このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レンジ

ステンレスをレンジで使ってはいけない理由!レンジOKの商品も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年7月 7日

ステンレスの食器やボウルは電子レンジで加熱してはいけない。この記事では、ステンレスをレンジで使ってはいけない理由をわかりやすく解説する。あわせてレンジでステンレスを誤って温めてしまった場合の対処法や、ステンレス以外にレンジで使えない素材、レンジOKのステンレス製品も紹介しよう。

  

1. ステンレスをレンジで使用してはいけない理由

レンジ
ステンレスをレンジで使用してはいけない理由には、電子レンジの仕組みが関わっている。レンジは電磁波を出して食品内の水分子を振動・回転させ、起こした摩擦によって食品を温める仕組みだ。このことを念頭に置き、詳しい理由を見ていこう。

レンジの故障や発火といったリスクがある

レンジの電磁波は食品に吸収されるが、金属には水分子がないため電磁波を吸収せず反射してしまう。ステンレスなどの金属が電磁波を反射すると、電位差が生じて金属から火花が出る。それがレンジの部品にダメージを与えると、レンジが故障する場合があるので要注意だ。さらに発火・引火によって、火災などの大事故につながるおそれもある。非常に危険なので、ステンレスを含む金属をレンジで加熱するのは絶対にやめよう。

レンジはNGだがオーブンはOK

解説した通りステンレスはレンジ使用NGだが、オーブンで使うのは問題ない。オーブンは電熱線を用いて、熱によって食材を加熱する仕組みだ。そのため電磁波が反射される心配がなく、金属製の器を使ってもよい。

誤ってステンレスをレンジで使用し発火してしまったら

誤ってレンジでステンレス製品を加熱してしまった場合は、どうすればよいのだろうか。万が一発火してしまったら、扉は開けずに電源を落とすといった対処方法が適切だ。発火している状態で庫内に空気が入ると、炎が大きくなる危険性がある。電源プラグを抜き、煙や炎が収まるまで待とう。ただし鎮火しない場合は水で消火するとよい。

2. ステンレス以外にもある!レンジOKの素材とNGの素材

食器
レンジを使ってはいけない素材はステンレス以外にもある。ここではレンジ使用OKの素材と、使用NGの素材をまとめた。

レンジで使える素材

一般的にレンジで使える素材は、耐熱ガラス、耐熱プラスチック、磁器だ。耐熱加工されたクッキングシートもレンジで使用できる。

レンジで使えない素材

アルミなどの金属をはじめ、耐熱以外のガラスやプラスチック、漆器、陶器、木製のものはレンジで使えない。とくに金属製のタンブラーやマグカップ、弁当用のアルミカップはうっかり加熱してしまいがちなので注意しよう。また熱かんやぬるかんを作るときは、金属製の徳利をレンジに入れないよう気をつけたい。

3. 画期的!レンジで使えるステンレスが日本上陸

レンジ
ここまでステンレスはレンジで使えないと紹介してきたが、最近はレンジで使えるステンレス容器が発売された。その名はCuitisan(クイッティサン)。ステンレスなのになぜレンジで使えるのか、以下でチェックしよう。

レンジで使えるステンレスCuitisan(クイッティサン)とは?

Cuitisanはドイツ生まれのステンレス製調理器具シリーズだ。2019年の発売からヨーロッパ各国で人気を誇り、2021年には日本でも販売され始めた。
Cuitisanがレンジで使えるのは、通常のステンレスと異なり電磁波の影響を考慮して設計されていて、反射を低減できるためだ。電磁波で食品を直接温めるのではなく、側面のステンレス部分が温まることで内部まで熱を伝え、食品を加熱する。

Cuitisan(クイッティサン)の特徴や魅力

プラスチックの保存容器は油汚れが落ちにくい、色やニオイ移りしやすいなどのデメリットがある。しかしCuitisanはステンレス製のため色やニオイ移りを抑えられ、手入れが簡単なのがメリットだ。耐久性の高さやスタイリッシュなデザインも魅力で、オシャレな調理器具を長く使いたい方に合うだろう。

Cuitisan(クイッティサン)でできること

Cuitisanではレンジ、オーブン、トースターで使える。それによって焼く、温める、ゆでるといった使い方ができるのが便利だ。さらに-40度までの温度にも対応していて、冷凍も可能。余った料理や作り置きを冷凍保存したいときにも向いている。食器洗い乾燥機にも対応していて、片付けが楽なのもうれしい。

4. ステンレスをレンジで使う際はくれぐれもご注意

マグカップ
Cuitisanのようにレンジで使えるものを除けば、ステンレスの食器や調理器具は絶対にレンジで使ってはいけない。火花が散ることで発火するおそれがあり、火災につながるリスクもあるためだ。レンジで加熱するなら、陶磁器や耐熱ガラス、耐熱プラスチックなどの素材でできた食器や容器をチョイスしよう。

結論

身の回りには、ステンレスを使った食器や調理器具が意外とある。ステンレスは耐熱や耐冷性に優れているため、たとえばマグカップやタンブラーにはよく使われている。事故のないよう、ステンレスか疑わしいものがあればレンジで温める前に素材を確認しよう。
  • 更新日:

    2022年7月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧