このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ボンゴレビアンコ】あさりの旨みがたっぷり入った一皿

【ボンゴレビアンコ】あさりの旨みがたっぷり入った一皿

投稿者:管理栄養士 黒木祐梨絵(くろきゆりえ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:60分

鉛筆アイコン 2021年9月18日

あさりの旨みがたっぷり入ったボンゴレビアンコの作り方を紹介しよう。あさりが硬くならず、ふっくらと仕上がるポイントも解説していく。パスタがあさりの旨みを吸っていて、味わい深い一品だ。味も見た目も華やかで、おもてなし料理にもおすすめだ。簡単にサッと作れるのでぜひ覚えてほしい。

  

材料

2人前

  • あさり 200g(1パック)
  • 200ml(砂抜き用)
  • 小さじ1(砂抜き用)
  • パスタ(乾麺) 180g
  • お湯 適量
  • 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 1片
  • 鷹の爪 少々
  • 酒または白ワイン 大さじ4
  • 塩、黒こしょう 少々
  • オリーブオイル ひと回し
  • 乾燥パセリ 適量

作り方

Step.1 あさりの砂抜きをする

あさりをこすり合わせるようにして洗う。ボウルやバットに水200ml、塩小さじ1、あさりを入れる。アルミホイルで覆い数か所穴を開け、30分以上おいておく。夏場などの暑い時期は、冷蔵庫に入れておくとよいだろう。あさりが砂を吐き出したら、再度こすり合わせるようにしてしっかりと洗う。

Step.2 パスタを茹でる

パスタがつかる程度のお湯を用意し、沸騰させる。沸騰したら塩大さじ1を入れ、パスタを表記時間より1~2分短く茹でる。

Step.3 あさりを蒸す

フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたにんにく、輪切りにした鷹の爪を入れ弱火にかけて香りを出す。香りがしてきたら強火にし、あさり、酒を加え蓋をして蒸す。あさりが開いてきたら蓋を外し、一度取り出す。一度取り出すことであさりが硬くならず、ふっくらと仕上がる。

Step.4 和える

あさりの汁が残ったフライパンに茹であがったパスタを加える。中火にし、パサつくようであればパスタの茹で汁を大さじ1~加え、乳化させる。あさりを戻し、塩、黒こしょうをする。

完成!

オリーブオイルをひと回しして火を止め、お皿に盛り付ける。仕上げに乾燥パセリを振ろう。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー863kcal
  • たんぱく質29g
  • 脂質20g
  • 炭水化物137g
  • 食塩相当量3.3g
  • 食物繊維10g
  • 糖質127g
  • 更新日:

    2021年9月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング