このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レンジフード

レンジフードのフィルター掃除!頑固な油汚れには「つけ置き」が効く

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

鉛筆アイコン 2022年5月17日

レンジフードのフィルターは汚れやすいため、定期的な掃除が必要だ。頑固な油汚れをスッキリ落とすために、正しい方法をチェックしておこう。この記事では、レンジフードのフィルターを掃除するやり方を解説する。適切な頻度や、掃除の手間を軽減する方法とあわせてまとめたので参考にしてほしい。

  

1. レンジフードのフィルターに溜まる汚れとは?

レンジフード
レンジフードのフィルターには、どのような汚れが溜まるのだろうか。効果的な洗剤とあわせて解説する。

油やホコリなど

レンジフードのフィルターが汚れる主な原因は、油やホコリだ。換気しながら調理すると、蒸発した油がフィルターに付着する。さらに空気と一緒にホコリやチリを吸い込み、ベタベタとした油にくっつく。こういった汚れが蓄積すると落としにくくなるので、早めにフィルターを掃除することが重要だ。

油汚れには「アルカリ性洗剤」が効果的

レンジフードのフィルターに付着する油汚れには、酸性の性質がある。掃除の基本は中和なので、アルカリ性の洗剤を使用すれば効率よく落とすことが可能だ。市販の洗剤と比較すると洗浄力は劣るが、同じくアルカリ性である重曹やセスキ炭酸ソーダを活用してもいいだろう。

2. レンジフードのフィルター掃除をする前の準備

レンジフード
レンジフードのフィルター掃除に必要な準備を紹介する。スムーズに作業するために、事前に整えておくといい。

電源プラグを抜く(ブレーカーを落とす)

電源が入る状態でフィルター掃除をすると、誤作動や感電が心配だ。電源プラグの位置はレンジフードの説明書で確認できるが、見つからない場合はブレーカーを落とそう。

キッチンまわりを養生する

フィルター掃除をするときは、汚れが飛び散ってまわりに付着しないように養生したほうがいい。ガスコンロの上に新聞紙を敷き、壁にも養生テープを使って貼り付けよう。あとは床にはビニールシートを敷いて、滑らないよう養生テープで固定すればOKだ。

フィルターを取り外す

フィルターの外し方は種類によって異なるので、説明書で確認しておこう。レンジフードが深い「深型レンジフード」の場合は、フィルターの手前にある取っ手を持って上にズラせば取り外せる。浅い「浅型レンジフード」では、固定しているネジをゆるめて外してほしい。
下部が板でおおわれた「整流板付レンジフード」なら、まず固定方法をチェックしよう。ネジをゆるめるか、左右の固定ストッパーを押し上げて整流板を外してほしい。それから手前についた持ち手を上にズラして、フィルターを取り外そう。

3. レンジフードのフィルター掃除方法

フィルターの掃除
レンジフードから取り外したフィルター掃除の方法を解説していく。セスキやアルカリ性洗剤を使用する方法と、重曹でつけ置きする方法に分けて紹介する。

セスキや市販のアルカリ性洗剤で洗う場合

  • 広げた新聞紙の上にフィルターを置く
  • セスキ炭酸ソーダ(スプレータイプ)かアルカリ性洗剤を吹きかける
  • 30分ほど放置する
  • 雑巾で水拭きして汚れを落とす
  • 水拭きを繰り返して洗剤が落ちたのを確認したら乾拭きをする
洗剤を拭くときはゴム手袋をしてからにしよう。放置時間や注意点は洗剤によって異なることがあるので、使用方法を確認しておくと安心だ。雑巾だけで汚れが落ちない場合は、古い歯ブラシを使って掃除してほしい。

重曹を溶かしてつけ置き洗いをする場合

  • 大きめの鍋にお湯を沸かす
  • 水1Lに大さじ5杯の分量で少しずつ重曹を入れて溶かす
  • 火から鍋を下ろしたら火傷しない温度まで冷ます
  • ゴミ袋(40L)にフィルターを入れる
  • ゴミ袋の中に重曹水をそそいで口を閉じる
  • 1~2時間ほどつけ置きしたらフィルターを取り出す
  • スポンジや古い歯ブラシで擦って汚れを落とす
  • フィルターをキレイにすすいだら乾燥させる
シンクや浴室など、濡れても問題ない場所でつけ置きしよう。また、大量のお湯が必要なので、用意できない場合は新聞紙の上に置いて粉末の重曹を直接ふりかけてもいい。3時間ほど放置したあとティッシュでこすり、最後にキレイにすすげばOKだ。

4. レンジフードのフィルター掃除の頻度は?

レンジフード
レンジフードのフィルター掃除は定期的に実践して、キレイを保ちたいものだ。適切な頻度の目安を確認しておこう。

1?3カ月に1回を目安に

レンジフードのフィルターを掃除する頻度は、1~3カ月に1回を目安にしよう。レンジフードをよく使用するご家庭ほど、フィルターが汚れやすい。毎日調理をするなら1カ月に1回、ほとんどしないなら3カ月に1回と考えるといいだろう。

5. レンジフードのフィルター掃除を楽にする方法

レンジフード
フィルター掃除の手間を軽減させたいなら、レンジフードに取り付ける「外付けフィルター」がおすすめだ。

「外付けフィルター」を取り付ける

外付けフィルターを取り付ければ、フィルター本体に汚れが付着しにくい。フィルター掃除の手間が軽減でき、さらにレンジフード内部が汚れにくくなる。金属やガラス繊維フィルター、不織布など種類はさまざまだ。
使い捨ての不織布タイプなら汚れたら交換すればよく、取り付けや取り外しも簡単だ。ただし、換気能力がやや落ちる、可燃性の素材だと危険といったデメリットがあるので、事前に確認しておこう。

6. レンジフードのフィルター掃除をプロの業者に頼む手もある

レンジフードの掃除
業者にレンジフードのフィルター掃除を依頼するのも、選択肢の一つだ。お金が必要になるが、フィルターからレンジフードの内部まで徹底的に汚れを除去してもらえる。掃除をする時間がないときや、どうしても汚れが落ちないときは、プロの業者への依頼を検討してほしい。

結論

レンジフードのフィルターは汚れやすく、放置すると換気効率の悪化や故障の原因になる。1?3カ月に1回の頻度で掃除することが重要だ。セスキやアルカリ性洗剤を使った方法や、重曹でつけ置き掃除する方法を紹介したので、ぜひ実践してほしい。掃除の手間を軽減したいなら、外付けフィルターを活用するのもおすすめだ。
  • 更新日:

    2022年5月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧