このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【紅茶煮豚】肉を軟らかくして臭みも消す!?紅茶を使った簡単調理

【紅茶煮豚】肉を軟らかくして臭みも消す!?紅茶を使った簡単調理

投稿者:管理栄養士 田中朝美(たなかあさみ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:60分

鉛筆アイコン 2021年9月11日

安価な米国産豚肉の臭みをマスキングして軟らかくする、紅茶の煮豚。シンプルな味付けなので、ほのかな紅茶の香りと豚肉自体の味も楽しめる。紅茶で茹でて冷蔵庫で寝かせるだけ。美味しい煮豚が簡単にできて、作り置きおかずとしても重宝する。そのままでも、サラダやサンドイッチの具、炒め物の具としても美味しい。こってり味の煮豚とはちがう、さっぱり味が楽しめるレシピをご紹介しよう。

  

材料

2人前

  • 豚肉肩ロース塊 500g
  • アッサム茶葉(できればティーパックのもの) 10g
  • 砂糖 50g
  • 150g
  • 25g
  • 醸造酢 100g

作り方

Step.1 豚肉を紅茶で茹でる

豚肉は、必要に応じてたこ糸で縛る。あらかじめたこ糸で縛ってある肉を購入すると楽だ。 紅茶は、どんな種類でも構わない。ティーパックになっているものがない場合は、キッチンペーパーで茶葉を包もう。 鍋に豚肉と紅茶を入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、茹で始める。

Step.2 調味料を入れる

沸騰してくるとアクが徐々に出てくる。こまめに取り除くことが美味しさにつながる。30分茹でたら、砂糖と酒を入れて10分煮る。さらに塩、醸造酢を加えて5分煮る。紅茶を取り出してそのまま粗熱を取るために放置する。

Step.3 保存用バッグで1日寝かせる

粗熱が取れたら、煮汁ごと保存用バッグに入れて冷蔵庫で保存する。できたてより、丸1日以上たってからの方が味が落ち着く。

Step.4 切り分ける

冷蔵庫から出したばかりのものは、キュッとしまっているが、冷たいままでも美味しい。温めて厚めに切り分けよう。

完成!

皿に盛り付けていただこう。辛子を付けて食べるのもよい。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー1584kcal
  • たんぱく質87g
  • 脂質96g
  • 炭水化物61g
  • 食塩相当量25.4g
  • 食物繊維0g
  • 糖質61g
  • 更新日:

    2021年9月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング