このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
工具

電動工具の収納方法!保管スペースを自作するDIYアイデアを紹介

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2022年4月16日

DIYを趣味にする方にとって、電動工具はいつのまにか増えてしまうアイテムではないだろうか。電動工具の収納スペースを確保するのが大変だという方も多いだろう。そこで今回は、電動工具の収納アイデアを紹介する。また、電動工具を収納する際の注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてもらいたい。

  

1. 電動工具を収納する際の注意点

工具
電動工具を使い終わったあと、そのままにしておくのはおすすめしない。もちろん次に使うときに使いやすいように収納することもポイントになるが、電動工具ならではの理由もある。電動工具を適切に収納すれば、長持ちさせたり、思わぬ事故を防いだりすることも可能だ。

満充電にして保管する

電動工具が充電式の場合、一般的にリチウムイオンバッテリーが使われている。リチウムイオンバッテリーは、携帯電話やパソコンなどの身近な電子機器にも使われている電池だ。しかしリチウムイオンバッテリーは、空っぽの状態になってしまうと充電池自体が劣化してしまう。電動工具を収納している間にも少しずつ放電しているので、放電しすぎにならないように満タン充電してから保管するようにしよう。
また逆にニカド電池の場合には、使い切ってから収納した方が長持ちする。電動工具の収納には、ふたつの電池の違いにも注意しよう。

コードを引っ掛けない

電動工具を壁などに収納する場合、コードを引っ掛けて収納しているところをよく見かける。しかしこの収納方法では、吊るすときにコード部分に大きな負荷がかかってしまうためコードの破損につながる。電動工具を引っ掛けて収納するときには、本体で支えるようにしよう。

直射日光や高温多湿を避ける

電動工具は電子機器だ。最近は制御機能などで複雑な回路が組み込まれた電動工具も多く、非常にデリケートになっている。高温多湿の環境に対しては、金属部分が錆びてしまうなどのトラブルも発生している。
収納場所が直射日光や高温多湿の環境では、電動工具の不具合の原因ともなるので、風通しのよい日陰を選ぶようにしよう。

刃が当たらないようにする

電動工具には刃が付いているものが多く危険だ。収納するときには、うっかり刃でケガをしないように注意しよう。また電動工具の刃は意外とデリケートだ。想定外の方向から力が加えられると歪んでしまうこともある。
電動工具は、刃が生命線だ。安全面と機能の面からも収納中に刃が何かに当たるなどで損なわれてはならない。

作業場に保管しない

すぐにまた使うからといって作業場にむき出しで保管しておくのはおすすめしない。そのままにしておくと、なんらかの拍子で電動工具を落としてしまう危険性がある。専用のケースや専用の場所に収納することで、落下による刃のゆがみや廃物の挟み込みなどを防ぐことが可能だ。

2. 電動工具の収納アイデア実例

工具
電動工具を収納するために、わざわざ専用に収納箱や棚を購入する必要はない。ホームセンターで手に入る材料で使い勝手がよく、スタイリッシュな収納が可能となるアイデアを紹介しよう。

すのこを利用

DIYの定番である「すのこ」を活用した電動工具の収納アイデアだ。たとえば、すのこを壁に設置するだけで、電動工具の吊り下げ収納が可能となる。すのこは簡単に塗装することもできるので、シックなカラーに仕上げれば、カラフルな電動工具も落ち着いて見えるだろう。すのこは木製なので、フックや釘を使って好きな位置に収納することも簡単だ。

有孔ボードを活用

有孔ボードを壁一面に設置すれば、まるでホームセンターのディスプレイのような「見せる収納」ができる。電動工具はひとつひとつが重いので、壁にしっかりと固定することがポイントだ。
壁の強度が頼りない場合は、ディアウォールを利用しよう。2×4の角材を突っ張り棒の替わりにしてディアウォールで有孔ボードを張れば、賃貸物件でも収納スペースを簡単に作ることができる。

壁面収納棚をDIY

ラブリコを活用して壁面収納棚をDIYするアイデアだ。ディアウォールと同じく、ラブリコも2×4材を使って突っ張り棒のように設置すれば、柱のようになる。2本の柱を設置し、棚板を渡せば壁面収納棚の完成だ。作業場の壁などに収納棚を設置して電動工具をレイアウトすれば、すぐに必要な電動工具を見つけることができるうえ、見た目もスッキリしてインテリアとしても魅力的だ。

押入れに収納スペースを自作

押入れの中を使うことで、広いスペースを電動工具の収納場所として活用することができる。DIYで棚を作ったり、有孔ボードを使って押し入れを壁面収納に変えたりすることも可能だ。使いやすい収納スペースとして電動工具だけでなく、DIYツールも一緒に整理整頓するとよいだろう。

結論

電動工具の収納で注意しなけらばならないポイントには、使用後は満充電にすること、コードに気を付けること、直射日光・高温多湿を避けることなどがある。電動工具の収納スペースをDIYするときには、すのこや有孔ボードなど手軽にホームセンターで手に入るものを活用しよう。
  • 更新日:

    2022年4月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧