このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
歯ブラシ

歯ブラシの収納アイデア | 衛生的に保管するコツやアイテムを紹介

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2022年4月27日

毎日使う歯ブラシだが、洗面台に無造作に置いているという方も多いのではないだろうか。洗面台はスキンケアや化粧品など、とかくゴチャゴチャしがちな場所だ。歯ブラシを上手に収納できれば、スッキリする。さらに、衛生面にも注意して清潔な状態で収納したい。ここでは、歯ブラシの収納のコツやアイデアを紹介しよう。

  

1. 歯ブラシを衛生的に収納するコツ

歯ブラシ
歯ブラシには「虫歯菌」「歯周病菌」といった細菌をはじめ、汚れがこびりついている。歯ブラシを衛生的に収納するためには、細菌をできるだけ増やさない環境にすることだ。

風通しを良くする

細菌はジメジメした場所で爆発的に増殖する。歯ブラシは細菌にとって絶好のすみかといえるのだ。歯磨きが終わったら歯ブラシをよく水洗いして、しっかりと乾燥させることが大切だ。収納場所は湿気の多いところを避け、風通しの良い場所にしよう。

歯ブラシ同士が触れないようにする

ひとつのコップに複数の人の歯ブラシが収納されているというのは、日常によくみられる光景だ。ところが、歯ブラシ同士が接触することで「虫歯菌」や「歯周病菌」が移ってしまうリスクがある。歯ブラシを収納する場合には、歯ブラシ同士が接触しないような工夫が必要だ。

キャップは乾燥させてから装着する

職場などでランチのあとに歯を磨く習慣の方も多いだろう。歯ブラシが汚れないようにキャップを使っている場合、ぬれた状態で歯ブラシにキャップをすると、細菌が繁殖しやすい環境になる。ティッシュなどでしっかりと水分を取ってからキャップをするようにしよう。

2. 歯ブラシの基本的な収納方法

歯ブラシ
歯ブラシの収納方法には、大きく分けて「立てる」「吊るす」「隠す」の3つがある。それぞれ詳しくみていこう。

立てる収納

最も一般的な歯ブラシの収納方法だ。歯ブラシスタンドを置くだけなので、歯ブラシの出し入れも簡単だ。洗面台まわりに、スタンドを置くだけのスペースの余裕のある方にはおススメの収納方法といえる。
立てる収納で注意したいのは、通気性とこまめな掃除。通気性の悪い素材だと、どうしてもヌメリやカビが発生するリスクが高くなる。

吊るす収納

吊るして収納するタイプは、水はけがよいため雑菌の繁殖を防ぎ、衛生的に収納できる。また、洗面台まわりが狭い場合でも、吊るすことでスペースを有効利用できる。
吊るす収納で注意したいのは、歯ブラシから落ちる水滴だ。水滴が落ちてもこまめにふける場所や通気性の良い場所を選ぶようにしよう。

隠す収納

家族が多い場合、歯ブラシの色や大きさがまちまちで、見た目もゴチャゴチャしてしまう。そのようなときには隠す収納を考えよう。家族分の歯ブラシをケースやボックスに入れて、棚や扉などの中にしまえば、洗面台もスッキリと片付く。
隠す収納で注意したいのは、通気性だ。歯ブラシを使ったあとは水気を取ってからケースに入れるように心がけよう。また、ケースの底にヌメリやカビなどが生えないようにこまめなお手入れが必要だ。

3. 歯ブラシの収納アイデア | 100均

歯ブラシ
100均のアイテムを使った歯ブラシの収納アイデアを紹介しよう。

100均アイテムを使った歯ブラシ収納

突っ張り棒を利用して

洗面台には、三面鏡でその裏が収納棚になっているタイプのものがある。その収納棚に100均の突っ張り棒を設置する。突っ張り棒にS字フックを取り付け、歯ブラシを収納。ワイヤークリップを取り付ければ、歯ブラシだけでなく歯磨き粉などのチューブも収納できる。

シンプルな歯ブラシスタンドで

100均で売られているシンプルな歯ブラシスタンド。ひとり1個ずつ使って、歯ブラシ同士が接触しないように収納できる。使ったあとの水滴が気になる場合には、同じく、100均の珪藻土のコースターを敷くと水切れが良くなって清潔さを保てる。

4. 歯ブラシの収納アイデア | ニトリ

歯ブラシ
ニトリにも、お手軽価格で機能的な歯ブラシ収納がある。人気の商品などを紹介しよう。

ニトリアイテムを使った歯ブラシ収納

ニトリの珪藻土ブラシスタンド

使ってすぐの歯ブラシは、水滴などがこぼれることがある。いちいち水分を拭き取るのは面倒だと感じる場合は、珪藻土の歯ブラシスタンドがおススメだ。お手軽価格なので、家族分のスタンドを購入してもそれほど痛手にはならないのではないだろうか。

浮かせる収納「歯ブラシ&チューブホルダー」

歯ブラシは浮かせて収納することで、清潔を保つことができる。ニトリの「歯ブラシ&チューブホルダー」は、シールでどこでも簡単に取り付けることができる。普通のシールよりも粘着部分が大きく、しっかりと歯ブラシをホールドしてくれる。歯ブラシ同士が接触せず、掃除も楽だ。シールははがしたときに跡が残らないのもうれしい。

5. 歯ブラシの収納アイデア | DIY

歯ブラシ
市販の歯ブラシ収納アイテムもいいが、DIYで簡単にジャストフィットの歯ブラシ収納を作ることもできる。ぜひチャレンジしてみよう。

歯ブラシ収納のDIYアイデア

木箱と有孔ボードで

適当な大きさの木箱を見つけたら、洗面所の壁面に設置して歯ブラシ収納にしよう。木箱の中には、歯ブラシホルダーを取り付け、さらに扉として有孔ボードを蝶番で固定する。有孔ボードにすることで、通気性が良くなる。扉を閉めれば、スッキリした洗面台になる。

木材と画びょうで

木材に画びょうを付けただけのDIYだ。2つの画びょうに歯ブラシが引っかかるようにすきまを調整。子ども用や大人用、ヘッドにもいろいろな大きさがあるが、これなら大きさが違っていても微調整ができる。歯ブラシだけでなく、歯磨き粉も吊るせるので、歯磨きセットを一式まとめることも可能だ。

結論

歯ブラシには、立てる収納、吊るす収納、隠す収納がある。それぞれ洗面台の状況に合わせて収納方法を決めよう。収納するときの注意点は、風通しを良くし、歯ブラシ同士がくっつかないようにすることだ。キャップを使っている場合は、乾かしてからかぶせるように注意しよう。歯ブラシは毎日使うものだからこそ、衛生的で出し入れがしやすい収納を意識することが大切だ。
  • 更新日:

    2022年4月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧