このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
赤大根のゆずおろし

赤大根に柚子を合わせれば色鮮やかで甘酸っぱいおろしダレが完成!

投稿者:管理栄養士 田中朝美(たなかあさみ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:15分

鉛筆アイコン 2022年1月19日

赤大根は中身は白いのでそのままでは白い大根と変わらない。しかし、pHが低い酸性のものと合わせると赤が強くなる。今回は、赤を際立たせる甘酸っぱいおろしダレのレシピを紹介しよう。通常の酢を使用してもよいが、柚子果汁を使用することで甘酸っぱい風味と芳醇な香りが楽しめる。シンプルな味付けだからこそ素材の美味しさが際立つ一品だ。合わせる野菜や肉は、好みで何を使用してもよい。白身の魚や豆腐も美味しい。

  

材料

2人前

  • 豚肉ロース薄切り 180g
  • 納豆50g 2パック
  • 赤大根 160g
  • インゲン 40g
  • 3g
  • 砂糖 大さじ1
  • ゆず果汁 大さじ3

作り方

Step.1 豚肉を茹でる

豚肉を茹でるときは、70度程度でなるべく短い時間でさっと引き上げると柔らかく仕上がる。茹でた豚肉は、ザルにあげて冷ましておく。肉の身が縮み、脂が固まるので氷では冷やさない。

Step.2 インゲンを茹でる

インゲンを、沸騰したお湯に入れて5分程度茹でる。しっかり茹でることで、ギシギシした食感をなくすことができる。茹であがったら流水にさらして余熱を取る。すぐに冷ますことで鮮やかに仕上がる。へたを切り落とし食べやすい大きさに切る。

Step.3 柚子おろしを作る

炒めた玉ねぎの上に一口大に切った豚肉、下ごしらえしたミノ、黒豆を加える。
柚子おろしは、大根をおろして、調味料をすべてよく混ぜ合わせる。納豆は、添付のタレと合わせてよく混ぜる。茹でた豚肉とインゲン、納豆を皿に盛りつけて上から柚子おろしを掛ける。

完成!

そのまま食べるのはもちろん、冷やしうどんを合わせて食べても美味しい。合わせる野菜や肉は、好みで何を使用してもよい。白身の魚や豆腐も美味しく頂ける。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー718kcal
  • たんぱく質53g
  • 脂質45g
  • 炭水化物33g
  • 食塩相当量3.2g
  • 食物繊維10g
  • 糖質23g
  • 更新日:

    2022年1月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧