このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【とろろの味噌汁】胃腸に優しい山芋たっぷり!病み上がりにも

【とろろの味噌汁】胃腸に優しい山芋たっぷり!病み上がりにも

投稿者:栄養士 今井亜梨沙(いまいありさ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:10分

鉛筆アイコン 2021年7月26日

長芋に比べて、山芋は粘りが強いのが特徴的だ。この粘りの旨さを汁物でぜひ味わって欲しい。とろっとした芋と出汁の旨みが口の中に広がり、食欲のない時にもつるりと喉を通りやすいだろう。調理手順も簡単なので、ぜひとも作ってもらいたい。

  

材料

4人前

  • 山芋 中サイズ1/2~1/3本
  • 出汁 600ml
  • 味噌 大さじ1と1/2
  • わかめ 適量
  • 小ねぎ 適量

作り方

Step.1 とろろの準備

山芋は皮をむき、すりおろしてとろろにしておく。 多くすりおろした場合、変色予防に酢を少量入れてジップ付き袋に入れれば冷凍も可能だ。

Step.2 出汁を鍋にかける

出汁を弱めの中火にかける。とろろが入る分汁が薄くなる為、若干出汁を濃いめにしておくとより美味しい。

Step.3 とろろを投入する

汁が沸騰してきたらとろろを投入し、そっと混ぜる。 再び沸騰してきたら火を止め、味噌を溶かし入れて完成。 器に盛る際に、あらかじめ水で戻しておいたわかめ、小ねぎを盛り付ける。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー302kcal
  • たんぱく質14g
  • 脂質2g
  • 炭水化物63g
  • 食塩相当量4.0g
  • 食物繊維g
  • 糖質56g
  • 公開日:

    2021年7月24日

  • 更新日:

    2021年7月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング