このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【赤魚の西京漬け】美味しい焼き方で絶妙な焦げ加減を実現!

【赤魚の西京漬け】美味しい焼き方で絶妙な焦げ加減を実現!

投稿者:管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:10分

鉛筆アイコン 2021年10月21日

スーパーの魚売り場で、「赤魚の西京漬け」と記されている商品を見かけたことがあるだろうか?西京漬けは味がしっかりとしている。それだけで美味しく食べられて、ごはんが進む一品となっている。しかし家で魚を漬ける段階から行うのは、時間と手間がかかってしまい大変だ。既に漬けてある魚を活用してみるのはいかがだろうか?ここでは、赤魚の西京漬けの美味しい焼き方を紹介していくので、参考にしてもらいたい。

  

材料

4人前

  • 赤魚の西京漬け 大きさによって3~4切れ

作り方

Step.1 フライパンにクッキングシートをひく

フライパンを活用して、手軽に焼いていく。まずはクッキングシートを敷いて、くっつきと焦げすぎを予防する。

Step.2 西京漬けの味噌を拭き取る

赤魚には既にしっかりと味がついているので、周りの味噌はペーパータオルで拭いておく。そうすることで、焦げつき防止に繋がる。 身を下にして、フライパンに並べていく。

Step.3 両面焼いたら完成

中火でふたをして4分焼く。ひっくり返して、さらに4分焼く。さらにひっくり返して1分焼いたら、完成となる。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー362kcal
  • たんぱく質56g
  • 脂質11g
  • 炭水化物5g
  • 食塩相当量3.0g
  • 食物繊維0g
  • 糖質5g
  • 更新日:

    2021年10月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧