このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ロッキーロードソフトバー】アメリカンスイーツを甘さ控えめに!

【ロッキーロードソフトバー】アメリカンスイーツを甘さ控えめに!

投稿者:ライター 金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:30分

鉛筆アイコン 2021年12月27日

アイスクリームの定番メニューで日本でもおなじみのロッキーロード。ゴツゴツした山道と雪解けの風景に見立てた、チョコとナッツ、マシュマロのお菓子だ。ロッキーロードはオーストラリア土産としても有名で、アメリカ発祥とオーストラリア発祥のふたつの説があるそうだ。それはさておき、カロリーが気になる人のために甘さ控えめで、漢方食材のゴジベリー(クコの実)を入れたロッキーロードバーを作ってみた。

  

材料

10本分

  • カカオ分多めのチョコレート  75g
  • ピーナッツクリーム  40g
  • コンデンスミルク  75g
  • マシュマロ  1カップ(45g)
  • カシューナッツ(素焼きで塩味のついていないもの)  25g
  • ゴジベリー(クコの実)乾燥  5g
  • カカオニブまたはココアパウダー  小さじ2
  • クッキングシート  1枚

作り方

Step.1 チョコレートを湯煎にかけ、ピーナッツクリームと練乳を混ぜる

大きな鍋に湯を沸かし、チョコレートを湯煎にかける。溶け始めてきたらピーナッツクリーム、練乳を加え混ぜる。

Step.2 ナッツ、マシュマロなどそのほかの材料の下準備をし、材料全部を混ぜる

カシューナッツは粗く刻む。マシュマロは小さい粒のものであればそのまま、一般的なサイズのマシュマロであれば4等分に切る。その場合は互いにくっつかないようにコーンスターチ(分量外)をふりかけておく。

チョコレートを湯煎から下ろし、熱いうちにマシュマロ、カシューナッツ、クコの実を順番に加え、まんべんなく手早く混ぜる。

Step.3 材料を冷やし固める

内寸12cm×20cmのバットにクッキングシートを敷き、生地を入れて平らにならす。ラップをかぶせて冷蔵庫でしっかり一昼夜冷やす。

Step.4 内寸12cm×20cmのバットにクッキングシートを敷き、生地を入れて平らにならす。ラップをかぶせて冷蔵庫でしっかり一昼夜冷やす。

カカオニブは乳鉢やミルで細かく挽いておく。さらっとした状態で使えるよう、油分が出る直前で止めること(手に入らない場合はココアパウダーを使う)。

生地がしっかり固まったら、まず全体にカカオニブ(またはココアパウダー)をまぶし、食べやすい大きさに切り分ける。手持ちの容器のサイズに合わせて切っていただければよいが、今回の場合は20cmの辺を5等分、12cmの辺を半分に切って10本分に切り分けた。 白いマシュマロがよく見えるようにして小皿に盛ってできあがり。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー1220kcal
  • たんぱく質171g
  • 脂質58g
  • 炭水化物146g
  • 食塩相当量6.9g
  • 食物繊維9g
  • 糖質136g
  • 更新日:

    2021年12月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧