このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食べるラー油

辛みの少ない韓国唐辛子使用!いつもより食べやすい食べるラー油

投稿者:管理栄養士 田中朝美(たなかあさみ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

時計アイコン調理時間:10分

鉛筆アイコン 2022年1月21日

唐辛子の風味が美味しい食べるラー油。サクサク食感とほのかなピリ辛が癖になる。今回は、韓国の辛くない粗挽き唐辛子使用し、辛みを抑えたレシピを紹介しよう。ラー油の量を調節すれば自分好みの仕上がりになるだろう。何にでもかけたくなるような食べるラー油だ。

  

材料

10人前

  • 韓国粗挽き唐辛子 15g
  • 干しエビ 10g
  • フライドオニオン 15g
  • フライドガーリック 10g
  • ラー油 15g
  • 400cc
  • 菜種油 60g
  • 5g
  • 砂糖 4g

作り方

Step.1 干しエビを刻む

旨みの宝庫である干しエビを刻む。大きさは好みだが、なるべく小さく刻んだ方が食べやすい。干しエビは色々な種類が売っているので、好みに合わせて桜エビなどを使用してもよい。重要なのは、しっかり乾燥しているものを使用すること。

Step.2 フライドオニオンを刻む

フライドオニオンを好みの大きさに刻む。ほかの具材と同じ程度の大きさに刻むのがおすすめだ。ただし、ザクザク食感をより楽しみたい場合は、あまり潰さない方がよいだろう。また、辛みが苦手な方はフライドオニオンを多めに入れると食べやすく仕上がる。

Step.3 全部をよく混ぜる

全ての材料をよく混ぜ合わせる。煮沸消毒済みの、蓋がきちんと閉まるガラス製のジャーなどに入れ、なるべく早く食べきろう。

完成!

塩や砂糖が溶けにくいので、食べるときは全体をよく混ぜてから使うこと。春巻きや焼売、餃子や炒飯にかけると美味しい。

このレシピについて

栄養情報

  • カロリー912kcal
  • たんぱく質9g
  • 脂質87g
  • 炭水化物26g
  • 食塩相当量5.4g
  • 食物繊維0g
  • 糖質26g
  • 更新日:

    2022年1月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧