このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フランス風ごちそうレシピ!【はまぐりのグリル・ブルギニヨンバター】

フランス風ごちそうレシピ!【はまぐりのグリル・ブルギニヨンバター】

投稿者:調理師 小松恵(こまつめぐみ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:30分

鉛筆アイコン 2021年6月18日

刻んだパセリとにんにくをバターに合わせた使い勝手のよいブルギニヨンバター。簡単に作れるうえ、冷凍保存もできる。貝類はもちろん、白身の魚や肉など、合わせる食材を選ばない点もリピートしてしまう魅力だ。食べ応えのあるはまぐりとの組み合わせはバツグンだ。早速作って美味しさを実感しよう。

  

材料

2人前

  • はまぐり 8個
  • バター 20g
  • にんにく 1/2片
  • パセリ 15g
  • 少々
  • パン粉 大さじ1と1/2

作り方

Step.1 はまぐりを塩水につけて砂抜きしよう

はまぐりは塩水につけて暗い場所に一晩おき、砂抜きをする。 砂抜きをしないと食べたときに砂が出てきて、じゃりっとして口当たりが悪い。

Step.2 バターを柔らかくし、ブルギニヨンバターを作る

バターは電子レンジで20秒温めて柔らかくする。スプーンで全体を混ぜ、クリーム状にする。できるだけ細かく刻んだパセリとにんにく、塩少々を混ぜ、全体が均一に混ざるまで合わせる。

Step.3 オーブントースターで蛤を焼く

ここでは貝を開かせるため、オーブントースターで7分程焼く。 貝が開くと汁がでてくるので、トレイにのせるかアルミホイルに包んで焼くとよい。 汁を取り分け、スープの出汁として使うのもおすすめだ。

Step.4 開いたはまぐりにパン粉とバターをのせて、もう一度焼く

貝が開いたら片側をはずし、先ほど作ったブルギニヨンバターをぬる。 上からパン粉をまぶして、再度オーブントースターで10分程焼く。 きつね色の焼き目がついたら完成!

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー210
  • たんぱく質9g
  • 脂質17g
  • 炭水化物7g
  • 食塩相当量3.6g
  • 食物繊維1g
  • 糖質6g
  • 更新日:

    2021年6月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング