このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【レンコンチップス入り手作りもんじゃ】あっさり塩味と梅の風味がユニーク!

【レンコンチップス入り手作りもんじゃ】あっさり塩味と梅の風味がユニーク!

投稿者:ライター 金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:20分

鉛筆アイコン 2021年11月24日

東京の月島発祥と言われるもんじゃ焼きだが、お好み焼き文化圏の関西にもお店が多く進出している。材料のセットを買うのがてっとり早いが、小麦粉とコーンスターチをミックスして自分で作ることもできる。要は「しっとりしたキャベツ炒めのお焦げ」をいかに上手に作れるかがポイント。家庭で作るなら、焦げ付かない鉄板が必須アイテムと言えるだろう。味付けは自由に工夫することが可能だ。

  

材料

2人前

  • もんじゃ焼き用の粉 20g(薄力粉15g、コーンスターチ5g)
  • キャベツ 150g
  • 揚げ玉 25g
  • 切りいか 5g
  • あおさ 0.3g
  • 味付きレンコンチップス 15g
  • 小さじ1/2
  • ポン酢、チーズ お好みで

作り方

Step.1 もんじゃ焼き用の粉を作り、キャベツを切る 

薄力粉とコーンスターチを混ぜ、もんじゃ焼き用の粉を作る。 キャベツは5mm幅に切る。 ボウルにもんじゃ焼き用の粉を入れて水250ccで溶き、塩を加える。 生地の上にキャベツ、切りいか、天かすをトッピングしたらよく全体を混ぜる。

Step.2 固形材料だけを取り出して鉄板で炒める

トングを用いてキャベツ、天かす、切りいかだけを取り出し、油少々(分量外)を引いた鉄板(250℃)で炒める。

Step.3 生地を土手の真ん中に流し、加熱する。レンコンチップスを加える。

キャベツが柔らかくなったら、キャベツでドーナツ型の「土手」を作り、生地を入れて透明になるまで糊化させる。 レンコンチップスを手で細かくして加えたら、生地を鉄板全体に薄く広げてお焦げを作る。 仕上げにアオサをふりかける。チーズは好みで加える。 ポン酢をつけながら、へらで切り分けていただく。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー286kcal
  • たんぱく質9g
  • 脂質7g
  • 炭水化物51g
  • 食塩相当量4.8g
  • 食物繊維7g
  • 糖質44g
  • 公開日:

    2021年11月15日

  • 更新日:

    2021年11月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧