このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
里芋

【里芋の煮っころがし】ほっこりしていて安心する味!

投稿者:管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:30分

鉛筆アイコン 2021年11月25日

里芋の旬の時期がやってきた。里芋を使ったメニューはたくさんあるが、今回紹介する里芋の煮っころがしが最もポピュラーなのではないだろうか。見た目こそ少し地味に感じるが、ほっこりとしていてどこか安心できる味で、箸休めに適した一品である。冷めても美味しいので、お弁当にもおすすめだ。

  

材料

4人前

  • 里芋 10個程度
  • 小さじ1
  • いんげん(冷凍) 10本
  • ごま油 小さじ1
  • 出汁パック 1パック
  • みりん 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 醤油 大さじ1.5
  • かつお節  2g

作り方

Step.1 里芋を塩で洗う

里芋の皮を剥き、一口大にカットしてから、大きめのボウルに入れて塩と水を使い洗っていく。これで里芋のぬめりが取れて、茹でた際の吹きこぼし防止に繋がる。

Step.2 里芋を出汁汁で茹でる

大きめの鍋に里芋、水500ccと出汁パックを入れて、火にかける。沸騰するまでは強火で煮て、その後は中火で10~15分程度煮ると里芋が柔らかくなる。出汁パックは取り出しておく。

Step.3 いんげんを加える

冷凍のいんげんを自然解凍させてから小口切りにして、鍋に加える。

Step.4 味を調えたら完成

みりん、砂糖、醤油を加えて、弱火で2分程度煮て味を調える。最後にかつお節を絡めたら、完成となる。

完成!

器に盛りつけていただこう。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー380kcal
  • たんぱく質14g
  • 脂質5g
  • 炭水化物77g
  • 食塩相当量10.4g
  • 食物繊維13g
  • 糖質64g
  • 更新日:

    2021年11月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧