このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【小松菜の冷菜】口当たりよいイカ素麺を合わせて簡単なのに主役級!

【小松菜の冷菜】口当たりよいイカ素麺を合わせて簡単なのに主役級!

投稿者:管理栄養士 田中朝美(たなかあさみ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:15分

鉛筆アイコン 2021年8月19日

栄養価が高い小松菜を茹でると、想像以上に嵩が小さくなるので沢山食べることができる。暑い食欲のない日も、旨み豊富なイカの刺身や香り高い茗荷と合わせてキリっと冷やせば、さっぱり沢山食べられる。

  

材料

2人前

  • 小松菜 1束
  • イカ素麺 200g
  • 茗荷 1個

作り方

Step.1 小松菜を切らずにそのまま茹でる

小松菜は丸ごとそのまま茹でる。バラバラにならない為、簡単に絞ることができる。盛り付けるときも簡単だ。葉物野菜は、茹でて絞ったこの状態で保存袋で冷凍すると便利。

Step.2 茗荷はできる限り薄く切る

茗荷は縦に千切りにする。ゆっくり切ると細く切れる。縦に切ることで存在感が出て風味が強く味わえる。切り終わった後、水にさらす。絞ることができない食材なので、ペーパーでしっかりと水気をふき取るとパリッと仕上がる。

Step.3 食べる直前まで冷蔵庫で冷やす

冷菜は、冷えたほうが格段と味が上がる。イカの口当たりがよくなり、小松菜の風味も落ち着く。できれば、食べる直前に食卓に並べたい。好みで、海苔や針生姜と一緒に合わせても美味しい。好みでポン酢やわさび醤油をかけて食べる。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー193kcal
  • たんぱく質40g
  • 脂質2g
  • 炭水化物8g
  • 食塩相当量1.0g
  • 食物繊維6g
  • 糖質2g
  • 更新日:

    2021年8月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング