このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
暑い季節にぴったり!さわやかな酸味のトマトの酸辣湯

暑い季節にぴったり!さわやかな酸味のトマトの酸辣湯

投稿者:調理師 山本悠介(やまもとゆうすけ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

時計アイコン調理時間:20分

鉛筆アイコン 2021年6月17日

中国の酸っぱい辛いスープ酸辣湯。今回はトマトの味と酸味を生かして、少なめの調味料で味付けする。暑い季節にもぴったりでさわやかな酸味を楽しむことができるスープだ。好みで麺を入れて、酸辣湯麺にしても美味しくいただけるので応用の効く一品である。

  

材料

2人前

  • トマト 1個
  • エリンギ 1本
  • 長葱 1/3本
  • パクチー 1束
  • 生姜 1かけ
  • 1個
  • 鶏胸肉 60g
  • サラダ油 小さじ1
  • 小さじ 1.5
  • 醤油 大さじ 1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • 米酢 小さじ2
  • 600 cc
  • 水溶き片栗粉 大さじ1
  • 辣油 大さじ1

作り方

Step.1 トマトを湯むきする

トマトのお尻に十字の切り込みを入れ、沸騰した湯に30秒ほどつける。自然と皮がめくれてくるので、全体がむけてきたら流水にとって皮をむく。 皮をむいたら、一口大のざく切りにし、ほかの材料はすべて細切りにする。

Step.2 鶏肉とトマトを炒める

小鍋に油を少量ひき、細切りにした生姜と鶏肉、トマトを入れて炒める。 鶏肉の色が変わってきたら、鍋肌からゆっくり水を注ぎ入れひと煮立ちさせる。 ひと煮立ちしたらエリンギと長葱を加え、塩、鶏がらスープの素、醤油で味付けをする。

Step.3 スープにとろみを付ける

水溶き片栗粉を入れる際は一度火を消して、片栗粉が全体になじんだら再度火を付ける。とろみがついたら、もう一度沸騰させ、溶き卵を細く、少しずつ流し入れていく。器に酢を入れ、スープを注ぎパクチーとラー油をかければ完成だ。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー400kcal
  • たんぱく質25g
  • 炭水化物26g
  • 炭水化物22g
  • 食塩相当量11.9g
  • 食物繊維8g
  • 糖質15g
  • 更新日:

    2021年6月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ