このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【かぶのエチュベ】ヘルシーなフランスの調理法で甘味引き立つ!

【かぶのエチュベ】ヘルシーなフランスの調理法で甘味引き立つ!

投稿者:調理師 林宏太朗(はやしこうたろう)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:30分

鉛筆アイコン 2021年8月18日

エチュベとは、素材の水分で蒸し焼きにするフランス料理の手法である。茹でて食べるのもいいのだが、さらにかぶの旨みを感じることができるだろう。また今回は本格的なバーニャカウダより食べやすく、美味しい、簡単に作れるソースも紹介しよう。

  

材料

2人前

  • かぶ 1個
  • 塩、胡椒 少々
  • 乾燥ローズマリー、イタリアンパセリ お好みで少々
  • 〇バーニャカウダ風ソース
    マヨネーズ

    10g
  • 合わせ味噌 10g
  • オリーブオイル 3g
  • 鯖粉 2g
  • おろしにんにく 2g

作り方

Step.1 かぶの下処理をする

かぶの茎を切り落として、皮をむき、8等分のくし切りにする。大きい場合は10等分にする。 皮は厚めにむくことで、皮の下にある繊維が口に残るのを防ぐことができ、口当たりがよくなる。

Step.2 かぶをフライパンで蒸し焼きにする

フライパンにオリーブオイル(分量外)を入れ、弱火で火にかける。下処理をしたかぶをフライパンに入れ、ふたをして15分ほど蒸し焼きにする。かぶの大きさによって時間を調節する。

Step.3 かぶに火が通ったら中火で焼き色をつける

かぶに串を刺してスッと入ったらふたをはずし、中火で火にかけ、表面に焼き色をつける。 焼き色がついたら軽く塩胡椒をする。

Step.4 バーニャカウダ風ソースを作る

バーニャカウダ風ソースの材料をすべて混ぜ合わせる。かぶとソースをお皿に盛り付け、お好みで乾燥ローズマリーやイタリアンパセリをかけて完成。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー136kcal
  • たんぱく質4g
  • 脂質11g
  • 炭水化物7g
  • 食塩相当量2.0g
  • 食物繊維2g
  • 糖質5g
  • 更新日:

    2021年8月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング