このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
油性ペン

油性ペンで付いた汚れを落とす方法 | 素材別に落とし方を解説

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2022年7月11日

子どもが油性ペンで落書きしてしまった。間違えて油性ペンで書いてしまった。こんな経験は誰にでもあるだろう。消えにくいのがメリットの油性ペンだが、逆に消せないことで困ることも多い。油性ペンを落とす方法を知っておけば、いざというときに役立つかもしれない。素材別に油性ペンを落とす方法を紹介しよう。

  

1. 油性ペンの汚れが落ちにくい原因

油性ペン
そもそも油性ペンが落ちにくいのは、以下のような成分が含まれているからである。成分を知っておけば、落とす方法も見つけることができるかもしれない。

油分が配合されている

サインペンには「油性ペン」と「水性ペン」がある。油性ペンには油分、水性ペンには水分が含まれるという違いがある。油分は水と親和性がないため、洗濯しても簡単に落とすことができない。

塗料タイプの着色剤である

着色料の種類には「顔料」と「塗料」がある。油性ペンは塗料が使われている。顔料は表面に定着させるタイプだが、塗料は中まで浸み込んで色を染めるタイプだ。そのため、塗料が中まで浸み込んでしまうと、落とすのが難しくなってしまう。

樹脂や定着剤が使われている

油性ペンは落とすことを前提にしていないため、樹脂や定着剤が含まれている。樹脂は油性ペンの成分を安定させ、定着剤は定着しにくい素材にも固着できるように配合されている。

2. 油性ペンを落とす方法を素材別に解説

油性ペンがついたシャツ
油性ペンを落とすときに考えなければならないのが、素材だ。素材によって落とし方が違ってくるので、より効果的な落とし方をチョイスしよう。

プラスチックに付いた油性ペンを落とす方法

プラスチックに付いた油性ペンを落とす方法には2通りある。ひとつはエタノールや除光液などの溶剤を使って落とす方法、もうひとつは表面のインクを削り取る方法だ。
溶剤で落とす場合は、柔らかい布に溶剤を付けて丁寧に汚れを拭いていく。ただし、溶剤はプラスチックも溶かすため、白く変色する可能性がある。最小限の量で落とすことだ。削り取る場合は、消しゴム、研磨剤を使う。削りすぎると傷が付いてしまうので注意しよう。

机に付いた油性ペンを落とす方法

木の机に付いた油性ペンを落とす場合は、エタノールを使う。エタノールを布に含ませてゴシゴシと机の油性ペンを擦って落とす。油性ペンを落とした後は、中性洗剤で拭き取れば油汚れもキレイに取れる。

服に付いた油性ペンを落とす方法

服に付いた油性ペンを落とす場合は、除光液やクレンジングオイルを使う。ただし、色物の服は色落ちしてしまう危険性があるので、事前に目立たないところで試してみた方がいい。
やり方は、まず油性ペンが付いた部分の裏側にあて布をする。除光液やクレンジングオイルを少々垂らし、ほかの布でトントンとやさしく叩いてあて布に汚れを移していく。この作業を何度か繰り返す。

肌に付いた油性ペンを落とす方法

肌はターンオーバーによって表面の角質が落ちていくので、時間がたてば油性ペンも薄くなっていく。すぐにでも落としたいという場合には、乳化剤を含んだクレンジングオイルや日焼け止めクリームなどを使って油性ペンを溶かして落とす。

革製品に付いた油性ペンを落とす方法

合皮のソファやバッグに付いた油性ペンを落とす場合は、エタノールを使う。ただし、合皮の色も一緒に落としてしまうことがあるので、まずは目立たない場所で試してから始めよう。
やり方は、まずエタノールで軽く汚れを落としたら、クリームクレンザーを塗って円を描くようにして布で擦る。さらに、塩素系漂白剤を浸み込ませた綿棒で油性ペンの跡をなぞるように塗っていく。最後に雑巾で水拭きをしよう。
なお、本革の場合には油性ペンを落とすのが難しいので、専門のお店に任せた方がいいだろう。

壁に付いた油性ペンを落とす方法

壁に付いた油性ペンを落とす場合は、エタノールを使う。エタノールをティッシュなどに浸み込ませ、油性ペンの跡に10秒ほどあてて油分を浮かせる。つぎにメラミンスポンジなどを使って、やさしく擦って汚れを落とす。

窓ガラスに付いた油性ペンを落とす方法

窓ガラスに付いた油性ペンを落とす場合は、除光液を使う。ガラスは油性ペンが中まで浸み込むということがないため、表面を擦るだけで落とすことができる。ただし、無理をしてゴシゴシ擦るとガラスの表面に傷が付いてしまうことがある。1回で落とせなくても、何度かに分けて根気よく落とすことだ。

3. 紙に付いた油性ペンを落とす方法はある?

油性ペン
紙に油性ペンで書いた場合、基本的には落とすことは不可能だ。ただし、表紙などがツルツルにコーティングされている場合はある程度落とすことができる。
使うのはエタノールで、少量を布などに含ませて軽く擦る。ただし、コーティングも一緒に溶けてしまう可能性があるため、必要最小限にとどめておくことがポイントだ。

結論

油性ペンは、油分が含まれており塗料タイプであること、そして樹脂や定着剤が使われていることで落としにくくなっている。エタノールや除光液などを使って落とすが、素材別に適切な落とし方があるので注意しよう。また、服や革製品などのデリケートなものは、必ず目立たない場所で事前にチェックすることだ。油性ペンの汚れだからと諦めないで、試してみよう。
  • 更新日:

    2022年7月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧