このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【秋刀魚のポワレ】皮はカリっと中はふんわり!フレンチ仕様に

【秋刀魚のポワレ】皮はカリっと中はふんわり!フレンチ仕様に

投稿者:管理栄養士 田中朝美(たなかあさみ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:25分

鉛筆アイコン 2021年12月23日

バター風味のカリっとした皮とふんわりした身の相反する食感。バター醤油と秋刀魚の相性のよさ。秋刀魚の皮にはこんなにもしっかり味があり、美味しいのだと発見できる調理法だ。塩焼きに比べて手間がかかっているように見えるが、意外に簡単。秋刀魚をフレンチ料理の技法で食べるレシピをご紹介。

  

材料

1人前

  • 秋刀魚  1尾
  • 小麦粉  15g
  • バター  10g
  • レモン汁  3g
  • 醤油  3g
  • サラダ油  適量

作り方

Step.1 秋刀魚に小麦粉をまぶす

秋刀魚はよく洗い、水気をペーパーでふき取る。半分に切って、小麦粉をしっかりまぶす。

Step.2 油をかけながらポワレする

多めのサラダ油を入れたフライパンに秋刀魚を入れて、中火でゆっくり揚げていく。片面5分ずつ、カリッとさせるイメージで、時々スプーンでサラダ油をかけながら加熱する。10分程度加熱したら、バターを半量入れる。両面に風味を付けるように、火加減を調節しながら油を3分間かける。周りにカリっと色が付いたら皿に出す。

Step.3 ソースを作る

秋刀魚を焼いたフライパンを一度綺麗にする。残りのバターとレモン汁、醤油を入れ、くつくつと沸騰してきたら火を止めて完成。

完成!

ソースを秋刀魚全体にかける。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー513kcal
  • たんぱく質19g
  • 脂質45g
  • 炭水化物12g
  • 食塩相当量1g
  • 食物繊維0g
  • 糖質12g
  • 更新日:

    2021年12月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧