このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
換気システム

24時間換気システムは掃除すべき!外し方や掃除のやり方などを解説

投稿者:ライター 西村七海 (にしむらななみ)

鉛筆アイコン 2022年5月15日

室内の空気を排気して外気を取り込む、24時間換気システム。掃除方法が分からず放置する家庭もあるのではないだろうか。しかしホコリや汚れがたまるため、掃除は行いたい。当記事で解説する24時間換気システムの外し方や掃除方法を参考に、キレイな状態をキープしよう。

  

1. 24時間換気システムの掃除方法

換気システム
24時間換気システムは主に、吸気口、排気口、フィルターの3つからできている。それぞれに掃除方法を解説していく。

吸気口と排気口

  • 24時間換気システムの電源を切る
  • カバーを取り外す
  • フィルターを取り外す
  • 吸気口、排気口のホコリを掃除機で吸い取る
  • 割り箸にペーパータオルを巻きつけ、細かいホコリを取る
  • フィルターを戻してカバーを取り付ける

フィルター

  • 掃除機でフィルターのホコリを吸い取る
  • シャワーで水洗いする
  • 頑固な汚れには中性洗剤を使い、歯ブラシなどでこする
  • ペーパータオルにはさんで水気を取る
  • 陰干しで乾燥させる
フィルターには、水洗いできるタイプとできないタイプがある。説明書で事前に確認しておくのが望ましい。水洗いできないフィルターは、掃除機でホコリや汚れなどを吸い取れば完了だ。

本体

  • 24時間換気システムの電源を切る
  • 本体のカバーを取り外す
  • ファンを取り外す
  • 掃除機やブラシで、ファンに付着したホコリやゴミなどを吸い取る
  • 水洗いした場合はしっかりと拭き取ってから元に戻す
24時間換気システムの換気装置本体は、天井や壁、屋根裏、床下などに設置されている。住宅によって異なるため、設置場所が分からないときは、建築会社または管理会社に確認するとよい。ファンにもフィルターと同様に水洗いができないタイプもある。説明書で確認をしてから作業を行おう。

2. そもそも24時間換気システムとは?

換気システム
24時間換気システムの掃除方法を解説するが、そもそもどういった設備なのか、疑問をお持ちの人もいるだろう。ここでは、24時間換気システムについて解説する。

24時間換気システムとは

24時間換気を行うことで、家の空気を清潔に保つためのシステム。換気は機械制御によって行われる。窓を開けていない状態でも、室内の汚れた空気を排出して外気を取り入れるシステムだ。
建築技術の向上に伴い、マンションのような高気密断熱住宅が増えている近年。問題になったのが、建材に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質を原因とする、シックハウス症候群やアレルギー被害だ。そこで建築に関する法改正が行われ、2003年以降に建てられている住宅には24時間換気システムの設置が義務化された。つまり24時間換気システムは、現代の住宅で快適かつ健康的に暮らすために欠かせない設備だ。

24時間換気システムの役割

空気中の有害物質を排出する

室内にはホコリや花粉、PM2.5、黄砂などのさまざまな汚れがたまり、空気中にただよっている。24時間換気システムは、これらの有害な物質を含む空気を屋外へと排出し、キレイな空気を取り込む。

シックハウス症候群を予防する

上述のとおり、24時間換気システムの設置が義務化された理由のひとつがシックハウス症候群だ。高気密の住宅内で換気を行わずに過ごすと、微量であっても家具や家電などから出る化学物質によって健康に影響が出るおそれがある。24時間換気システムは、シックハウス症候群の予防にも重要な役割を果たしている。

3. 24時間換気システムの掃除の重要性と頻度

換気システム
24時間換気システムは、小さな設備のためあまり目につかず、掃除を怠ってしまうケースがある。しかし、24時間換気システムの掃除は欠かせない作業だ。

24時間換気システムを掃除した方がよい理由

24時間換気システムに付着するホコリや汚れを放置すると、汚れた空気が室内に放出されたり、換気扇が機能しなくなったりするリスクがある。吸気口や排気口、フィルターがホコリで詰まると換気の効率も低下するため、無駄な電気代がかかってしまう。フィルターの汚れ方は周辺環境や家族構成などによっても異なるが、2?3カ月程度で汚れはたまる。こまめに掃除を行うのが望ましい。交換するタイプのフィルターは、2年に1度の頻度を推奨しているメーカーが多いようである。

4. 24時間換気システムは定期的な掃除でキレイに保とう

換気システム
24時間換気システムは、室内の汚れた空気を屋外へ排出し、キレイな空気を取り込んでくれる設備。ホコリや花粉、黄砂など、有害物質を含んだ空気が充満した室内で長時間過ごすと、健康に悪影響を及ぼすおそれがある。24時間換気システムは、高気密住宅が増えた現代の生活には欠かせない重要な設備だ。ホコリや汚れがたまった状態で使い続けると、換気の効率が低下し、電気代も無駄になってしまう。定期的な掃除で、24時間換気システムをキレイに保とう。

結論

24時間換気システムは、2003年以降に建てられる住宅に設置が義務付けられている。多くの家庭のリビングや洗面所などで目にするはずだ。しかし機能や重要性を知らず、掃除をせずに放置しているケースもある。24時間換気システムを汚れたまま使い続けると、さまざまなデメリットにつながってしまう。当記事を参考に、こまめに掃除を行ってほしい。
  • 更新日:

    2022年5月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧