このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗濯機を捨てる

洗濯機の正しい捨て方とは?処分方法やリサイクル料金について解説

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2022年4月11日

洗濯機が故障したり、新しく買い替えたりする場合、不要になった洗濯機をどのよう処分すべきかご存じだろうか。洗濯機は、家電リサイクル法の対象でもあるため、適切な捨て方が求められる。今回は、不要になった洗濯機の正しい捨て方と具体的な処分方法、リサイクル料金について解説しよう。

  

1. 洗濯機は家電リサイクル法の対象

捨てられた洗濯機
洗濯機は、家電リサイクル法の対象である。こちらでは、家電リサイクル法と処分するときにかかるリサイクル料金について解説しよう。

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法は、事務所や一般家庭からごみとして排出された家電製品の中から、有用な材料や部品をリサイクルするための法律である。この法律は、資源の有効利用を推進し、廃棄物を減量することを目的としている。現在この法律の対象となる家電は、エアコン、テレビ(液晶・プラズマ、ブラウン管)、冷凍庫・冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機の4品目になる。

リサイクルにかかる料金

洗濯機を処分するときに必要な費用は、リサイクル料金と収集運搬料金だ。リサイクル料金は、洗濯機の製造メーカーごとに異なり、収集運搬料金は小売業者ごとに違いがある。そのため、リサイクル料金は一般財団法人家電製品協会のホームページにある、再商品化等料金一覧を利用して確認するとよいだろう。収集運搬料金は、依頼する前に小売業者に直接確認することをおすすめする。

2. 洗濯機の処分を自治体に依頼する捨て方

捨てられた洗濯機
まず、洗濯機の処分を自治体に依頼する捨て方から解説しよう。

自治体の回収サービスを利用する

東京都の場合

東京都での洗濯機の捨て方は、事前にリサイクル料金を支払って、18か所の指定引取場所のいずれかに直接持ち込む方法だ。また、不要になった洗濯機を購入した店舗や新たに洗濯機を購入する店に、引き取りを依頼することもできる。

横浜市の場合

横浜市の場合は、不要になった洗濯機を購入した店舗や新たに洗濯機を購入する店に、引き取りを依頼する捨て方がある。洗濯機を購入した店舗が不明な場合は、横浜家電リサイクル推進協議会に申し込むことで処分することができる。

札幌市の場合

札幌市では、不要になった洗濯機の収集は受け付けていない。そのため、販売店やメーカーに引き取りを依頼したり、指定場所に直接持ち込んだりする捨て方になる。いずれの場合も事前にリサイクル料金を支払い、収集を依頼する場合は収集運搬料金の負担も必要だ。

福岡市の場合

福岡市での不要な洗濯機の捨て方は、買い換える場合と処分のみで方法が異なる。新しく買い替える場合は、小売店に引き取りを依頼し、処分のみでは回収協力店に収集を事前に依頼する必要がある。

指定引取場所に持ち込む

個人で不要な洗濯機を運搬できる場合は、各自治体の指定取引場所に直接持ち込む捨て方も可能だ。しかし、持ち込む場合でも事前にリサイクル料金の支払いを済ませる必要がある点に注意してほしい。

3. 洗濯機の処分を自治体に依頼しない捨て方

洗濯機
最後に、洗濯機の処分を自治体に依頼しない捨て方について解説しよう。

不用品回収業者に依頼する

不要になった洗濯機は、不用品回収業者に依頼する捨て方もある。費用はかかるが、自宅まで不要になった洗濯機を収集に来てもらえる。日時の指定も可能なため、できる限り短期間で手間なく処分したい場合におすすめだ。

悪徳業者に要注意

不用品回収業者の中には「無料で回収可能」などと謳う業者もあるが、不法投棄や多額請求などのトラブルに巻き込まれる危険性もある。そのため、不用品回収業者に依頼する場合は、一般廃棄物処理業の許可を取得しているかどうかを、パンフレットやホームページ、見積書などで十分に確認することが大切だ。

家電量販店に依頼する

洗濯機の新規購入先や不要になった洗濯機の購入元の家電量販店には、回収義務が発生する。そのため、リサイクル料金と収集運搬料金の負担は必要になるが、家電量販店に回収を依頼する捨て方も可能だ。

フリマやオークションに出品する

不要な洗濯機をフリマやオークションに出品することで処分する方法もある。需要が高い家電製品であるため、状態の良いものでは思わぬ価格で売ることができる場合もあるが、買い手がつくまでに時間を要することも多い。また、配送や買い手とのやりとりにも手間を要することを理解しておこう。

リサイクルショップに売る

出費をおさえて不要になった冷蔵庫を処分したい場合は、リサイクルショップに売る捨て方もある。製造年から長期間経過しているものや、状態の悪いものは買い取ってもらうことができない場合もある点に注意が必要だ。買い取ってもらえる場合は、自宅で査定や買取り、回収を手早く済ませてもらうことができる。

結論

今回は、不要になった洗濯機の正しい捨て方と具体的な処分方法の種類、リサイクル料金について詳しく解説した。洗濯機は、家電リサイクル法の対象でもあるため、適切な捨て方が求められる。当記事を参考に、不要になった洗濯機の最適な捨て方を各ご家庭で検討してほしい。
  • 更新日:

    2022年4月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧