このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
電子レンジ

電子レンジの収納アイデア4選!棚やラックの選び方と注意点も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年2月12日

電子レンジは大きいのでスペースを取りやすく、置き場所に悩みがちだ。また電子レンジが見えるとキッチンに生活感が出やすいため、おしゃれなインテリアになじむ収納方法をお考えの方もいるだろう。そこでこの記事では、電子レンジをすっきり収納する4つのアイデアを紹介する。あわせて棚・ラックの選び方や、電子レンジを収納するにあたっての注意点も解説しよう。

  

1. 電子レンジの収納アイデア

電子レンジ
まずは、電子レンジをキレイに収納するおすすめのアイデアから紹介する。炊飯器やトースターなどと一緒に置く方法をはじめ、隠して収納する方法、棚やラックを活かした方法など、さまざまなアイデアをピックアップした。

キッチンボードに炊飯器などと一緒に収納

キッチンボードとは、食器・調理器具・キッチン家電などをまとめて収納できる棚を指す。電子レンジは炊飯器などほかのキッチン家電と一緒に、このキッチンボードに収納するとすっきり見えやすい。調理に使うものが1箇所にそろっていることで、キッチン内をあちこち移動する手間も省ける。電子レンジを置ける平たいスペースがついたキッチンボードを選び、食器や家電などをまとめよう。

扉付きの棚に隠す収納

キッチンの生活感をできるだけ抑えたい場合は、扉付きの棚に隠す方法が適している。普段は中に電子レンジを収納しておき、使うときだけオープンにすると見映えがよい。電子レンジのほかストック用の食品などもまとめて隠すことで、キッチンをおしゃれに見せられるだろう。

ステンレスラックやスチールラックに収納

シンプルですっきりとした構造のステンレスラックやスチールラックに収納すると、圧迫感が少ないため空間が広く見えやすい。電子レンジだけでなく食器やストック品などもひとまとめに収納でき、置くものの大きさに合わせて配置をアレンジしやすいのがメリットだ。

背面カウンターに収納

キッチンの背面にカウンターがある場合は、電子レンジをそこに置くと便利だ。オープンな場所に置くことでいつでも使いやすく、作業が効率化できる。まわりには炊飯器・トースター・ケトルなど、よく使う家電を置くと使い勝手がよい。

2. 電子レンジを収納するにあたっての注意点

電子レンジ
電子レンジの置き場所はどこでもよいわけではない。電子レンジを収納するにあたっての注意点をまとめたので、置き場所を検討する際の参考にしてほしい。

放熱スペースを確保する

電子レンジからは熱が放出されるので、まわりに放熱スペースを確保することが大切だ。放熱スペースがなく周囲のものと極端に隣接していると、周囲のものが溶けたり発火したりする危険がある。製品によって異なるが、一般的に左右には5cm、上と背面には10cm程度のスペースを空けておこう。

床への直置きはしない

電子レンジは床へ直置きしてはいけない。電子レンジの底は熱を持ちやすく、床が熱の影響で変色するおそれがあるためだ。キッチンが狭く、電子レンジを収納できるスペースがあまりない場合でも、きちんとラックなどの上に置くようにしよう。

水平な場所に置く

電子レンジを斜めの場所に収納すると落下・転倒の危険性があり、ケガや感電につながるおそれがある。電子レンジは水平な場所に置き、常に安定した状態で収納するのが鉄則だ。

使いやすい高さに置く

快適に調理するためには、電子レンジを使いやすい高さに置くことも重要だ。置き場所が高すぎたり低すぎたりすると、電子レンジを開け閉めするたびにストレスになってしまう。棚に収納する場合は適度な高さの場所を選び、スムーズに使えるようにしよう。

冷蔵庫の天板に置くなら耐熱温度は要確認

電子レンジを冷蔵庫の天板の上に直置きする場合、天板の耐熱温度を確認しよう。最近の冷蔵庫であれば、天板に電子レンジを置けるよう耐熱仕様になっているものが多い。しかし古いものや海外製の冷蔵庫は、天板に電子レンジを置けない場合がある。

アース線は確実に接続する

電子レンジにはアース線がついていることが多い。アース線には、電子レンジが故障・漏電した際に感電するのを防ぐ役割がある。コンセントのアース端子にアース線を確実につなぎ、万が一の際の事故を防止しよう。

3. 電子レンジの収納棚やラックを選ぶときのポイント

電子レンジ
キッチンに背面カウンターやキッチンボードがない場合、電子レンジは棚やラックに収納するのがおすすめだ。電子レンジの収納棚やラックを選ぶときのポイントを紹介するので、ご家庭の電子レンジに合ったものを探す参考にしてほしい。

耐荷重

炊飯器やトースターなどほかのキッチン家電も一緒に置きたい場合はとくに、収納棚の耐荷重を意識しよう。電子レンジの重量は一般的に15kg前後で、中には30kg以上の重いものもある。家電類が耐荷重を超えて置けないという事態にならないためにも、事前にしっかり確認したい。

設置スペース

キッチンの設置スペースにちょうどよいサイズの収納棚を選ぶことも重要だ。幅・高さ・奥行きはもちろん、電子レンジを収納棚のどこに置くか考え、扉をスムーズに開閉しやすいかなどをチェックしよう。

放熱スペース

上でも紹介したように、電子レンジには放熱スペースが必要だ。左右・上・背面に十分な放熱スペースが確保できるか、放熱しやすい構造かといった点に注目するとよい。ステンレスやスチールラックであれば、側面が開いていて熱を逃がしやすい。

コンセントの位置も確認しておこう

収納棚を設置する場所の近くにコンセントがあるかどうかも確認しよう。電子レンジはコンセントのすぐ近くに置くのがおすすめだが、コンセントに線が届かない場所では、延長コードを使って接続することもできる。

4. 電子レンジの収納は使い勝手と安全性を重視しよう

キッチン
電子レンジを収納するポイントは、使い勝手と安全性を重視することだ。調理中に使いやすい位置にあるか、まわりに放熱スペースが確保できているか、水平で安定感のある場所に置けているかなど、紹介した注意点を押さえて収納場所を決めよう。

結論

電子レンジの収納場所選びには、利便性とインテリア性のどちらを重視するか決めるのもポイントとなる。利便性を重視する場合は背面カウンターやキッチンボード、収納棚に置くのがよい。またキッチンの生活感を隠すには、電子レンジを扉付きの棚に収納するのがおすすめだ。使いやすい収納にしつつ、キッチンがすっきり見えるよう工夫したい。
  • 更新日:

    2022年2月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧