このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
靴

靴を早く乾かす方法 | 雨の日や新聞紙がない場合はどうすべき?

投稿者:ライター 松岡由佳里 (まつおかゆかり)

鉛筆アイコン 2022年7月28日

急な雨で靴がずぶ濡れになったり、明日までに子どもの上履きを乾かさなければいけなかったりすると、靴を早く乾かす方法はないかと焦ることもあるだろう。そこで単に乾かすのではなく、もうひと工夫することで断然靴を早く乾かす方法を紹介しよう。短時間で靴を乾かす方法を覚えておけば、いざというときに安心だ。

  

1. 靴を早く乾かす基本的な方法

靴を乾かす
靴を早く乾かす方法では、乾かす場所の環境が大切になる。「温かい場所」「湿度の低い場所」「風通しの良い場所」を選ぶことが大切だ。

干す前に水気を切る

靴を早く乾かす方法でまずやることは「靴の水気を切る」ことだ。スエードの靴などは乾いた雑巾にくるんで、丁寧に水気を吸い取ろう。スニーカーや子どもの運動靴などの丈夫な靴なら、洗濯機の脱水にかけても良い。

新聞紙を詰める

靴を早く乾かす方法では新聞紙を活用すると良い。新聞紙は、湿気を吸収する力に優れているためだ。靴の中は、なかなか湿気が取れないので、新聞紙を軽く丸めて詰めておくだけで、かなり乾きやすくなる。

風通しの良い場所に干す

濡れてしまった靴をそのまま玄関に置いてはいけない。玄関はもともと通気性が悪く、空気がこもりやすい場所だ。晴れていれば、外に出して干した方が早く乾く。もし雨が降っていたら、新聞紙を部屋に敷いて室内に置き、換気扇で空気の流れを作ろう。

新聞紙がない場合はカイロを入れておく

外は雨で、しかも新聞紙もないときには、靴の中に使い捨てのカイロを入れるのも、靴を早く乾かす方法としておすすめだ。使い捨てカイロの場合、熱によって湿気を蒸発させるが、ときどき取り出して振らなければならないという手間がかかる。

2. 短時間で靴を早く乾かす方法

ドライヤー
前日に乾かしておいたのにも関わらず、靴が乾ききらなかった場合もあるだろう。そのようなときには、慌てず早く乾かす方法も覚えておこう。

ドライヤーで温める

ある程度の湿気であれば、ドライヤーで温めてしまうのが手っ取り早い方法だ。靴に新聞紙、あるいはキッチンペーパーを詰めて、ドライヤーの風を当てよう。このとき、早く乾くだろうと熱風を当ててしまいがちだが、変形してしまう危険性があるので、熱風は使わないことだ。

扇風機で風を当てる

靴を早く乾かす方法では扇風機を活用すると良い。扇風機で風通しの良い場所を人工的に作り出すことができるからだ。扇風機の風が当たる位置まで靴をセットできるように、台などを用意しよう。扇風機の風量を「中」にしたら、そのまま乾くまで置くだけだ。

洗濯機で脱水する

靴を早く乾かす方法では、いかに効率的に水を切るかがポイントだ。そこで強力な助っ人として、洗濯機の脱水を利用しよう。革靴やエナメル素材の靴には使えないが、スニーカーや上履きならOKだ。靴と一緒に中敷きも脱水にかけてしまおう。

コインランドリーの乾燥機を使うが

靴を早く乾かす方法で、最も信頼のおけるのがコインランドリーの乾燥機だ。最近のコインランドリーには、靴専用の乾燥機が設置されているところも多い。乾燥機の中にある棒のようなものに靴をセットするだけだ。ビショビショだった靴も完全に乾燥させることができる。いざというときのために、近所のコインランドリーをのぞいてみよう。

3. 靴の干し方を間違うとどうなるの?

靴
靴は、濡れたまま放置してしまうと、さまざまなトラブルの原因となる。靴を早く乾かす方法を使ってトラブルを回避したいところだが、トラブルの対処法も覚えておこう。

シミ・カビ・においの原因になる

革靴やスエードなどのデリケート素材の靴を濡れたままにしてしまうと「水シミ」ができて取れなくなってしまう。水シミは雨水に含まれている「不純物」が乾いて残ったものだ。また、湿気が残ってしまうことで、カビの発生にもつながる。とくに黒カビや赤カビが発生すると除菌しにくく、残ってしまう可能性が高い。さらに、湿気によって靴の中の雑菌が一気に増えると、嫌なにおいの原因にもなる。

シミ・カビ・においの落とし方

水シミの落とし方

水気を切った布で水シミの部分を押さえよう。これは水シミに水分を与えるためだ。水分を与えて水シミが消えれば陰干しして専用保湿クリームを塗り、防水スプレーで仕上げよう。

においの取り方

スニーカーなどの靴のにおいを取るには「重曹」が便利だ。バケツに40℃くらいのお湯を張り、そこに中性洗剤と重曹を入れる。水1リットルに対し中性洗剤を数滴、重曹大さじ2杯が目安だ。30分~1時間程度浸け置きをして水ですすいだら、しっかりと乾燥させよう。

カビの除去方法

革靴にカビが生えてしまったら、カビをきれいに拭き取り、革用除菌スプレーを吹きかけよう。風通しの良い場所で乾燥させ、専用保湿クリームと防水スプレーで仕上げれば完了だ。

結論

靴を早く乾かす方法として大切なのは温度、湿度、風通しだ。新聞紙、ドライヤー、扇風機、洗濯機など身の回りにあるものを使えば、早く乾かすことができる。コインランドリーで靴専用の乾燥機もあるので、いざとなったら活用しても良いだろう。靴を濡れたままにしておくと、水シミ、カビ、においの原因となる。早めに対処して、大切な靴を守ろう。
  • 更新日:

    2022年7月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧