わせて分類しておくと使いやすい収納になる。机の上に小さな引き出しボックスを用意して、ひとつのボックスに作業に関連する道具を収納しよう。たとえば、一番上は家計簿をつけるためのボックスと決めて、そこに家計簿、電卓、のりと関連アイテムを収納しておけば、あれこれと探し回らずに作業がスムーズにすすむ。

3. 引き出しやトレーを使った机の上の収納アイデア

引き出しに文房具を収納する
引き出しやトレーは、机の上をスッキリさせるのに欠かせないアイテムだ。ここでは、便利で進化した収納アイテムを紹介しよう。

天馬「プレクシーラック」で書類をスッキリ整理

書類が増えるのに合わせて増設できるスタッキング式の書類トレーだ。ふたがないため、文房具や小物をワンアクションで出し入れできる。サイズも豊富で、深型タイプなら本や冊子を立てて収納することも可能。外れにくいレール構造というのも特徴だ。

山崎実業「トレー 伸縮&スライド デスクトレー タワー ブラック」

引き出しのサイズにピッタリと合わせることができる伸縮自由のデスクトレーだ。スライドできる上のトレーには、消しゴムやクリップなどさまざまな小物が収納できる。さらに伸縮式の下段には、定規などの長い文具も収納することが可能だ。

4. ボックスやかごを使った机の上の収納アイデア

机の上の文房具
ここでは、スタイリッシュなボックスやおしゃれなかごを使った机の上の収納を紹介しよう。

かごを使ったおしゃれな机の収納

籐のかごは、ナチュラルな雰囲気を演出できる。持ち手の付いた籐かごはそのままでもインテリアとしておしゃれだ。さらに持ち運びにも便利なので、机の上だけでなく移動しながらの仕事もスムーズになる。

見た目もスッキリ!白いファイルボックス収納

机の上をスッキリするためには、可動式のオープンシェルフがおすすめだ。オープンシェルフに収納する場合にも、白いファイルボックスを使うことで、狭い仕事部屋でも圧迫感のない明るい空間にすることができる。

5. 棚やラックを使った机の上の収納アイデア

壁面収納
机の上をスッキリさせるためには、棚やラックも有効利用しよう。

コの字ラックで空間を無駄なく使う

本やノート、書類などを重ねて置くと取り出しにくく、机の上のスペースを占領してしまう。コの字ラックを使って収納すれば、空間を有効に活用することが可能だ。さらに、コの字ラックを縦に使えば、横から取り出すこともできる。単品でもスタッキングでも使いやすいのがコの字ラックのメリットだ。

壁面を収納に活用する

机の上のスペースをできるだけ広く使いたい場合は、壁面収納を考えよう。たとえば、ウォールシェルフを設置して、ファイルボックスに本やノート、書類を仕分けて収納。さらに仕切りの付いたボックスをウォールシェルフの上に置けば、細かな文房具もスッキリ収納することができる。

6. 机の上はラックなどのアイテムを使っておしゃれに収納しよう

机
机の上のこまごまとした文具は、ラックやトレー、仕切りの付いたボックスなどの収納アイテムを活用することで、スッキリと片付く。片付けるだけでなく、使いたいときにサッと取り出しやすくすることは、作業効率にも影響するだろう。文具のサイズや形、使用頻度によって収納アイテムや収納場所を選ぶことがポイントだ。
機能ばかりを優先せずに、おしゃれ心のある収納アイテムを選ぶのもおすすめだ。座るだけで、モチベーションがアップして仕事の効率もアップするのではないだろうか。

結論

机の上を整理するコツは、できるだけ物を置かないこと、デッドスペースを活用すること、見せる収納も取り入れることだ。引き出し、ボックス、棚、ラックなど収納に便利なアイテムを使って出し入れのしやすい環境に整えることで、仕事の効率も各段にアップするだろう。
  • 更新日:

    2021年12月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧