このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【タラのピカタ】スイチリソースで冷めても美味しい!

【タラのピカタ】スイチリソースで冷めても美味しい!

投稿者:栄養士 今井亜梨沙(いまいありさ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:20分

鉛筆アイコン 2021年8月21日

淡白な味で、くせもあまりないタラは和洋中の料理に幅広く使われている。旬の時期は冬とされているが、調理法次第で夏の鱈も美味しく味わえるので試してみてほしい。今回は卵と小麦粉で魚の旨みを閉じ込めた、ピカタのレシピを紹介しよう。混ぜるだけの簡単アレンジソースで食卓に変化を取り入れてみてはいかがだろう。

  

材料

2人前

  • タラ 2~3切れ(200g)
  • 1個
  • 小麦粉 大さじ1~2
  • バター 5g
  • 少々
  • こしょう 少々
  • ●スイートチリソース 大さじ4
  • ●しょうゆ 大さじ2
  • ●マヨネーズ(お好みで) 大さじ1

作り方

Step.1 タラの下処理

タラは皮と骨をとった後、食べやすい大きさにカットし、塩、こしょうをふっておく。 水分が出ている場合はキッチンペーパーでしっかり水気をとる。バットにタラを並べて、茶こしで両面に小麦粉をふるってまぶしておく。

Step.2 卵液に漬ける

小さめのボウルに卵を割り入れ、溶いておく。フライパンを中火にかけ、温まってきたらバターを落とす。卵液を絡ませたタラを焼いていく。

Step.3 両面しっかり焼く

片面が焼けたらフライ返しで返して、裏面も焼く。タラの水分が出てくると油が跳ねるので、注意しながら焼く。

Step.4 スイチリソースを添えて完成

●の調味料を混ぜる。スイートチリソース+しょうゆは、エビチリ風の味になる。それにマヨネーズを加えると辛さが和らぎ、マイルドになる。好みの加減でソースを混ぜ合わせ、皿に添えて完成。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー427kcal
  • たんぱく質47g
  • 脂質13g
  • 炭水化物34g
  • 食塩相当量7.9g
  • 食物繊維1g
  • 糖質33g
  • 更新日:

    2021年8月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング