このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【さわらの塩焼き】フライパンでふっくらヘルシーに

【さわらの塩焼き】フライパンでふっくらヘルシーに

投稿者:管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:10分

鉛筆アイコン 2021年7月 6日

さわらは品種としてはサバなどの青魚の仲間であるが、身は白く脂が少ないので淡白な味わいである。それ故に、どんな味付けにも対応できさまざまな調理法に向いている食材だ。しかし、最もシンプルでさわらの美味しさを最大限に引き出せる食べ方は塩焼きだと考えている。ここでは、もともと脂が少ないさわらに余計な油を加えることなく、ヘルシーに仕上げたさわらの塩焼きを紹介していく。

  

材料

3人前

  • さわらの切り身 3切れ
  • 適量

作り方

Step.1 さわらに塩をふりかける

ペーパータオルなどで軽く水分をふきとってから、さわらに塩をふりかける。魚は水分が出やすいため、焼く直前に塩をふりかけるようにするとよいだろう。

Step.2 フライパンを加熱

ヘルシーに仕上げるために、フライパンに油をひかずにフライパン用アルミホイルなどをしいて加熱しておく。

Step.3 さわらを焼く

フライパン用アルミホイルの上にさわらを並べて、フタをして焼いていく。フタをすることでパサつきを防止して、ふっくらと仕上げることができる。

Step.4 程よい焦げ目がついたら完成

途中でひっくり返しながら、ほどよい焦げ目がついたら完成となる。 フライパン用アルミホイルを捨ててフライパンを洗うだけで片付けが済むので、魚焼きグリルを使うより手軽である。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー435kcal
  • たんぱく質54g
  • 脂質2g
  • 炭水化物0g
  • 食塩相当量8.5g
  • 食物繊維0g
  • 糖質0g
  • 更新日:

    2021年7月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ