このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
わかめとしょうがでお茶漬けの素

【わかめとしょうがでお茶漬けの素】ごはんのおともにもスープにもなる!

投稿者:金谷優美子(かなたにゆみこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

時計アイコン調理時間:150分

鉛筆アイコン 2022年1月19日

わかめのような海藻類はしっかり食べたいけれど、味噌汁や酢の物、中華スープなど、決まりきった出番しかないのは少し残念なことではないだろうか。そこで身体を温める人気の素材・しょうが(※1)と、日本のソウルフードである梅干しにコラボしていただいた。お茶漬けの材料としてはもちろん、お湯をかけるだけでインスタントスープになり、お弁当の隙間でも存在感ある脇役になる。

  

材料

200g

  • 乾燥カットわかめ 10g
  • しょうが(皮つき) 150g
  • 梅干し 100g
  • しょうゆ 120cc
  • 120cc
  • みりん 120cc

作り方

Step.1 しょうが、梅干し、合わせ調味料の準備をする

しょうゆ、酒、みりんは合わせておく。
梅干しは種を取り、細かく刻む。
しょうがの汚れた部分を洗い、皮をつけたまま、4mm角に刻む。均一に切り揃えることで火の通りもよくなり、キレイな仕上がりになる。

Step.2 しょうがのみじん切りを煮詰める

鍋にしょうがと合わせ調味料を入れて中火にかけ、煮詰める。

Step.3 梅干しを加えて水分を飛ばす

煮詰めている途中で水分が半分くらいになってきた頃、梅干しを加える。
所要時間は全体で25分~30分、最後の5分は火を強めて水分を飛ばす。
写真のような状態になったら火から下ろし、アルミ箔の上に広げて冷ましておく。

Step.4 わかめを一旦水戻しし、再度乾燥させる

塩蔵乾燥わかめの状態で混ぜると口当たりが悪いため、わかめは一旦5分間水戻しする。戻ったらペーパータオルで水分を拭き取り、食品乾燥機で2時間程度乾燥させる。
写真のように半生からやや乾燥した状態になる。

完成!

煮詰めたしょうが、乾燥したわかめをボウルの中でよく混ぜ合わせたらできあがり。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー657kcal
  • たんぱく質16g
  • 脂質2g
  • 炭水化物99g
  • 食塩相当量40.6g
  • 食物繊維10g
  • 糖質89g
  • 更新日:

    2022年1月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧