このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗面台周り

スキンケアの収納アイデア | 大量の化粧品がスッキリ片付く方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年4月 2日

スキンケアは、毎日の大切なルーティンだ。ボトル型やチューブ型など、形状や大きさがさまざまなスキンケアアイテムは、一緒に収納するとどうしてもゴチャゴチャして、出し入れしにくくなる。そこで今回は、スキンケアアイテムの収納方法について、100均やニトリの商品を中心にアイデアを紹介しよう。

  

1. スキンケア収納のコツ

スキンケアグッズ
スキンケア収納を考える前に、いくつかコツがあるので、まずはできる限り実行しておこう。

必要なものだけにする

スキンケアアイテムは定番のものから新商品、あるいは試供品など、放っておくとどんどん増えていくものだ。途中で使わなくなってしまったスキンケアアイテムや、いつか使おうと思ってしまってあった試供品などは思い切って処分すると、スキンケア収納もやりやすくなる。

種類や頻度で仕分けする

どうしてもスキンケアアイテムが大量になってしまうという方は、種類や使う頻度で仕分けるといい。毎日使う定番のスキンケアアイテムは手に取りやすい場所に収納しよう。使う頻度が少ないものは引き出しなど、見えない場所に収納しておくとスッキリする。

収納アイテムを活用する

スキンケアアイテムといっても、いろいろな種類があるので、種類ごとに仕分けした収納アイテムを活用すると便利だ。まず、自分が収納したいスキンケアアイテムの数と種類を把握してから、それに見合うサイズの収納アイテムを購入しよう。

2. スキンケアのおすすめ収納場所

スキンケア収納
スキンケア収納の場所は、洗面所だけではない。いろいろな場所での収納アイデアを紹介しよう。

リビング

リビングでくつろぎながら、じっくりスキンケアをしたいという方も多いだろう。リビングでスキンケア収納をする場合には、場所を一カ所に決めておくことだ。インテリアの一部として飾ってみてもいい。
ワゴンなどにスキンケアアイテムやメイク道具を収納しておいて可動式にすれば、リビングの好きな場所でスキンケアができる。

洗面所

洗面所で顔を洗ったあと、すぐにスキンケアしたい方は洗面所がおすすめだ。スキンケア収納には、ボトルなどを立てて置ける鏡裏の収納スペースを利用すると、場所を取らない。そのほかにも引き出しなどを利用して、隠す収納で洗面所をスッキリさせよう。

引き出し

大小さまざまなスキンケアアイテムは、出しっぱなしだとどうしてもゴチャゴチャして見えてしまう。そのため、できれば引き出しへ収納するのがおすすめだ。種類ごと、大きさごとに区分けできるボックスを使って収納しよう。使う頻度が高いスキンケアアイテムを前に置いておくと、取り出しやすく便利だ。

3. スキンケア収納のアイデア実例 | 100均

スキンケアグッズをカゴに収納
スキンケアアイテムの収納なら、100均がおすすめだ。アイデア次第で、使い勝手のいい収納ができる。

100均アイテムを使ったスキンケア収納

おしゃれなソフトバスケットでスキンケアを収納

シンプルなデザインとカラーで人気の100均のソフトバスケット。手触りが柔らかく角がないのが特徴だ。丸洗いできるので、乳液などがこぼれても安心。ボトルタイプや、チューブタイプのスキンケアアイテムを立てて収納できるので、取り出しやすい。

仕切りタイプボックスでボトルも倒れない

スキンケアアイテムは、化粧水や乳液、美容液などボトルタイプのものが多い。そのままケースに収納するとすぐに倒れてしまうという悩みを持っている方も多いだろう。そこで、おすすめなのが100均の仕切りタイプのボックスだ。深さのある6つに仕切られたスペースは、スキンケアアイテムを立てて収納するのにピッタリだ。

「メールBOX L」と「プチポケット2個」を組み合わせて

セリアやキャンドゥで販売されている収納シリーズ「デスクラボ」を活用した収納アイデアだ。「メールBOX」1個と「プチポケット」2個を活用してスキンケア収納してみよう。
まずは、メールBOXの前の部分にプチポケットを取り付ける。メールBOXには化粧水などのボトルを、プチポケットにはリップクリームなどの小さなスキンケアアイテムを入れよう。プチポケットは可動式の仕切り板がついているので、立てて収納することも可能だ。

4. スキンケア収納のアイデア実例 | ニトリ

スキンケアグッズ
ニトリの商品は、どれもシンプルで使い勝手のいいものばかりだ。スキンケアアイテムがスッキリと収まるおすすめ収納アイテムを紹介しよう。

Nブラン 重ねても使える冷蔵庫トレー

500mlのペットボトルを冷蔵庫で冷やすためのアイテムだ。幅10cmで深型なので、中に入れたものが倒れにくい。ここにスキンケアアイテムを収納してみよう。とくに夏場など、化粧水や美容液を冷蔵庫に入れて冷やしておけば、火照った肌に心地よく、収れん効果も期待できる。出し入れしやすい取っ手が付いているのもうれしい。

5. スキンケア収納のアイデア実例 | DIY

diy用品
市販の収納アイテムもいいが、スペースや使い勝手に合わせてDIYするのも楽しい。材料費が安く済む100均で作るスキンケア収納のアイデアを紹介しよう。

スキンケア収納アイテムのDIYアイデア

すのことカッティングボードで移動式スキンケア収納

持ち手の付いた収納ケースをDIYしてみよう。これなら洗面台だけでなく、リビングやベッドルームでもスキンケアすることができる。
用意するものは「ミニ桐すのこ」と「カッティングボード」。それらを箱状になるよう組み立てるだけだ。塗装する場合には、ペンキとハケが必要になる。そのほか持ち手となるパーツや飾りパーツも用意しておこう。すべてボンドで組み立てられるので、DIY初心者でも簡単に作ることができる。

結論

スキンケアアイテムを収納するときのコツは、できるだけ必要なものだけにして、種類や頻度で仕分けることだ。収納場所によっても、インテリアの一部として見せる収納、引き出しに隠す収納など方法はいろいろだ。100均やニトリなどのアイテムを上手に使って、使い勝手のいいスキンケア収納にしよう。
  • 更新日:

    2022年4月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧