このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【白菜のカレー煮】白菜の甘みが隠し味!ルウだけのシンプル味つけ

【白菜のカレー煮】白菜の甘みが隠し味!ルウだけのシンプル味つけ

投稿者:管理栄養士 田中朝美(たなかあさみ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:15分

鉛筆アイコン 2021年8月 5日

時間がない時にあっという間にできるおかず。使う材料は、全てすぐに火が入り、旨みがあるものばかり。白菜は加熱すると甘みが増す。水に流れ出た分もカレーにすると余すことなく食べられる。しめじやポークソーセージにも旨みが豊富。人参や固い野菜を足したい時は、すぐに火が入るように薄く切るのがポイントだ。カレー以外の市販のルウを使ったアレンジもおすすめ。

  

材料

2人前

  • 白菜 200g
  • しめじ 100g
  • ポークソーセージ 100g
  • カレーのルウ 2片
  • 400ml

作り方

Step.1 材料を切る

白菜は水分が90%以上を占めるので、加熱で縮むことを想定して、小さすぎないように意識して切る。加熱後の大きさを意識して、野菜を切ることは鍋の具材を切るときなどにも応用できる。ポークソーセージは、好きな大きさに切る。ほかの具材が少ない場合、大きい方が存在感が出て見栄えがよい。しめじは石づきを切り落とし、小房に分ける。

Step.2 煮込む

白菜としめじ、ポークソーセージを入れる場合、最初から煮はじめることができる。(アクが出る、固い、生の肉などを入れる場合は、一度炒めたり茹でてから煮はじめるとよい。)水を入れて強火で蓋を閉めて10分加熱する。

Step.3 ルウを溶かしいれる

ルウは、入れる前に細かく刻む。いったん火を止めてからルウを鍋に入れる。火が消えた状態で、万遍なく混ぜる。ある程度溶けたら、2分間弱火でコトコト煮る。

Step.4 皿に盛って完成

少しとろみがついてきたら完成だ。皿に盛り、温かいうちにいただこう。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー426kcal
  • たんぱく質19g
  • 脂質35g
  • 炭水化物31g
  • 食塩相当量6.3g
  • 食物繊維8g
  • 糖質23g
  • 更新日:

    2021年8月 5日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング