このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【きのこのヘルシーグラタン】手も立派な調理器具?時短でグラタン作り!

【きのこのヘルシーグラタン】手も立派な調理器具?時短でグラタン作り!

投稿者:ライター 金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:30分

鉛筆アイコン 2021年12月24日

今やコンビニ食材は夕飯作りの素材として実に頼もしい存在となった。特に人気なのがサラダチキン。低カロリー高たんぱく質なのが人気の理由で、形状も味付けもさまざまな商品が出回っている。このサラダチキンと低糖質なきのこを組み合わせ、カロリーだけでなく手間や時間をカットした夕食メニューを考えてみた。夕食時間が遅くなったときに試してほしい。

  

材料

2人前

  • きのこ(エリンギ、しめじ、えのきなど)  250g
  • 酒  大さじ1.5
  • コショウ  少々
  • サラダチキン  100g
  • バター  8g
  • 即席グラタンの素(ルーミックホワイトクリームソース)  1袋
  • 低脂肪乳  250cc 
  • エシャロット(または玉ねぎ)  80g
  • パン粉(細かいもの)  5g
  • 溶けるチーズ  15g

作り方

Step.1 きのこを下ごしらえする

きのこは合わせて250g用意する。好みで配分は変えていただきたいが、今回の内訳としてはエリンギ100g、しめじ75g、えのき75gを用意した。 それぞれ石づきを取り、エリンギは横半分に切り、手で粗く裂く。えのきは食べやすいサイズに3等分、しめじは2等分してほぐしておく。写真のように3種のきのこを混ぜて酒とコショウをふって、600Wの電子レンジに2分半かける。

Step.2 エシャロット、サラダチキンを下ごしらえする

エシャロット(または玉ねぎ)は、薄切りにして植物油少々(分量外)をふりかけ、600W の電子レンジに40秒かける。サラダチキンは手で粗く裂く。

Step.3 グラタンソースを作り、全部の材料を混ぜる

鍋にホワイトクリームソースの素と牛乳を入れ、混ぜながら中火で一煮立ちさせる。弱火にしてさらに2~3分煮詰める。ソースの味見をして塩味が足らないようであれば塩少々(分量外)で補っておく。そのほか、好みのレトルトのグラタンソース(250cc程度)を使えば、さらに時短になる。 きのこを蒸した容器にサラダチキン、クリームソースを入れ、全体をまんべんなくかき混ぜる。

Step.4 オーブンで焼く

耐熱容器の内側全体にバターを塗り、グラタンの材料を入れる。 溶けるチーズとパン粉をふりかけ、260℃のオーブンで10分~12分焼く。

完成!

すでに全部の材料に火が通っているため、チーズが溶けてパン粉にキレイな焦げ目が付けばできあがり。生野菜のサラダを添えていただこう。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー559kcal
  • たんぱく質45g
  • 脂質19g
  • 炭水化物58g
  • 食塩相当量0.8g
  • 食物繊維10g
  • 糖質48g
  • 更新日:

    2021年12月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧