このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カラーボックス

カラーボックスを使った収納術!おしゃれなDIYアイデアも紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年1月31日

カラーボックスはさまざまな使い方ができる収納家具だ。カラーやサイズが選べて、アイテムと組み合わせればカスタマイズもできる。この記事では、カラーボックスを使った収納のコツを紹介しよう。100均やニトリのアイテムを使った収納術や、簡単に実践できるDIYアイデアとあわせてまとめた。

  

1. 収納にカラーボックスがおすすめの理由

カラーボックス
まずは収納にカラーボックスを使用するメリットを紹介する。一般的な収納家具との違いをチェックしておこう。

安く入手できる

安価で購入できるのがカラーボックスのメリットだ。デザインがシンプルなので使いやすく、カラーやサイズも豊富。収納が不足しているときに手軽に追加でき、オープンラックやタンス、本棚のように使えるだろう。

組み立てが容易

シンプルな構造のカラーボックスは簡単に組み立てられる。キャスターや扉など別売りオプションを用意しているメーカーも多く、用途にあわせて自由にカスタマイズできるのが魅力だ。

組み合わせやすい

カラーボックスは並べたり横置きにしたりして使えるのが特徴。複数のカラーボックスを組み合わせれば、大容量の収納になる。2台のカラーボックスに天板をわたして、棚付きのデスクとして使ってもいい。

2. カラーボックス収納のコツ

カラーボックスを置いた部屋
カラーボックスを使いこなすために、収納のコツをチェックしておこう。使いこなすためのポイントをまとめた。

棚板の位置を調節する

棚板を調節できるタイプのカラーボックスは多い。収納したいアイテムの高さにあわせて調節すれば、キレイに収まる。棚に無駄な空間がなくなることで、スペースを上手に活用できるだろう。

収納ボックスを併用する

隠す収納にしたいなら収納ボックスと組み合わせる。見た目がスッキリとして、引き出しのように使用できるのがメリットだ。収納ボックスは100均でも手軽に購入できるので、カラーボックスのサイズにあったものを選んでほしい。

突っ張り棒を活用する

カラーボックスの内側に突っ張り棒を取り付ける収納術だ。ハンガーをかけるポールとして使用でき、お子さん用の小さなクローゼットにしてもいい。S字フックと組み合わせて、つり下げ収納として使うのもおすすめだ。

3. カラーボックスを使った収納術 | 100均編

リメイクシート
カラーボックスを100均アイテムと組み合わせれば、より使いやすい収納になる。ダイソーとセリア、キャンドゥに分けて収納術を紹介しよう。

ダイソーのカラーボックス

ダイソーにはいろいろなタイプの収納ボックスがそろっている。棚のサイズにピッタリあった収納ボックスを見つけよう。カラーボックスのオプションとして追加できるインボックスより、安価で購入できるのが魅力だ。

セリアのカラーボックス

セリアのリメイクシートを使って、カラーボックスをオシャレに飾ろう。木目やタイルなどいろいろな色や柄がそろうので、自由に見た目を変えられる。部屋のインテリアにあったカラーボックスに仕上がるだろう。

キャンドゥのカラーボックス

キャンドゥの「プリント収納ボックス」を活用するアイデアだ。サイズは3つから選べて、取っ手が付いているため出し入れもしやすい。色が黒なので、白のカラーボックスと組み合わせればオシャレなモノトーン収納になる。

4. カラーボックスを使った収納術 | ニトリ編

カラーボックスを置いた部屋
ニトリにはシンプルで使いやすいアイテムがそろう。ニトリのアイテムを使った、カラーボックスの収納術を解説する。

Nインボックス

ニトリのNインボックスをカラーボックスと組み合わせよう。サイズが違っても積み重ねて使えるのが特徴。ホワイトやクリア、グレーなどの6色から選べるのもうれしいポイントだ。アイテム別に分類してラベリングすれば、使いやすいカラーボックス収納になるだろう。

カラーボックス

ニトリのカラーボックスはサイズやカラーが豊富だ。キャスターや棚板、引き出しレール、ワイヤーバスケットなど、別売りのオプションを使って自由にカスタマイズできる。ニトリのカラーボックスはベビー用品の収納にもおすすめ。Nインボックスや突っ張り棒と組み合わせれば、お子さん用の洋服や小物をまとめて収納できる。

5. カラーボックスを使った収納術 | DIYアイデア編

カラーボックス
カラーボックスは、DIY初心者におすすめのアイテムだ。簡単に試せる3つのアイデアを紹介しよう。

横置きで収納付きベンチ

カラーボックスを横置きにして、収納付きのベンチとして使用する。横置きにして座面に天板を追加するだけでOKだ。キャスターを取り付ければ移動が簡単にできる。隠す収納にしたいなら、全面にしっかりとしたフタを付けて座面にしてもいい。

収納付き学習机

2台のカラーボックスに天板を乗せて、収納付き学習机にするアイデアだ。天板の幅を調整すれば、置くスペースにピッタリと収まる。横にフックを取り付けるとつり下げ収納の追加が可能だ。お子さんが成長して学習机が不要になったら、天板をとって普通のカラーボックスとして使用できる。

引き出し式のベッド下収納

カラーボックスの背面にキャスターを付けて、ベッド下の収納にする。全面を上にしてベッドの下に入れよう。出し入れがしやすいように、上部に取っ手を付けるのがポイントだ。同じようにDIYしたカラーボックスをベッド下に並べて、デッドスペースを有効に活用してほしい。

結論

カラーボックスは工夫次第でいろいろな使い方ができる。安価に購入でき、自由にカスタマイズできるのが魅力だ。棚板の位置を調整する、収納ボックスと併用するなど、収納のコツを覚えておこう。100均やニトリのアイテムも活用して、使いやすい収納にしてほしい。カラーボックスはDIYでも活躍するので、自分で使いやすい収納を手作りしてみるのもおすすめだ。
  • 更新日:

    2022年1月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧