このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サラダだけじゃない!甘みが増した【パプリカフリッター】

サラダだけじゃない!甘みが増した【パプリカフリッター】

投稿者:調理師 當房清香(とうぼうさやか)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:20分

鉛筆アイコン 2021年6月29日

パプリカを加熱して食した経験はあるだろうか。サラダなどの生食でいただくのとはまた違って、甘みが増して病みつきになること請け合いだ。ヨーロッパではオーブンでじっくり加熱するが、ここでは簡単にできるレシピを紹介しよう。肉厚で大きめの赤いパプリカを使うのがおすすめだ。

  

材料

3人前

  • 大きめの赤パプリカ 1個
  • 片栗粉 大さじ1強
  • 小麦粉 大さじ5
  • 卵白 1個分
  • ベーキングパウダー 5g
  • 小さじ1/2
  • 揚げ油 適量

作り方

Step.1 衣を作る。パプリカを切りそろえる

小麦粉とベーキングパウダー、塩をボウルに入れ、軽く混ぜてから卵白を入れてさらに混ぜておく。もったりしているが、ここでしっかり混ぜる。 火の通りが均一になるようにするため、パプリカは同じ大きさになるように切りそろえる。

Step.2 片栗粉をまんべんなくまぶす

パプリカの皮がツルッとしていて、そのままだと揚げながら衣がはがれてしまうので、片栗粉を表面にまぶしておく。ビニール袋にパプリカと片栗粉を入れたら、口を閉じてよく振ると、内側にも片栗粉がまんべんなくいきわたる。

Step.3 低温でじっくり揚げる

160℃に熱した油で両面じっくりと揚げる。衣が垂れたり偏ったりしないよう、ひとつずつくぐらせて揚げるといい。最初は沈んでいるが、浮いてきたらひっくり返してきつね色になったらバットなどにとる。 すべて揚げたら、お皿に盛り付けて熱いうちにいただこう。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー429kcal
  • たんぱく質9g
  • 脂質21g
  • 炭水化物54g
  • 食塩相当量3.5g
  • 食物繊維3g
  • 糖質50g
  • 更新日:

    2021年6月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング