このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
収納がない部屋

収納が全くない部屋に収納スペースを作るアイデアと片付けのコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年1月 2日

駅近でワンルーム、家賃も相場よりも安いという物件は、ワケアリが多い。そのワケアリの理由のひとつが収納が全くない部屋だったりする。押し入れもクローゼットもない部屋でどうやって暮らせばいいのだろうか。実は工夫次第で収納スペースを作ることができる。さまざまなアイテムを使った収納術や上手な片付け方を紹介しよう。

  

1. 「収納が全くない部屋」は意外と多い?

収納が全くない部屋
部屋を選ぶときの条件として「家賃」「駅からの距離」「まわりの環境」そして「部屋の使いやすさ」を挙げる方が多い。なかでも収納スペースは、多ければ多いほど空間が広く使えるのだから、大切なポイントになる。
しかしワンルームや、ルームシェアで暮らすひと部屋などでは、家賃が安いぶん収納が全くない部屋も意外と多く存在するのだ。収納が全くないけれど家賃が安くて利便性がいいという場合、選択に悩むところだ。ただ、アイデア次第で新たに収納を作ってしまうことも可能なので、収納が全くない部屋に引っ越してもスッキリと暮らすことはできる。

2. 収納が全くない部屋に収納スペースを作るアイデア

収納付きのベッド
まず、収納が全くない部屋に簡単なDIYや収納アイテムで収納スペースを作る方法を紹介しよう。

突っ張り棒と布で簡易クローゼットをDIYする

部屋の隅に棚を置いて突っ張り棒と布を使って隠せば、クローゼットのできあがりだ。布で隠すことで、部屋をスッキリと見せることができる。インテリアになじむようなカラーや明るめのカラーを選ぶと、部屋を広く見せることができる。

スチールラックや突っ張りラックを設置する

スチールラックや突っ張りラックは、サイズが豊富で収納力も高い。オープンラックなら、抜け感もあって狭い部屋にピッタリだ。金属製のスチールラックは無機質な感じが強いが、マスキングテープなどでデコレーションすることで、自分好みのラックに仕上げることができる。

カラーボックスやキッチンワゴンを設置する

収納の定番であるカラーボックスはもちろん、意外にもキッチンワゴンも一人暮らしの収納には便利だ。キャスターの付いたキッチンワゴンは移動も楽。キッチンアイテムだけでなく、文房具や朝の身だしなみセットを置くなど使い方も幅広い。

収納付きの家具を設置する

ベッドやテーブルに収納機能が付いたものを選ぶ。収納機能付きベッドなら、シーズンオフの衣類や本、CDなどの収納スペースを確保することができ、収納が全くない部屋でも部屋全体としての収納力はアップするはずだ。

壁面収納を活用する

収納が全くない部屋では、壁を上手に活用しよう。たとえばウォールポケットやウォールラックなどを壁に取り付ければ、狭い部屋でも収納スペースが生まれる。ただし壁面収納は多用すると、部屋が狭く感じられ、圧迫感が出るので注意しよう。

よく着る服などはあえて「見せる収納」にする

あえて見せる収納にするというアイデアもある。とくによく着る服はハンガーラックを使って、スーツなどをかけておけば、シワの心配もいらない。お気に入りのCDや雑貨、本などはオープンラックにディスプレイ感覚で収納すれば、インテリアの一部にもなる。

3. 収納が全くない部屋の片付け方とキレイに保つコツ

いるいらない
収納が全くない部屋では、どうしても部屋の中がゴチャゴチャして見えてしまう。キレイに保つコツを紹介しよう。

定期的に断捨離して物を増やしすぎないようにする

収納が全くない部屋をスッキリとキレイに保つには、まず持ち物を減らすと同時に、増やさないことが大切だ。一人暮らしを始めるタイミングであれば、「足りなければあとでいつでも買える」という気持ちで持ち物は厳選しよう。また、定期的に断捨離をして増やさないように心がけることも大切だ。

物の定位置を決め、片付けルールを作る

収納が全くない部屋では隠す場所がないので、物が散らかりやすい。そこで、物を置く場所を決めて、使ったら元に戻すように習慣化することだ。
また、片付けるためのルーティーンを組んでおくといい。全部を一気に片付けるのではなく、月曜日はキッチン、火曜日はお風呂場、土曜日はリビングというように無理のない範囲で片付けのルールを作ろう。

4. 収納が全くない部屋でもアイデア次第でスッキリできる

タオルなどの収納スペース
収納が全くない部屋は、比較的狭い部屋が多い。狭いうえに収納場所に隠すことができないため、余計に物があふれているように見えてしまう。まず、できるだけ持ち物を限定することが大切だ。
そのうえで、DIYのアイデアや収納アイテムをうまく利用しながら収納場所を確保していこう。収納には「隠す収納」と「見せる収納」があり、収納が全くない部屋では見せる収納アイデアも積極的に取り入れたい。

結論

収納が全くない部屋でも、アイデア次第では収納スペースを確保することができる。スチールラックやキッチンワゴン、収納付き家具などのアイテムを使ったり、壁面収納や見せる収納など収納方法を工夫したりすることで、部屋の収納力もかなりアップするのではないだろうか。収納スペースがなくても使いやすい部屋作りにチャレンジしよう。
  • 更新日:

    2022年1月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧