このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
網戸掃除

網戸の簡単な掃除方法を5パターン紹介!汚れるのを防ぐ裏ワザとは?

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年5月26日

ホコリや砂などで汚れる網戸は、定期的に掃除して清潔に保ちたい。効率よくキレイにするために、正しい方法をチェックしておこう。この記事では、網戸の掃除方法を簡単と念入りに分けて紹介する。掃除のタイミングや、汚れを防ぐ裏ワザとあわせて解説しよう。

  

1. 網戸の簡単な掃除方法3選

網戸
汚れがあまり酷くないなら、簡単な掃除方法でも十分キレイになる。効果的な3つの方法を紹介するので、ぜひチェックしてほしい。

フロアワイパー

用意するもの

  • フロアワイパー
  • フロアワイパー用シート(ウェットタイプ)
  • 掃除機もしくはホウキ

掃除方法

  • フロアワイパーの柄を収縮して短くする
  • シートをつけて網戸の内側を拭く
  • 網戸の外側を拭く
  • 外したシートでサッシなど周りの汚れを拭き取る
  • 窓の周辺のホコリや汚れを掃除機で吸い取る

新聞紙と掃除機

用意するもの

  • 新聞紙
  • セロテープ
  • 掃除機もしくはホウキ

掃除方法

  • 網戸の外側に新聞紙を貼り付ける
  • 網戸の内側から掃除機をかける
  • 内側に新聞紙を貼り替えたら外側から掃除機をかける
  • 窓の周辺のホコリや汚れを掃除機で吸い取る

ストッキングと靴下

用意するもの

  • ストッキング
  • 靴下
  • 新聞紙
  • 掃除機もしくはホウキ

用意するもの

  • 網戸の内側に新聞紙を貼り付ける
  • 靴下を丸めてストッキングの中に入れる
  • 丸めたストッキングで外側を上から下の順番で拭く
  • 新聞紙を外したら同じように内側を拭く
  • 窓の周辺のホコリや汚れを掃除機で吸い取る

2. 網戸の入念な掃除方法2選

スポンジ
汚れが酷いときは、入念な掃除で徹底的に汚れを落とそう。おすすめな2つの掃除方法をまとめた。

市販の網戸クリーナー

用意するもの

  • 掃除機
  • 網戸クリーナー
  • 雑巾

掃除方法

  • 網戸の内側から掃除機をかけてホコリを落とす
  • 網戸クリーナーを全体に吹きかけて一定時間放置する
  • 固く絞った雑巾で水拭きする
詳しい使い方や放置時間は、網戸クリーナーによって異なる。雑巾に吹きかけて使用するタイプもあるので、パッケージの説明を十分に読んでから使用してほしい。

メラミンスポンジ

用意するもの

  • メラミンスポンジ
  • バケツ
  • 雑巾
  • 掃除機もしくはホウキ
  • 効果を高めたいなら重曹水(水100mlに対して小さじ1)

掃除方法

  • メラミンスポンジをカットしたら水に濡らして絞る
  • 網戸の内側を上から下の順番で擦る
  • 外側を上から下の順番で擦る
  • 網戸を乾拭きする
  • 窓の周辺のホコリや汚れを掃除機で吸い取る
効果を高めたいなら、スプレーボトルに入れた重曹水を吹きかけるといい。10分ほど放置してから濡らしたメラミンスポンジで擦ろう。なお、メラミンスポンジは小さいため、広範囲や酷い汚れを掃除する場合は手間がかかる点に注意してほしい。

3. 網戸掃除の頻度とタイミング

網戸
網戸は汚れやすいため定期的に掃除する必要がある。掃除の頻度とタイミングを紹介しよう。

少なくとも「年2回」は掃除しておきたい

網戸掃除の頻度は年に2回が目安になる。タイミングは、網戸が汚れやすい花粉シーズンや台風シーズンのあとがおすすめだ。なお、月に1回ほどフロアワイパーや乾拭きでキレイにすれば、掃除の手間を軽減できる。
晴れた日は網戸が乾きやすくホコリが飛び散りやすいため、曇りの日を選んで掃除をするのがポイントだ。落とした汚れが舞い上がってしまうので、風が強い日の掃除も避けたほうがいいだろう。

4. 網戸が汚れるのを防ぐ裏ワザとは

スプレー
網戸の汚れは日頃からの対策で防ぐことが可能だ。2つの裏ワザを紹介するので、ぜひ実践してほしい。

柔軟剤を吹きかける

柔軟剤には静電気を抑える効果があり、ホコリや花粉の付着を予防できる。水に柔軟剤を混ぜて溶かしたあと、雑巾やスポンジに含ませて網戸の外側と内側に塗布すればOKだ。

結露防止スプレーを吹きかける

結露防止スプレーでコーティングすれば、網戸に汚れが付着しにくい。裏側から乾燥した布を当ててから、全体にまんべんなく吹き付けよう。なお、網目が詰まる可能性があるので、ワックス入り結露防止スプレーの使用は避けてほしい。

5. 網戸掃除は超簡単!半年に1回は掃除をしてキレイに保とう

網戸掃除
網戸は外さなくても簡単に掃除できる。軽度な汚れなら、フロアワイパーや新聞紙、ストッキングを使った掃除でキレイに落ちるだろう。なかなか落ちない頑固な汚れは、網戸クリーナーやメラミンスポンジで徹底的に掃除してほしい。半年に1回を目安に掃除すれば、網戸をキレイに保つことができる。

結論

網戸を効率よく掃除したいなら、アイテムを上手に使いこなすことが大事だ。簡単な掃除と入念な掃除を紹介したので、網戸の状態にあわせて適した方法を選んでほしい。年に2回を目安に、花粉シーズンや台風シーズン後のタイミングで掃除しよう。柔軟剤や結露防止スプレーを使った汚れ防止の裏ワザも紹介したので、あわせて実践してほしい。
  • 更新日:

    2022年5月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧